鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
17年度県下中学・高校新体操学年別種目別選手権
鹿実、鹿純心、譲らず!
高校女子団体

170422新体操00_030

170422新体操01_030
 17年度県下中学校・高校新体操学年別種目別選手権大会は22日、鹿児島市の県体育館であった。
 高校女子団体では鹿児島実=写真上=、鹿児島純心=写真下=がともに13・350で1位だった。中学女子は鹿児島純心が制した。高3女子個人総合はリボンで1位だった安田彩乃(鹿純心)が20・400で頂点に立った。
 23日は同会場で体操がある。
[17年度県下中学・高校新体操学年別種目別選手権]の続きを読む
スポンサーサイト
「頂点」と「地域密着」と(奄美新聞正月特集)下
出水体操クラブの挑戦
小さな練習場から始まった物語・下

161123正月特集09_030

・子供たちと共に

 合宿する高校生8人に、地元の中学生6人、全国を目指すようないわゆる「選手コース」を圭成が受け持つ一方で、父・俊一は未就学の幼児や、小学生の教室を15年9月ごろから指導するようになった。


[「頂点」と「地域密着」と(奄美新聞正月特集)下]の続きを読む

テーマ:体操・新体操 - ジャンル:スポーツ

「頂点」と「地域密着」と(奄美新聞正月特集)中
出水体操クラブの挑戦
小さな練習場から始まった物語・中

161123正月特集01_030
・90万キロ、地球を20周以上

 練習場が完成してかられいめいの教員を辞めるまでの22年間は、毎朝6時に出水を出発、午後5時に帰宅して練習の日々だった。車は6台乗り換えて「遠征にもこれを使っていたから、走行距離は90万キロ、地球を20周以上走ったことになるかな」。

[「頂点」と「地域密着」と(奄美新聞正月特集)中]の続きを読む

テーマ:体操・新体操 - ジャンル:スポーツ

「頂点」と「地域密着」と(奄美新聞正月特集)上
出水体操クラブの挑戦
小さな練習場から始まった物語・上

161123正月特集01_030

161123正月特集02_030
 出水体操クラブが活動する練習場のすぐ近くに、野間之関跡がある。江戸時代、薩摩藩が出入国を厳しく取り締まった場所だ。小高い丘から八代海が一望でき、周囲はミカン畑なども広がるのどかな現在の光景からは想像しがたいが、かつては「出水兵児」と言われた薩摩藩最強の武士団が生活していた。
 「自分の人生には体操しかない」
 頑なまでに体操に人生を捧げた松本俊一の生き様に、頑固一徹な出水兵児の系譜を見る。その想いは息子・圭成に受け継がれ、全国の頂点を目指す中高生を育てている。同時に、「地域密着」を掲げて子供たちに体操を通じて身体を動かす楽しさを伝えようと新たな取り組みも始まった。出水の小さな練習場を拠点に、松本親子と出水体操クラブの挑戦をレポートする。

[「頂点」と「地域密着」と(奄美新聞正月特集)上]の続きを読む

テーマ:体操・新体操 - ジャンル:スポーツ

体操ニッポン2016エキシビション
世界を制した体操ニッポン、間近で
「体操の素晴らしさ、伝えられた」内村
体操ニッポン2016エキシビション

161124体操00_030
 「体操ニッポン2016エキシビション」が11月24日、鹿児島市の鹿児島アリーナであった。8月のリオデジャネイロ五輪に出場した男女体操、新体操、トランポリンの日本代表19人が参加し、内村航平、白井健三らが世界を制した日本の「絶技」を約2700人の観衆に披露した。

[体操ニッポン2016エキシビション]の続きを読む

テーマ:体操・新体操 - ジャンル:スポーツ