FC2ブログ
NPO法人スポーツかごしま新聞社オフィシャルサイト

ギャラリーショッピング
サブスリー・チャレンジ日記第36回
7月の練習を振り返る
目標を高く掲げたから…

200807ラン日誌01

 7月は毎年、夏の高校野球がある。近年はJリーグの鹿児島ユナイテッドFCの取材も入ってくるようになった。1年の中で最も「自分で自由にできる時間」が少なく、ランニングの量が落ちる時期である。
 今年はコロナの影響で例年とは異なった7月になったが、4-6月に比べて自分で自由にできる時間は少なくなった。高校野球の夏の代替大会があった。鹿児島Uのホーム戦3、アウエー戦3の6試合があった。県の陸上選手権、高校記録会もあった。加えて県知事選やコロナの集団感染が与論で発生し、その対応で県庁取材が入ったこともあった。

 タイトなスケジュールの中でどれだけ身体を動かすことができるか、テーマだった。ランニングアプリの計測では7月1カ月間で26回のアクティビティーがあり、走行距離は319.60キロとなっている。4-6月に比べて走行距離は短くなったが、例年に比べれば格段に運動量は確保できたことになる。26回のうち17回は例えば球場取材の往復で自転車を使うなど日常の行動を運動に置き換えたものだ。しっかりとトレーニング目的で走ったのは9回である。




[サブスリー・チャレンジ日記第36回]の続きを読む
スポンサーサイト



テーマ:陸上競技 - ジャンル:スポーツ

サブスリー・チャレンジ日記第35回
LSDでリフレッシュ!
200523サブスリー日記

2020年5月23日

 このところ、毎週1回、土曜日のSCCの練習に参加するようにしている。この週は甲子園中止発表の時に高校球児と一緒に野球の練習をしたり、この日の午前中も「野球塾」を受けていたので、身体的にはクタクタだったが、練習の習慣だけは継続しようと思った。

 時間に余裕をもって自転車で出発したが、途中、鹿児島高校のあたりで久々のドカ灰に見舞われた。「洗濯物を取り込まなければ!」と慌てて引き返した。幸い我が家の周辺は灰が降っていなかったので事なきを得たが、練習開始時刻に遅れた。

 ちょうどきついサーキット練習が終わるころから練習に参加できた。動きづくりをして、メーンメニューは75分のLSD。ゆっくり、長く、走る疲労抜きメニューは願ったり叶ったりだった。




[サブスリー・チャレンジ日記第35回]の続きを読む

テーマ:陸上競技 - ジャンル:スポーツ

サブスリー・チャレンジ日記第34回
目標は「3年後に優勝」!
200513万里一空

2020年5月17日

 大型連休明けからSCCの練習が再開。毎週土曜日の練習には必ず参加するようにしている。

 例年だとこれからの時期は高校総体が始まり、本格的な夏のスポーツシーズンの幕開けになる。だが残念ながら今年は中学、高校総体が中止となり、高校野球も中止となる可能性が高い。7月までスポーツ現場取材はないと考えておいた方がいいかもしれない。

 今までに経験したことがない「異常事態」だが嘆いていても仕方がない。幸い「自由に使える時間」がたくさんあるという今までにない恵まれた状況にある。ランニング、自転車、野球…自らスポーツすることでニュースを作っていくことにしよう。




[サブスリー・チャレンジ日記第34回]の続きを読む

テーマ:陸上競技 - ジャンル:スポーツ

サブスリー・チャレンジ日記第33回
自転車で、「今の時代」の生き方を学ぶ!
200423サブスリー

2020年4月22日

 「緊急事態宣言」の対象地域が全国に拡大されたことで、鴨池運動公園が使用できなくなったため、SCCも鴨池の陸上クラブの活動が休止になった。せっかく時間ができた分、毎週土曜日の練習にはこのところ毎週行けていただけに残念である。仲間と一緒に走れないのが何より悔しいところだが、仕方がない。ランニングは1人でもできる。

 これまで鹿児島マラソン以降、季節が温かくなってくるにつれて練習量が少なくなり、せっかく仕上がった身体も元に戻ってまた秋口から焦って作り直すことを繰り返していた。幸い、今スポーツ現場が動かず、自由に使える時間が増えた。今まで以上に自分で走ることを習慣化し、本当にサブスリーを目指してじっくり身体を鍛え上げようと思う。





[サブスリー・チャレンジ日記第33回]の続きを読む

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

サブスリー・チャレンジ日記第32回
親子3人、「ダッシュ王選手権」デビュー!
200329ダッシュ王01

2020年3月29日

 「親子3人で50mダッシュ王選手権に出場する!」

 ふとそんな考えが浮かんだ。

 「ダッシュ王選手権」はSCCの主催で毎年3月末に開催している。「市民マラソン」が定着しているように「誰もが気軽に参加できる市民短距離大会」をやってみたいという理事長の太田敬介さんの発案で02年からスタートした大会だ。今年で19回目を迎え、毎年参加者も増えて、ちょっとした春の人気イベントとして定着している。




[サブスリー・チャレンジ日記第32回]の続きを読む

テーマ:陸上 - ジャンル:スポーツ