FC2ブログ
NPO法人スポーツかごしま新聞社オフィシャルサイト

ギャラリーショッピング
「野球のまち」を訪ねて・下(奄美新聞正月特集)
徳島県阿南市に学ぶ
「スポーツを生かした町おこし」とは?

181128正月特集09_050
・官民一体で盛り上げる

 野球による交流人口の増加は町にどのような影響をもたらしたのだろうか。
 「水商売というのはこういうものなのかと実感しました」
 市内のホテルサンオーシャンの支配人・工藤亨さんは、野球のまちの取り組みが始まってからの変化を如実に感じている。生まれ故郷の阿南に戻ってきてホテル業に携わるようになって25年あまり。前述したようにホテル業界のターゲットはビジネス客。深刻なデフレとなっていた当時、業界はダンピングが相次ぎ、いかにサービスを減らしてでも、単価を安くするかの競争を続けていた。




[「野球のまち」を訪ねて・下(奄美新聞正月特集)]の続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:草野球 - ジャンル:スポーツ

「野球のまち」を訪ねて・中(奄美新聞正月特集)
徳島県阿南市に学ぶ
「スポーツを生かした町おこし」とは?

181128正月特集02_050
・西日本還暦野球の成功

 07年2月、四国アイランドリーグの徳島インディゴソックスの新チームお披露目会で岩浅市長が「野球のまち阿南構想」を発表した。野球を起爆剤にして町の活性化につなげることを、市が主体になって取り組むことを宣言したのである。
 岩浅市長に本格的な野球の経験はない。「日本シリーズの結果もあまり興味はない」という。だが「野球は生涯にわたって長く楽しめるスポーツ」であり、多くの人を呼び込める力を秘めていることは上田市を見て理解できた。
 その年の5月に構想の核ともいうべき新球場が完成。県南部健康運動公園内にできた球場で、名称は「JAアグリあなんスタジアム」=写真=。黒土、天然芝の本格野球場で電光掲示板には市の主要産業でもあるLEDライトが使用されている。徳島県が所有する球場を阿南市が管理するという方式で運営されている。




[「野球のまち」を訪ねて・中(奄美新聞正月特集)]の続きを読む

テーマ:草野球 - ジャンル:スポーツ

「野球のまち」を訪ねて・上(奄美新聞正月特集)
徳島県阿南市に学ぶ
「スポーツを生かした町おこし」とは?

181128正月特集01_050
 「スポーツを生かした町おこし」とはどんな方法が考えられるだろうか?
 例えば三反園訓知事が「ドーム球場構想」を打ち立てて、プロ野球の公式戦やキャンプを誘致しようとした方法などは分かりやすい例だろう。実際に、お隣の宮崎や沖縄は県を挙げた取り組みが一定の成果を挙げている。だが、プロ野球は12球団と限られており、実績のある宮崎や沖縄と張り合って誘致を取り付けるのは至難の業である。球場新設ともなれば数十億から数百億単位のインフラ整備も必要になってくる。
 徳島県阿南市は「野球のまち阿南」を掲げ、野球を生かした地域振興に取り組む。特筆すべきは日本で唯一、市役所に「野球のまち推進課」がある点だ。ターゲットは「プロ」ではなく「草野球」。この10年あまりの取り組みで、それまで観光客がほとんどいなかった町に、6000人を超える観光客が訪れるようになった。「草野球の聖地を目指す」と推進課指導監の田上重之さん=写真=。野球のまち・阿南の取り組みは、地に足のついたスポーツを生かした町おこしのヒントが数々ちりばめられていた。




[「野球のまち」を訪ねて・上(奄美新聞正月特集)]の続きを読む

テーマ:草野球 - ジャンル:スポーツ

日米親善野球大会レポート
「郷中教育」を野球で実践
笑顔あふれた2日間

181104日米000_035

 「日米親善野球大会~野球の力でロスと鹿児島をつなごう~」が11月3、4日の両日、鹿児島市の鹿児島相互信用金庫郡山総合グラウンドで開催された。8月の鹿児島・中国少年野球国際交流大会に続く、NPO法人スポーツかごしま新聞社として2度目の主催イベント。様々な人たちの協力のおかげで、野球を通じて薩摩伝統の「郷中教育」を実践し、参加した選手、関係者の笑顔があふれた2日間だった。


【後援】
鹿児島県教育委員会、鹿児島市、鹿児島市教育委員会

【協賛】
鹿児島相互信用金庫




鹿児島信用金庫



他、14団体の協賛をいただきました。
[日米親善野球大会レポート]の続きを読む

テーマ:野球 - ジャンル:スポーツ

第26回県中学校秋季選抜野球大会
国分南、3年ぶりV
宮之城、猛追及ばず

181029中学野球23_035
 第26回鹿児島県中学校秋季選抜野球大会は10月27-28日の3日間、鹿児島市の県立鴨池、日置市の伊集院、両球場であり、国分南が3年ぶり2回目の優勝を勝ち取った。
 決勝は国分南と宮之城の顔合わせ。初回に3点を先取した国分南が左腕エース・本川=写真=の好投などで試合を優位に進めた。終盤に追加点も挙げ、5-0のまま勝ち切るかと思われたが、宮之城が七回裏に3点を返す。なお一打同点の場面だったが、本川が踏ん張り、国分南が2点差で逃げ切った。
 優勝した国分南は九州中学生選抜大会(3月23、24日・大分)に出場する。


・1回戦
種子島3-2吉野東、川辺10-2第一鹿屋(5回コールド)、朝日3-0帖佐、宮之城3-1鹿児島育英館、金峰5-4米ノ津、喜入5-1伊仙合同、大崎2-1吾平、国分南3-0谷山
・準々決勝
種子島3-1川辺、宮之城2-1朝日(8回判定)、喜入5-2金峰、国分南2-0大崎
・準決勝
宮之城7-6種子島(8回判定)、国分南4-3喜入

・決勝(県立鴨池)
国分南 300 001 1=5
宮之城 000 000 3=3
(国)本川―上原口
(宮)小川―北田


※フェイスブックで熱戦フォトグラフがお楽しみいただけます。



[第26回県中学校秋季選抜野球大会]の続きを読む

テーマ:野球 - ジャンル:スポーツ