FC2ブログ
NPO法人スポーツかごしま新聞社オフィシャルサイト

ギャラリーショッピング
第33回県地区対抗女子駅伝(奄美新聞掲載)
姶良が逆転でV3!
大島、3年連続8位
13年連続のBクラス死守!

200126駅伝06

 第33回鹿児島県地区対抗女子駅伝大会は26日、霧島市の隼人運動場を発着点に、国分下井を折り返す6区間21・0975キロで健脚が競われ、大島は1時間16分41秒で3年連続の8位。目標に掲げたBクラスを13年連続で死守した。
 大島は1区で久保(鹿児島銀行)が8位スタート。2区・泉(タラソおきのえらぶ)が順位を1つ上げ、7位と序盤で良い流れを作った。4区で1つ順位を落としたが、5区・加藤主将(瀬戸内徳洲会)が区間5位の力走で再び7位へ。アンカー栄は1つ順位を落としたものの、目標の8位以内を死守しBクラスに留まった。
 総合優勝は、最終区で逆転した姶良が3年連続13回目の栄冠に輝いた。2位は鹿児島、3位は肝属。Bクラス優勝は日置、Cクラス優勝は川辺だった。


※成績の詳細は公式サイト参照!



[第33回県地区対抗女子駅伝(奄美新聞掲載)]の続きを読む
スポンサーサイト



テーマ:陸上競技 - ジャンル:スポーツ

第33回県地区対抗女子駅伝開会式(奄美新聞掲載)
目標は「8位以内でBクラス死守!」
「もがく走り」を!
大島

200125女子駅伝01
 第33回鹿児島県地区対抗女子駅伝大会は1月26日、霧島市の隼人運動場を発着点に、国分下井を折り返す6区間21・0975キロで健脚が競われる。県下12地区の女子ランナーが早春の隼人・国分路で熱戦を繰り広げる。開会式のあった25日は、大島チームの選手、スタッフも参加し、大会への決意を新たにした。




[第33回県地区対抗女子駅伝開会式(奄美新聞掲載)]の続きを読む

テーマ:陸上競技 - ジャンル:スポーツ

奄美新聞正月特集・向井選手
5年後夢見て県外へ
6度のケガ乗り越え国体優勝
向井大賀(鹿児島商3年、喜界中卒)

191215正月・向井01

 向井大賀にとって2019年は過去2年間の苦節から、大きく飛躍した1年間だった。ケガのため2年間、県高校総体の出場すら叶わなかったが、8月はインターハイに出場し、10月の茨城国体では少年男子五千競歩で優勝の快挙を達成した。この上ない「シンデレラストーリー」を成し遂げた向井は、卒業後は県外の大学に進学し、5年後のパリ五輪出場を夢見る。




[奄美新聞正月特集・向井選手]の続きを読む

テーマ:陸上競技 - ジャンル:スポーツ

全国高校駅伝2019
神村、連覇一歩及ばず!
県勢最高タイムで2位

80187059_1212992762245052_2994941018316472320_n.jpg

 第70回男子・第31回女子全国高校駅伝大会は12月22日、京都市のたけびしスタジアム京都を発着点とする男子7区間42.195キロ、女子5区間21.0975キロで健脚が競われた。鹿児島勢では前回優勝だった女子の神村学園が1時間7分15秒で2位だった。男子の鹿児島実は2時間8分13秒で43位だった。


※大会の詳細はこの文字をクリック!



[全国高校駅伝2019]の続きを読む

テーマ:陸上競技 - ジャンル:スポーツ

第70回男子・第33回女子・県高校駅伝
鹿実、王座奪還!・男子
女子・神村は盤石の4連覇


 第70回男子・第33回女子鹿児島県高校駅伝大会は10月31日、指宿市の市営陸上競技場を発着点とする男子7区間42・195キロ、女子5区間21・0975キロで健脚が競われた。
 男子は鹿児島実が1区2位スタートだったが、4区・和田が先行する樟南を逆転。5区以降も差を広げ、昨年21連覇を阻まれた雪辱を果たし、2年ぶり50回目となる都大路への切符を手にした。2位は樟南、3位は鹿児島工だった。
 女子は昨年全国制覇を達成した神村学園が4連覇を達成。1区・木之下が4㌔付近で抜け出し、2位に28秒差で2区につなぐと、2区・バイレ、3区・黒川、4区・鳥居の3人が区間新の走りで、後続に影を踏ませなかった。1時間6分32分の大会新記録で4年連続26度目の栄冠を勝ち取った。2位・樟南、3位・鹿児島女が続いた。
 男女とも優勝校が全国大会(12月22日・京都)、3位までが九州大会(11月16日・大分)に出場する。


※成績の詳細はこの文字をクリック!



テーマ:ランニング - ジャンル:スポーツ