鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
コラム「寄り道」第12回
視聴者のお小言
朝ドラ「純と愛」評




※番組公式サイトはこちらから!

 こうみえてNHKの朝の連続テレビ小説を見るのはこの20年ぐらい続いている朝の習慣です。「ちゅらさん」「ちりとてちん」「ゲゲゲの女房」「カーネーション」など、毎朝楽しみで一日の始まりの活力になる作品もあれば、どうしようもない駄作に出会うこともあります。その作品が名作か、駄作かで、その年度の半年間の朝の過ごし方が変わってしまうほど朝ドラは生活に密着しています。
 現在放送中の「純と愛」。主人公・純のがさつさが受け付けなくて開始1カ月弱で見なくなっていたのですが、ちょうど舘ひろしが社長のホテルが、外資に渡る頃ぐらいから再視聴を始めました。主人公に対するイライラはだいぶなくなりましたが、今度はこの作者の作為が気に障るようになりました。

[コラム「寄り道」第12回]の続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:NHK:朝の連ドラ - ジャンル:テレビ・ラジオ

コラム「寄り道」第11回
「積極的」より「消極的」支持?
総選挙を振り返って

121217寄り道_035
 奄美新聞鹿児島支局の仕事をするようになって、選挙がらみの仕事をする機会も増えました。今回の解散総選挙では、奄美群島を含む鹿児島2区で何度か取材する機会がありました。投票日の12月16日は、有利と思われる候補が当初予定した谷山ではなく、指宿の選挙事務所で最初の当選の喜びを語るというので、奄美から来た同僚を車に乗せて向かいました。
[コラム「寄り道」第11回]の続きを読む

テーマ:衆議院解散・総選挙 - ジャンル:政治・経済

コラム「寄り道」第10回
ちょっとした「漱石論」
読書の秋_035
 「読書の秋」ということで今、夏目漱石の「吾輩は猫である」を読んでいます。
 漱石といえば、写真の背景にあるポプラ社の「子ども人物伝記」に掲載されているこの扉絵が小学生の頃妙に心惹かれて、小学4年の文集に「将来は甲南高校に行って作家になる」と書いたことを覚えています(なぜ甲南かは父の母校だったから!)。厳密には「作家」ではありませんが、ものを書く仕事をしており、この扉絵のようにうず高く本やら書類が積まれた仕事場にいるわけですから、つながりはあったわけですね。


フラワー薬局、カラオケBig Bang提供
鹿児島初、ハードタイプの酸素カプセルが体験できます。詳しくは下をクリック!





[コラム「寄り道」第10回]の続きを読む

テーマ:読書感想文 - ジャンル:小説・文学

コラム「寄り道」第9回
「大量消費社会」を考える―オプシア・ミスミにて
OPSIA_misumi_035.jpg
 先日、取材の帰りに産業道路沿いにある「オプシア・ミスミ」に立ち寄りました。特に目的はありませんが、ふらっと時間つぶしと社会勉強のつもりでのぞいてみました。
 最初に入ったのは本屋さん。ちょうど読んでみたいと思っていた本があるかと思って検索してみたら、あったので購入。最初は図書館で借りようかと思ったのですが、あるとつい買ってしまいたくなります。


フラワー薬局、カラオケBig Bang提供
鹿児島初、ハードタイプの酸素カプセルが体験できます。詳しくは下をクリック!





[コラム「寄り道」第9回]の続きを読む

テーマ:これでいいのか日本 - ジャンル:政治・経済

コラム「寄り道」第8回
あだ名の由来

 小中学生時代、「つかぽん」というあだ名で呼ばれていました。つけられたのは小学2年生のときです。そんな名前の炭酸系のお菓子があって、そのCMを見た同級生が面白がって呼び始めたのがきっかけでした。

フラワー薬局、カラオケBig Bang提供
鹿児島初、ハードタイプの酸素カプセルが体験できます。詳しくは下をクリック!






[コラム「寄り道」第8回]の続きを読む

テーマ:思ったことを書いただけ - ジャンル:お笑い