鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
16年度秋季南薩地区高校野球大会
[16年度秋季南薩地区高校野球大会]の続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

16年度鹿児島市内地区新人高校野球大会
[16年度鹿児島市内地区新人高校野球大会]の続きを読む

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

奄美春秋



※管理人が奄美新聞に書いたコラムです。

 リオ五輪では様々な日本人選手の活躍もあって、寝不足な夜を過ごした人も多かったことだろう。個人的には陸上女子五千mに出場した上原美幸選手の応援に最も力が入った。
[奄美春秋]の続きを読む

テーマ:陸上競技 - ジャンル:スポーツ

第71回九州陸上選手権大会最終日
松谷(鹿銀・男子やり投)、本村(立命館大・女子200)ら2位が最高成績
160821-1男子やり投_035

160821-2女子200_035
 第71回九州陸上選手権大会最終日は8月21日、鹿児島市の県立鴨池陸上競技場であった。
 鹿児島県関係では男子やり投の松谷昂星(鹿児島銀行)=写真上=、走高跳の上別府剛志(九州共立大、鹿児島商高卒)、千五百の中山謙(鹿児島大)、女子二百の本村優華(立命館大、川薩清修館高卒)=写真下=、千五百の小原諒子(鹿児島銀行)の2位が最高成績だった。


※記録の詳細はこの文字をクリック
[第71回九州陸上選手権大会最終日]の続きを読む

テーマ:陸上競技 - ジャンル:スポーツ

第71回九州陸上選手権大会第2日
160820-1女子400H_035
中釜(東学大、鹿児島高卒)がV2・女子400H
市田(旭化成)は2冠

 第71回九州陸上選手権大会第2日は8月20日、鹿児島市の県立鴨池陸上競技場であった。
 鹿児島県関係では女子四百障害の中釜佐和子(東京学芸大、鹿児島高卒)=写真=が1分00秒62で2連覇を達成した。市田宏(旭化成、鹿児島実高卒)は男子五千を14分12秒14で制し、三千障害と合わせて2冠を達成した。女子五千は上田敏斗美と足立由真の京セラ勢が激しく首位争いをしたが、最後に抜け出した上田が勝利した。男子十種の安栖遼太郎(国際武道大、同)は6517点で優勝。男子ジュニア五千は茅野雅博、坂倉恭平、谷山康平の鶴翔高勢3人が上位を独占した。
 最終日は21日、同会場である。


※記録の詳細はこの文字をクリック
[第71回九州陸上選手権大会第2日]の続きを読む

テーマ:陸上競技 - ジャンル:スポーツ