鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
ひと紀行「夢念夢想」第6回・前編
「チームを勝たせる選手になる!」
新天地・青森での決意!
鮫島和人(鹿児島レブナイズ→青森ワッツ)

171027和人01_025
 男子プロバスケットボールのBリーグが華々しく開幕した2016-17年シーズンは、鹿児島レブナイズにとっては「苦難」の一言では片づけられないほどの苦渋を味わった1年だった。圧倒的な戦力差を埋められず、黒星が続き、60試合を戦って7勝53敗のダントツの最下位。シーズン終盤には運営会社の経営難が発覚し、B2残留どころかチーム消滅の危機に立たされた。選手、ブースター、様々な人たちがそこから立ち上がり、チーム存続への活動を続けたことが実り、レブナイズは今季、B3から再びB2を目指す戦いの舞台に立つことができた。
 苦渋に満ちた1年を味わった選手たちはその後どうなったか。レブナイズに残り、鹿児島でプレーを続けている選手もいれば、移籍して新天地に活躍の場を求めた選手もいる。「微力は無力ではない」の名言を残した主将・鮫島和人は後者の道を選んだ。1年間で53もの敗戦を経験した鮫島は「だからこそ、今度はチームを勝たせる選手になる!」と強い決意を秘め、青森で悪戦苦闘の日々を過ごしている。(敬称略)


(有)南日本音響・カラオケ「ビッグバン」提供



ロイヤル化粧品株式会社提供


[ひと紀行「夢念夢想」第6回・前編]の続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:バスケットボール(日本) - ジャンル:スポーツ

ひと紀行「夢念夢想」第5回
スポーツを楽しむ「種」をまく
元プロバスケット選手の新たな挑戦
松岡拓志さん(元レノヴァ鹿児島、NPO法人SEED理事長)

171017SEED01_035
 引退後の「第2の人生」をどうするか? 競技を問わず、あらゆるスポーツ選手が共通して持つテーマだろう。引退してもその競技に関わっていられる道は未だ限られている。元プロバスケットボール選手の松岡拓志さんは引退後の人生を「子供たちにバスケットを教えたい」とNPO法人のスポーツクラブ「SEED」を立ち上げた。「スポーツ・エキスパート・エデュケーション」の略称だが、「スポーツに楽しんで取り組む『種』をまきたい」という理念が込められている。


(有)南日本音響・カラオケ「ビッグバン」提供



ロイヤル化粧品株式会社提供


[ひと紀行「夢念夢想」第5回]の続きを読む

テーマ:バスケットボール(日本) - ジャンル:スポーツ

ひと紀行「夢念夢想」第4回
「可能性」「生きる力」を切り開く!
山元晃一さん
(鹿児島バルダーズ監督、県高体連理事長)

170429無念無想01_050
 県の知的障がい者バスケットボール選抜チーム「鹿児島バルダーズ」が発足して3年目を迎える。2020年に鹿児島で開催される全国障害者スポーツ大会に向けて結成されたバルダーズは4月の九州ブロック予選会で男子が公式戦初勝利を挙げ、3位と健闘した。発足して約1年になる女子チームも公式戦を経験した。
 「バスケットボールを通じてこの子たちの可能性、社会で生きていく力を育てたい」
 チームを指揮する山元晃一さんは常々言い続けている。2月には知的障がい者バスケットボールの日本代表チームのコーチとしてオーストラリア遠征にも帯同した。この4月からは県高体連の理事長に就任し、知的障がいスポーツだけでなく、2年後に迫った南部九州インターハイ、3年後の鹿児島国体でも重責を担う。3年目を迎えたバルダーズへの想い、障がい者スポーツの現状などを語ってもらった


「カラオケ・ビッグバン」「ロイヤル化粧品」提供




[ひと紀行「夢念夢想」第4回]の続きを読む

テーマ:バスケットボール(日本) - ジャンル:スポーツ

ひと紀行「夢念夢想」第3回
新しい「文化」を作りたい
米盛公治さん(社会医療法人 緑泉会 理事長・院長)

米盛さん1_035
 この4月からレノヴァ鹿児島のオフィシャルスポンサーに。試合のあった翌日は「毎回、新聞を開くのがドキドキするようになりました」と笑う。整形外科を中心とする病院を運営しており、選手のフィジカル面でのサポートや資金、運営面での協力などで、レノヴァの強力な「サポーター」になった。10月のウインターカップ予選では、会場で応急処置を担当するなど、レノヴァだけでなく鹿児島のバスケット界やスポーツ界全体に医療の分野で貢献する道を模索している。「バスケットだけでなく、鹿児島のスポーツ全体を応援し、地域貢献をしたい。新しい『文化』を産み出すお手伝いができれば」と夢を抱く。

[ひと紀行「夢念夢想」第3回]の続きを読む

テーマ:バスケットボール(日本) - ジャンル:スポーツ

ひと紀行「夢念夢想」第2回
韓国に「山口」の名を売り込みたい!
山口泰洋君(鹿児島実高野球部3年生)

山口002_020

 卒業後は日本でも、アメリカでもなく、韓国の大学に進んで野球を続けたいと夢を描く。「韓国に日本の『山口』という名前を売り込みたいです」と張り切っている。
 高校を卒業したら海外に語学留学をしたいと考えていた。地域の国際交流事業で海外の学生が実家にホームステイしていたことなどもあって、カナダかアメリカにでも行ってみたいと漠然と思っていた。韓国に行きたいと決意したのは今年の正月に帰省したとき。父・紀史さんに相談したところ「韓国だったら第2母国語が英語だから、両方学べていいのでは?」とアドバイスされた。ちょうど実家に漢陽大の教授がホームステイし、小学4年の頃、その教授のところにホームステイしたこともあって、韓国は身近な国だった。
[ひと紀行「夢念夢想」第2回]の続きを読む

テーマ:野球全般 - ジャンル:スポーツ