鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
センバツ出場校潜入レポート(高校野球ドットコム掲載)
あらゆることをやり尽くす!
富島(宮崎)

180215富島01

 春夏通じて春の甲子園出場を成し遂げた富島の練習を取材したのは2月15日だった。
 年が明けた頃から、日があるうちはボールを使った野球の練習、日が落ちてからはトレーニングと徐々に冬のトレーニング期間から実戦をにらんだ練習へとシフトさせつつある。






つづきはこの文字をクリック!



[センバツ出場校潜入レポート(高校野球ドットコム掲載)]の続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

喜界高校野球部訪問記・下編
「野球熱」がある島
2018年への想い
喜界野球部訪問記・下編

171208喜界正月14_035
18年夏、喜界ナインは10年ぶりの8強以上を目指す!

 敗戦から2カ月あまり。
 「何のためにその練習をするのか? それを常に意識させるようにしています」
 中馬監督はこの冬のテーマを挙げた。具体的な野球の課題は打力の向上。中学まで硬式を経験したことがない喜界の選手はボールを確実にとらえる力が不足している。この冬は竹製バットを各自で購入した。金属と違って竹はしっかりミートしないと打球が飛ばない。




[喜界高校野球部訪問記・下編]の続きを読む

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

喜界高校野球部訪問記・中編
「野球熱」がある島
2018年への想い
喜界野球部訪問記・中編


171208喜界正月06_035
マウンドで円陣を組み気合を入れる

・少子化の現実と「チーム久保」

 様々な葛藤を経ながら、船は無事喜界島に到着した。ただし場所は早町だった。午前4時半過ぎに船を降りる。あたりはまだ暗かった。湾まで10数キロは自転車で移動するしかない。
 港の待合室で、行動予定を考えたり、パソコンを開いて原稿を書くなどして夜明けを待った。幸い、船酔いはなく、体調も問題ない。
 明るくなり始めた午前7時前に、自転車をこぎ始めた。島内の環状線を北へ、志戸桶、小野津などの集落を通りながら湾を目指す。




[喜界高校野球部訪問記・中編]の続きを読む

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

喜界高校野球部訪問記・上編
「野球熱」がある島
2018年への想い
喜界野球部訪問記・上編

171208喜界正月01_035
練習の合間に見えた虹をバックに練習に励む喜界ナイン

 2017年秋、第141回九州地区高校野球鹿児島県予選の2回戦で喜界は伊集院にサヨナラ勝ちした。13年秋の指宿戦で勝利して以降、4年ぶりとなる県大会勝利だった。勢いづいて3回戦の池田戦も勝利し、ベスト16入り。続く準々決勝も薩南工と終盤まで接戦だった。1―5で敗れたが、08年夏以来となる8強入りまであと一歩と迫る戦いぶりに、島の人たちも大いに注目していたという。
 伊集院戦のあった9月24日は息子の通う早町小の運動会だったが、喜界中野球部の東郷健太郎監督は「島の人たちは運動会そっちのけで携帯サイトの速報に一喜一憂していました」と語る。「喜界は野球部OBを中心に野球熱の熱い島です」と喜界高の中馬輝監督。喜界の「野球熱」を感じてみたくて、足を運んだ体験記をつづる。




[喜界高校野球部訪問記・上編]の続きを読む

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

2017最も輝いたで賞(高校野球ドットコム掲載)
政記者が贈る、2017年 キミは最も輝いていたで賞!
松永遥平(鹿児島・2年)
171222松永04
勝敗分けた好守の真意


 この企画の依頼を受けて17年の鹿児島で該当するのは誰だろうか考えた。
 夏の甲子園、3回戦の明豊戦で延長12回表に二死満塁から起死回生のセーフティーバントを決めた神村学園の後藤拓真主将(3年)や、鹿児島大会決勝戦に代打で同点三塁打を放った前畑太壱(3年)の名前が真っ先に浮かんだが、彼らはその時点で様々なメディアに取り上げられた選手である。「他のメディアではなかなか取り上げることのない選手」「政記者だからこそ知るエピソード」となるともうひと工夫がいる。
 この1年間を振り返って、1つだけその真意を確かめてみたいと思った場面があった。





つづきはこの文字をクリック!



[2017最も輝いたで賞(高校野球ドットコム掲載)]の続きを読む

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ