鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
安陵だより第7号(奄美新聞掲載)
「選ばれる」から「勝ち取る」甲子園への序曲
140326安陵だより7号_025
 大島の「甲子園デビュー」は、全国最多出場回数を誇る龍谷大平安(京都)に大敗を喫した。だが、良くも悪くも彼らの今の持ち味は存分に出し切った一戦だった。
[安陵だより第7号(奄美新聞掲載)]の続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

センバツ2014第5日(奄美新聞掲載)
名門・平安の地力に屈す
「大高野球」足跡刻む
アルプスは超満員
大島

140325一面①_025
号令とともにベンチから飛び出す大島ナイン
140325一面②_025
アルプスを埋めた超満員の観客を背に、甲子園にあいさつする大島ナイン

 第86回選抜高校野球大会(センバツ)第5日は25日、西宮市の阪神甲子園球場で1回戦3試合があった。21世紀枠で初出場の大島が龍谷大平安(京都)と対戦。2―16の大差で敗れたが、一塁側アルプスを埋め尽くした大応援団とともに、鮮烈な甲子園デビューの足跡を刻んだ。
 三回にホームランで先制されるも、四回に6番・福永の内野安打で同点に。序盤は春夏合わせて70回の全国最多出場回数を誇る龍谷大平安とも互角に競り合っていた。五回表に一死満塁の好機を生かせず。その裏に追加点を許してから、相手が主導権をつかみ、終盤は集中力も切れて、大差がついた。
 6000席あるアルプスは学校や奄美からやってきた応援団と関西在住の安陵会、奄美会のメンバーらで埋め尽くされた。一塁側の内野スタンドから外野席まで、1万を超えると思われる大応援団が、大高野球部の甲子園デビューに惜しみない拍手と声援、ハト笛を送っていた。

 大島・渡邉恵尋監督 個々の力、特に打力の面では十分通用した。最後は古豪の底力に押しつぶされた。応援団の声援は感激した。島が一つになる機会を作っていただいたことを感謝している。


◇1回戦
大   島 000 100 100=2
龍谷大平安 001 035 07×=16
(大)福永、前山―白井、備
(平)元氏、中田―高橋佑
・本塁打 元氏、常(平)
・三塁打 小野(大)大谷、姫野、石川(平) ・二塁打 重原(大)大谷2、徳本(平) ・試合時間 2時間15分


※フェイスブックで熱戦フォトグラフがお楽しみいただけます。
[センバツ2014第5日(奄美新聞掲載)]の続きを読む

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

センバツ2014、龍谷大平安、見学レポート(奄美新聞掲載)
龍谷大平安ってどんなチーム?
目指すは「自立した集団作り」

140324平安①_035
 大島が対戦する龍谷大平安(京都)とはどんなチームなのか? 25日にある第86回選抜高校野球大会(センバツ)の初戦を翌日に控えた24日、京都市伏見区にある同校専用球場を訪ねた。
[センバツ2014、龍谷大平安、見学レポート(奄美新聞掲載)]の続きを読む

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

センバツ2014、大島、あす龍谷大平安戦(奄美新聞掲載)
本番へ、心技体の準備着々
140323甲子園見学_035
 第86回選抜高校野球大会(センバツ)の初戦を2日後に控えた3月23日、大島ナインは午前中、甲子園の試合を観戦し、午後は西宮市の津門中央公園野球場で約2時間の練習。25日の龍谷大平安(京都)戦に向けての士気を高めた。

[センバツ2014、大島、あす龍谷大平安戦(奄美新聞掲載)]の続きを読む

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

安陵だより第6号(奄美新聞掲載)
「お・じ・さ」で平常心をチェック
140323安陵だより6号_035
 胸に手を当てながら「お・じ・さ」を唱和し、指を突き上げてジャンプして回転する=写真=。大島ナインが、メンタル指導の田口耕二さんから取り入れたルーティーン動作の「ショートバージョン」だ。
[安陵だより第6号(奄美新聞掲載)]の続きを読む

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ