FC2ブログ
NPO法人スポーツかごしま新聞社オフィシャルサイト

ギャラリーショッピング
読書案内・Number
「Number」に記事掲載
ナンバー
 管理人・政純一郎の執筆情報です。
 スポーツグラフティー「Number」959夏の甲子園100人のマウンドの「47都道府県 故郷が誇る名投手」で鹿児島の左右両碗について短いレポートを書きました。


※詳細はこの文字をクリック!





スポンサーサイト

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

現場から(奄美新聞掲載)
野球人口減少を考える
180812現場から_035

 この夏、高校野球鹿児島県大会を取材しながら、気になったことがあった。2回戦の鹿児島修学館│古仁屋戦。修学館は11人、古仁屋は10人。通常公式戦の時は、ベンチ入り20人以外の部員が、ボールボーイやスコアボードのスイッチャーを担当することになっているが、両チームとも部員は試合ができるギリギリの人数しかいない。この試合は前の試合で勝った加治木の部員が担当した。ちなみに第1試合の鹿児島第一│樟南二戦も同様だったので、加治木の部員がやっていた。
 今年は100回の記念大会。甲子園ではかつての「レジェンド球児」が日替わりで始球式を毎日担当するなど華やかな盛り上がりをみせている。一方で、「野球人口の減少」という厳しい問題に直面していることを象徴している出来事に思えた。




[現場から(奄美新聞掲載)]の続きを読む

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

2018鹿児島・中国少年野球国際交流大会第2日
鹿児島Gと合同練習、絆深まる
180812国際交流45_035
 鹿児島と中国の少年たちが野球を通して国際交流を深めようと2018鹿児島・中国少年野球国際交流大会(主催・実行委員会、共催・NPO法人スポーツかごしま新聞社)が8月12日、薩摩川内市の御陵下公園野球場であった。
 2日目は中国から来鹿した少年野球チーム・家跑(ジャーパオ)とドリームリーグの鹿児島ジャイアンツが交流。ウオーミングアップ、ランニング、キャッチボール、トスバッティング、シートノックなど鹿児島Gの日本式の練習に家跑の選手たちも一緒に取り組んだ。午後は初日と同じく、ティーボールゲームを応用したレクレーションでお互いの絆を深めた。昼食では鹿児島Gの保護者会が手作りの鶏飯とソーメンを振舞った。
 第3日は13日、鹿児島市のそうしん球場で鹿児島Gと山口からやってきた高川学園中が練習試合をする。13、14日、家跑のメンバーは鹿児島観光。

※詳細は後日、レポートいたします。


※第2日の交流の模様をフェイスブックにアップしました!

本大会は下記の皆様の協賛をいただきました。
協賛01

協賛02
[2018鹿児島・中国少年野球国際交流大会第2日]の続きを読む

テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

2018鹿児島・中国少年野球国際交流大会第1日
「野球」を通して国際交流
180811国際交流01_035

 鹿児島と中国の少年たちが野球を通して国際交流を深めようと2018鹿児島・中国少年野球国際交流大会(主催・実行委員会、共催・NPO法人スポーツかごしま新聞社)が8月11日、薩摩川内市の御陵下公園野球場であった。
 中国の少年野球チーム・家跑(ジャーパオ)の選手・監督14人が来鹿。初日は大崎中、根占・第一佐多中と交流した。合同練習、交流試合、ティーボールゲームを応用したレクレーションと炎天下の中で「野球」を満喫し、お互いの絆を深めていた。
 大会は15日まであり、第2日は12日、同球場でドリームリーグの鹿児島ジャイアンツとの交流がある。


※詳細は後日、レポートいたします。

※初日の交流の模様をフェイスブックにアップしました!

※交流の模様その2



[2018鹿児島・中国少年野球国際交流大会第1日]の続きを読む

テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

奄美春秋



※管理人が奄美新聞に書いたコラムです。

 夏の甲子園が100回大会ということで盛り上がっている。開幕前には様々な特集番組があり、過去の懐かしい映像が流れた。



[奄美春秋]の続きを読む

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ