FC2ブログ
NPO法人スポーツかごしま新聞社オフィシャルサイト

ギャラリーショッピング
第73回県陸上選手権最終日
白石(大東文化大)が3年連続2冠・男子百
川島(日本女体大)は12m越え・女子三段跳

180708-1男子100_035

180708-3女子100_035

180708-2女子三段跳_035
 第73回鹿児島県陸上選手権大会最終日は7月8日、薩摩川内市の総合運動公園陸上競技場であった。
 男子百は白石黄良々(大東文化大)=写真上=が10秒51の好タイムで二百と合わせて2冠。3年連続の2冠達成で大会最優秀選手に贈られる玉川杯を受賞した。女子同は鶴田玲美(同)=写真中=が制し、こちらは2年連続の2冠だった。女子三段跳は県高校記録保持者の川島杏純(日本女体大)=写真下=が12m02で制した。男子円盤投は桑代啓太(福笑門)が11連覇中の市来優馬(同)に勝って初優勝だった。男子千六百リレーは鹿児島南高が大会記録(3分15秒11)に迫る3分15秒27で頂点に立った。
 なお女子の玉川杯は棒高跳で大会新記録を出した青柳唯(そうしん)が受賞した。


※成績の詳細はこの文字をクリック!



[第73回県陸上選手権最終日]の続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:陸上競技 - ジャンル:スポーツ

第73回県陸上選手権第2日
白石(大東文化大)、21年ぶりの大会新・男子二百
青柳(そうしん)、3m80で大会新・女子棒高跳

180707-1男子200_035

180707-2女子棒高跳_035
 第73回鹿児島県陸上選手権大会第2日は7月7日、薩摩川内市の総合運動公園陸上競技場であった。
 男子二百では白石黄良々(大東文化大)=写真上=が21秒09で21年ぶりとなる大会新記録を樹立した。女子棒高跳は3m82の県記録を持つ青柳唯(そうしん)=写真下=が3m80を跳んで大会新記録だった。
 最終日は8日、同会場である。


※成績の詳細はこの文字をクリック!

ロイヤル化粧品株式会社


[第73回県陸上選手権第2日]の続きを読む

テーマ:陸上競技 - ジャンル:スポーツ

18南九州高校陸上最終日
カマウ(神村)、2連覇!・女子三千
伊東(鹿実)、松下(鹿児島)が頂点・男子三千障害、三段跳
鹿南、男子学校対抗を制す

180618-1女子3000_035

180618-2男子3000SC_035

180618-3男子三段跳_035
 2018年度全九州高校総体陸上南九州地区予選大会最終日は6月18日、沖縄市の県総合運動公園陸上競技場であった。
 カマウ・タビタ(神村学園)は女子三千で9分1秒30の自身の持つ大会記録に迫る好記録で2年連続優勝、千五百と合わせて2冠を達成。上位4位までを鹿児島勢が独占した=写真=。男子三千障害は伊東大暉(鹿児島実)=写真中=が9分26秒04、男子三段跳は松下悠太郎(鹿児島)=写真下=が追い風参考ながら15m19を跳んでそれぞれ頂点に立った。男子千六百リレーで2位に入るなど最終日も入賞が続いた鹿児島南が7年ぶりに男子学校対抗を制した。
 本大会の各種目上位6位(男女の混成は3位、男女競歩、女子棒高跳、ハンマー投、三段跳は4位)までが全国大会(8月2―6日・三重)に出場する。


※記録の詳細はこちら!



[18南九州高校陸上最終日]の続きを読む

テーマ:陸上競技 - ジャンル:スポーツ

18南九州高校陸上第3日
男子・福島(鹿工)、女子・小代崎(国分中央)、八百制す
杉山(鹿南)はV2・男子ハンマー投
女子棒高跳・山口(鹿屋)が県高校新

180617-1女子800_035

180617-2男子800_035

180617-3男子ハンマー_035
 2018年度全九州高校総体陸上南九州地区予選大会第3日は6月17日、沖縄市の県総合運動公園陸上競技場であった。
 八百の男子は福島碧海(鹿児島工)=写真中=、女子は小代崎陽向子(国分中央)=写真上=、鹿児島勢が頂点に立った。男子ハンマー投は杉山優馬(鹿児島南)=写真下=が57m77で昨年に続いて2連覇を達成。女子棒高跳は山口華怜(鹿屋)が3m20で自身の持つ県高校記録を塗り替え、2位でインターハイ出場を決めた。
 最終日は18日、同会場である。


※成績の速報はこちら!



[18南九州高校陸上第3日]の続きを読む

テーマ:陸上競技 - ジャンル:スポーツ

18南九州高校陸上第2日
鹿県勢、優勝ラッシュ!
女子・カマウ(神村)、山下(鹿児島)
鹿南男子・佐田(八種)、貴島(棒高跳)、大久保(やり投)

180615-1女子3000_035

180615-2女子三段跳_035

180615-3男子8種_035
 2018年度全九州高校総体陸上南九州地区予選大会第2日は6月15日、沖縄市の県総合運動公園陸上競技場であった。
 女子千五百はカマウ・タビタ(神村学園)が4分21秒72で2連覇。平田歩弓(同)が2位、原田まつり(樟南)が3位で上位を鹿児島県勢が占めた=写真上=。女子三段跳は山下永莉子(鹿児島)が11m93で優勝し、松澤李夏(同)も2位に入り、ワンツーフィニッシュだった=写真中=。男子は鹿児島南勢が活躍。八種の佐田征義=写真下=、棒高跳の貴島新也、やり投の大久保宥紀の3人が頂点に立った。
 16日、同会場で予定されていた第3日の競技は台風接近のため、17日以降に延期となった。


※成績の速報はこちら!



[18南九州高校陸上第2日]の続きを読む

テーマ:陸上競技 - ジャンル:スポーツ