FC2ブログ
NPO法人スポーツかごしま新聞社オフィシャルサイト

ギャラリーショッピング
鹿児島Uレジェンド対談・後編
「感情が凝縮された地決決勝」・田上
「ワンチームで鹿児島を盛り上げる」・赤尾

200329レジェンド04




 鹿児島Uの田上、赤尾、レジェンド2人の対談です。かつてのライバル時代の思い出や統合に向けた流れの中で感じた想いを赤裸々に語っています。

 政
 赤尾さんはヴォルカの主将、田上さんはFCKの選手兼監督、お互いのチームをどう見ていましたか?

 赤尾 同じ鹿児島にあるライバルチームだと単純に思っていました。僕が帰ってくる前の年、ヴォルカはFCKに一度も勝てていなかったこともあって、「FCKにだけは絶対に負けられない」と周りの人にも言われていました。FCKを倒し、九州リーグを制し、地域リーグ決勝を勝ち抜いてJFLに上がるというのがモチベーションになっていました。

 田上 試合場で会っても、お互い顔も見なければ話しもしない(笑)。勝った方がJリーグに行くという気持ちで戦っていました。最初の頃は勝っていましたが、そのうちアキラが帰ってきて、井上渉、永畑祐樹といった選手がヴォルカに入って強くなる。負けて九州リーグを勝ち抜けず、地域リーグ決勝に上がれなかったら、自分の夢が終わってしまう。ダービーで負けるとこの世の終わりのようなショックを受けていました(苦笑)。特にFCKとして最後になる13年シーズンは地獄のような思いを味わっていました。




[鹿児島Uレジェンド対談・後編]の続きを読む
スポンサーサイト



テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

鹿児島Uレジェンド対談・前編
今振り返る鹿児島「ユナイテッド」誕生の舞台裏
田上裕×赤尾公

200329レジェンド01




 2019年、2人のJリーガーがユニホームを脱いだ。田上裕と赤尾公。どちらも生粋の鹿児島出身選手であり、鹿児島ユナイテッドFC(鹿児島U)のレジェンドと呼べる存在だ。
 田上はFC KAGOSHIMA(FCK)、赤尾はヴォルカ鹿児島。かつて2人は鹿児島Uが誕生する前、九州リーグにあって「鹿児島ダービー」でしのぎを削った最大のライバル同士の、それぞれチームリーダーとして火花を散らした間柄である。この両者が13年に統合を発表し、JFLの昇格を果たして14年から鹿児島Uがスタートした。
 私見だが、FCKとヴォルカは、漫画「ドラゴンボール」でいうところの孫悟空とベジータのような最強のライバルであり、だからこそ両者が融合した鹿児島Uは5年の間でJFL、J3を右肩上がりで駆け抜け、19年のJ2昇格までたどり着いたような気がしてならない。悟空(カカロット)とベジータがポタラで合体したベジットが無敵の強さを誇ったように、ライバル同士が手を組んだシナジーの強さが鹿児島に初めて本物のJリーグのチームを作り上げたエナジーの1つだったのではないか。
 2人は19年で引退し、チームは再びJ3からのスタートとなる。田上はチーム応援リーダー、赤尾はスカウト、新たな道を歩み始めた2人にかつてのライバル時代から鹿児島U誕生への想いを語ってもらった。




[鹿児島Uレジェンド対談・前編]の続きを読む

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

鹿児島U、2次キャンプスタート
2次キャンプスタート
「コミュニケーション」に重点
鹿児島U

200204鹿児島Uキャンプ

 サッカーJ3の鹿児島ユナイテッドFCの2次キャンプが2月4日、鹿児島市の県立サッカー・ラグビー場でスタートした。至上命題に掲げる「J3優勝、J2昇格」(酒本憲幸主将)に向けて、チームの練度を更に高める集中練習が始まった。




[鹿児島U、2次キャンプスタート]の続きを読む

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

鹿児島Uが今季初トレーニングマッチ
「奄美キャンプの成果を体感」
鹿児島UがJ1清水と今季初トレーニングマッチ

200130鹿児島UTM

 サッカーJ3の鹿児島ユナイテッドFCは1月30日、鹿児島市のふれあいスポーツランドでJ1の清水エスパルスと今季初のトレーニングマッチ(TM)を組んだ。45分のゲームを3本戦って、2―4で敗れたが、酒本憲幸主将は「奄美キャンプの成果が感じられた」と収穫のあった試合を振り返っていた。




[鹿児島Uが今季初トレーニングマッチ]の続きを読む

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

第41回県高校新人サッカー大会最終日
神村が2年ぶりV!

 第41回鹿児島県高校新人サッカー大会最終日は1月25日、南さつま市のOSAKO YUYAスタジアムで決勝があり、神村学園が出水中央を4-1で下して2年ぶり5回目の優勝を勝ち取った。
 前半は両者0-0で折り返したが、神村が後半10分にFW沖田のゴールで先制すると、14、17分にも追加点を挙げ、アディショナルタイムにもダメ押し点を決めた。出水中央は後半24分にMF野島が1点を返したが、反撃もここまでだった。
 神村、出水中央の両チームが九州大会(2月15-18日・福岡)に出場する。


◇決勝
神村学園 4-1 出水中央
   (0-0、4-1)
・得点者【神】沖田、篠原2、佐藤【出】野島

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ