NPO法人スポーツかごしま新聞社オフィシャルサイト

ギャラリーショッピング
18県高校総体サッカー第3日(奄美新聞掲載)
奄美、8強へ!
180522奄美02_035
【サッカー4回戦・奄美―川内】前半、奄美はFKをMF福永④が頭で合わせて先制する=神村学園人工芝グラウンド

 2018年度鹿児島県高校総体男子サッカー第3日は5月22日、鹿児島市の県立サッカー・ラグビー場などで4回戦8試合があった。
 奄美は前半に挙げた1点を守り切って川内を完封し、ベスト8進出を果たした。鹿児島城西は鹿児島商に先制される苦しい展開だったが、延長戦で辛勝。松陽、鹿児島工も8強に名乗りを上げた。
 第4日は24日、同会場で準々決勝4試合がある。


※成績の詳細はこの文字をクリック!



[18県高校総体サッカー第3日(奄美新聞掲載)]の続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

奄美春秋



※管理人が奄美新聞に書いたコラムです。

 先日、近所を散歩していて、鹿児島市内の甲突川に架かっていた旧五石橋の玉江橋の看板が目についた。1993年の8・6水害がきっかけで石橋が撤去されて20年以上が経ち、薄れていた往時の記憶を呼び起こした。



[奄美春秋]の続きを読む

テーマ:史跡 - ジャンル:学問・文化・芸術

第99回大学野球南部九州ブロック大会最終日
鹿屋体大、初V逃す!
無念の逆転サヨナラ負け


 第99回九州地区大学野球選手権南部九州ブロック大会最終日は5月21日、熊本市の県営藤崎台球場で、優勝決定戦があった。鹿児島代表の鹿屋体大が宮崎産経大に九回逆転サヨナラ負けで初優勝、全国大会出場を逃した。
 初回に4番・森杉(2年)の3ランで先制し、二回で5-0と大きくリードしたが、相手の強力打線を抑えきれず、中盤同点に追いつかれ、点の取り合いとなる。八回に5番・翁長主将(4年)の左前適時打などで2点を勝ち越し9-7としたが、九回裏に一死満塁から走者一掃の左越え二塁打を打たれて大魚を逸した。
 個人賞で翁長航治郎主将が敢闘賞、森杉亮太が首位打者を獲得した。


◇21日の結果
・優勝決定戦
宮崎産経大 10-9 鹿屋体大


※成績の詳細はこの文字をクリック!



[第99回大学野球南部九州ブロック大会最終日]の続きを読む

テーマ:野球 - ジャンル:スポーツ

18県高校総体体操
個人総合、井上(出水商)が制す!・男子
女子は1年生・大森(れいめい)がV

180520体操00_050

180520体操08_050
 2018年度鹿児島県高校総体体操は5月19、20日、鹿児島市の県体育館であった。
 男子団体は予選、決勝の合計で451・35だった出水商が4連覇を達成。女子はれいめいが262・30で13連覇だった。男子個人総合は予選が2位だった2年生の井上慎友(出水商)=写真上=が決勝で3年生・今井達也(同)を逆転し、わずか0・20差の149・75で初優勝した。女子は段違い平行棒、ゆかで1位だった1年生の大森千佳(れいめい)=写真下=が88・90で制した。




[18県高校総体体操]の続きを読む

テーマ:体操・新体操 - ジャンル:スポーツ

B3リーグ2017-18ファイナルステージ第10節
4点差、及ばず!
全日程終了、5位で終わる
レブナイズ

180520レブナイズ00_035

180520レブナイズ01_035
 男子プロバスケットボールのB3リーグは20日、ファイナルステージ(FS)第10節最終日の3試合があった。鹿児島レブナイズは指宿市の総合体育館で大塚商会アルファーズと対戦。77―81で敗れ、今季最終戦を白星で飾れなかった。
 前日同様、ロースコアの展開。レブナイズは立ち上がりから先行されながらも粘り強く食らいつき、第4クオーターで館山の連続3ポイントで60―58と逆転に成功した。それでもすぐさま同点、勝ち越しを許し、残り1分でファールゲームを仕掛けるも4点差及ばなかった。
 レブナイズのFS通算成績は8勝12敗で順位は6チーム中4位。ファースト、レギュラー、ファイナル、全ステージ通算成績は27勝35敗で、9チーム中5位の成績で今季の全日程を終了した。


◇FS第10節
レブナイズ 77-81 大塚商会
(14-14、19-26、21-18、23-23)


※成績の詳細はスポーツナビのサイトで!



[B3リーグ2017-18ファイナルステージ第10節]の続きを読む

テーマ:バスケットボール(日本) - ジャンル:スポーツ