鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
「白紙」のサッカー人生
松澤隆司-「白紙」のサッカー人生・第5回
20071105112243.jpg

◇第1期黄金期から苦難の時代へ
 67、68年は全ての県大会を制し、県内無敵を誇った。67年には福井であった全国高校総体(インターハイ)に初出場。下西園広美、永里千尋らがチームの中心選手だった。このとき活躍したエースストライカー・宮脇(旧姓小崎)実が卒業後、日本リーグ(Jリーグの前身)の永大産業に進んだ。鹿実出身、そして鹿児島県出身選手として「プロサッカー選手」第1号である。
[「白紙」のサッカー人生]の続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

「白紙」のサッカー人生
松澤隆司―「白紙」のサッカー人生・第4回
20071105112254.jpg

◇鹿実サッカー部草創期
 今や鹿児島のそして、全国の高校サッカー界で確固たる名声を築いた鹿実サッカー部は、学校の八十周年記念誌によると1958年4月の創部となっている。当時の在校生だった松尾稔、日高勇らが中心になってその2年前ごろから同好会として活動していたらしい。
[「白紙」のサッカー人生]の続きを読む

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

第1次トライアウト開催
プロチーム、第1次トライアウトを実施
県内外から32人がチャレンジ

DSC_0029_040.jpg

 来季、鹿児島に誕生するプロバスケットボールチームの第一次トライアウトが12月28日、鹿児島市の県体育館であった。県内外から32人のバスケットマンが参加した。
[第1次トライアウト開催]の続きを読む

テーマ:バスケットボール(日本) - ジャンル:スポーツ

「白紙」のサッカー人生
松澤隆司―「白紙」のサッカー人生・第3回
20071104180227.jpg


◇「電気」、「鹿実教員」の道
 高校卒業後は、ある商事会社に勤めた。もともとは進学希望だっが、母一人子一人の母子家庭での進学は経済的にも厳しかった。1年間は普通の勤め人をやっていた。サッカーはクラブチームで趣味にやった程度。転機は2年目の夏に訪れた。
 同窓会でかつての仲間たちと再会。大学に進学した同級生たちの話を聞いていると、負けず嫌いの血が騒ぎ出した。夏で会社を辞めると、独学で大学受験の勉強を始めた。目指したのは経済学部。関東の大学を2校受験したが、数カ月の受験勉強ではどうにもならず、大学進学は果たせなかった。
 翌年の4月から電子技術の専門学校に通い始めた。受験の準備をしていたころ、勉強を教えてくれた近所の鹿児島大学工学部のお兄さんに「これからは電気の時代だ」と言われたことが頭にあった。専門学校へ2年間通い、無線通信士と無線技術士の資格を目指した。卒業までに上級免許を取得できなかったが、学校に残ってあと数単位取得すればいいところまで単位は取っていた。

 「あのままいってたら、船に乗っていたか、無線関係の仕事をしていただろうね」
[「白紙」のサッカー人生]の続きを読む

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

「白紙」のサッカー人生
松澤隆司―「白紙」のサッカー人生・第2回
S129_040.jpg

 ◇サッカーとの出会い
 松澤がサッカーと出会ったのは、中学に上がる前後だった。松澤の遊び仲間たちに、サッカーを教えてくれた人がいた。
[「白紙」のサッカー人生]の続きを読む

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

「白紙」のサッカー人生
松澤隆司―「白紙」のサッカー人生・第1回
20071105111904.jpg

 プロサッカー選手を夢見て○○高校に進学する。指導者として全国制覇を夢見て教員になる…人生に対する「目標」を掲げ、一つ一つをクリアしながらステップアップを繰り返して、偉業を成し遂げる。小学生に読み聞かせるような偉人伝の立身出世物語がこうだとしたら、松澤隆司のサッカー人生は、それとは好対照といえる。

 「学校の先生なんて、俺の性分には合わない。そもそも鹿実の教員は半年で辞めるつもりだったんだから…」

 若き日の松澤は、サッカーの指導者で生計を立てていくことや、チームを日本一に導く夢など考えてもみなかった。紹介してくれた知人の顔を立てるためだけに足を運んだ学校で、サッカー部の指導を任され、以来40年近い歳月が過ぎようとしている。この間、1996年正月の全国高校サッカー選手権優勝をはじめ、鹿実サッカーは全国の高校サッカー界屈指の名門となり、前園真聖、城彰二、平瀬智行、遠藤彰弘・保仁兄弟、松井大輔…ワールドカップやオリンピックの日本代表、プロサッカー界などで活躍する選手を多数排出した。

 「目標も夢もないところから始めたけど、振り返ってみるとよくここまでこれたものだと思うよね。指導者として何もない『白紙』だったことがかえって良かったんじゃないかな」
[「白紙」のサッカー人生]の続きを読む

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

シンポジウム「地域スポーツに夢をのせて」の記録
シンポジウム「地域スポーツに夢をのせて」の記録・最終回
20041019093918.jpg

  では時間も残り少なくなってきましたので、最後に皆さんがそれぞれの活動で描いている「夢」を語ってください。=続き=
[シンポジウム「地域スポーツに夢をのせて」の記録]の続きを読む
シンポジウム「地域スポーツに夢をのせて」の記録
シンポジウム「地域スポーツに夢をのせて」の記録・第5回
20041018081011.jpg

  では時間も残り少なくなってきましたので、最後に皆さんがそれぞれの活動で描いている「夢」を語ってください。

 井上 私は鹿児島、特に大隈の地に世界に誇れるスポーツクラブを作りたい。それはサッカーだけでなく、いろんな競技も含め、また障害者のスポーツもサポートできるような大きなクラブを作るのが夢です。
[シンポジウム「地域スポーツに夢をのせて」の記録]の続きを読む
書籍のご案内
5793_20071216192949.jpg


 「陸上競技マガジン」1月号(ベースボールマガジン社)の別冊「全国高校駅伝観戦ガイド」に熊本の千原台高校について書きました。

本誌の購読はこちらから!

fijisanサイトロゴ

テーマ:陸上競技 - ジャンル:スポーツ

シンポジウム「地域スポーツに夢をのせて」の記録
シンポジウム「地域スポーツに夢をのせて」の記録・第4回
20041015081429.jpg

  鹿児島のスポーツ環境はサッカーに限らず、芳しいものではありませんが、今壇上に上がっている皆さんはそれぞれの置かれた立場の中で、知恵を絞って工夫を凝らしながらスポーツ活動をやっています。「鹿児島だからできる」こともあるはずです。そのあたりをお話ください。
[シンポジウム「地域スポーツに夢をのせて」の記録]の続きを読む
シンポジウム「地域スポーツに夢をのせて」の記録
シンポジウム「地域スポーツに夢をのせて」の記録・第3回
20041014080411.jpg

  次のテーマに移ります。先ほど松澤先生の話の中に宮崎の例がありましたが、それでは鹿児島のスポーツ環境はどうなっているのかという視点で話を進めてみようと思います。
 私のこれまでの取材経験の中では、鹿児島でスポーツする人たちが置かれた環境はあまり芳しいものとは言えないと思っています。例えば県都である鹿児島市には1つの会場で芝生のグラウンドが2面同時に取れるような場所がありません。Jを目指しているヴォルカ鹿児島は自前の練習場がなく、土のグラウンドを転々としている「ジプシー球団」です。そのあたりの現状を前田さんにお話いただきたいと思います。12年間、プロ選手として県外で活動されて、今鹿児島に戻ってきて、色々と思うところがあるのではないでしょうか?
[シンポジウム「地域スポーツに夢をのせて」の記録]の続きを読む
あくねボンタンマラソン体験記
目標達成! 1時間29分33秒!!
img001 (2)

 12月9日、第24回あくねボンタンロードレース大会のハーフマラソンに出場した。今年で5回目の挑戦。菜の花のフルマラソンは、調子の良し悪しで記録に変動があるが、ぼんたんは最初の挑戦以降毎年記録を縮めている。前回が1時間33分4秒だったので、今回の目標はズバリ「1時間半を切ること!」だ。
 練習は今まで以上にできていたのだが、金曜日は沖縄取材、土曜日の夜は飲み会と、直前のコンディショニングに不安があった。土曜日は、いつもなら2次会、3次会まで行く飲み会を1次会、10時過ぎで切り上げ、天文館から家まで歩いて帰り、早めに寝た。当日は5時過ぎ起床、5時半に阿久根に向けて出発。体調はすこぶる良くて、ベストな走りができる状態ではありそうだ。
 考えていたのは二つ。リラックスして、体を大きく使うこと。走る前には、この前取材で教わった「ゆる」体操やストレッチングを入念にして、心と体をリラックスさせることを心掛けた。毎年ぼんたんは晴れる日が多く、きょうも晴天に恵まれ、寒さもそこまで厳しくなく、アップの段階で手袋がいらないぐらいだった。

※先日のあくねボンタンマラソンの体験記です。
[あくねボンタンマラソン体験記]の続きを読む

テーマ:マラソン - ジャンル:スポーツ

シンポジウム「地域スポーツに夢をのせて」の記録
シンポジウム「地域スポーツに夢をのせて」の記録・第2回
20041013080521.jpg


  今回、このパーティーは「鹿児島のスポーツを盛り上げよう。スポーツで鹿児島を盛り上げよう」という趣旨で企画してみました。パーティーの中でどんなことをやったら盛り上がるのか思案し、鹿児島で現在、スポーツについて取り組みをされていらっしゃる方々を集めてシンポジウムをしてみてはどうかと考えました。
 シンポジウムはサブタイトルに「もっと身近にスポーツを」と掲げています。学校体育、企業スポーツが主流の日本では、大人になるとスポーツと関わる場が極端に少なくなってしまいます。スポーツの問題点を考えていく中で、スポーツを自分のものとして感じられない、自分とは別世界の存在と思っている現状があるんじゃないかと考えました。今から壇上のパネリストの方々がそれぞれの取り組みについて話をされます。会場に集まった皆様は、パネリストの話に耳を傾けて、スポーツをもっと身近に感じてもらえればと思います。
 ではまず、パネリストの皆さんにあいさつを兼ねて、それぞれの活動は鹿児島の人たちに何をもたらしてくれるものなのか、お話ください。
[シンポジウム「地域スポーツに夢をのせて」の記録]の続きを読む
おすすめの一冊「早実vs駒大苫小牧」
おすすめの一冊「早実vs駒大苫小牧」
31800468.jpg


 管理人・政純一郎からおすすめの一冊を紹介します。

 「早実vs駒大苫小牧」
 中村計、木村修一著/朝日新書/756円
[おすすめの一冊「早実vs駒大苫小牧」]の続きを読む
シンポジウム「地域スポーツに夢を乗せて」の記録・第1回
シンポジウム「地域スポーツに夢をのせて」の記録
20041012092517.jpg

 2004年5月17日は、私にとっては大きな、そして鹿児島のスポーツ界にとっては小さな節目として、忘れられない日になると思う。処女作「地域スポーツに夢をのせて」の出版を記念し、鹿児島市のサンロイヤルホテルで「鹿児島のスポーツを語る夕べ」と題したパーティーが開催された。

 ※当サイト管理人・政純一郎が処女作「地域スポーツに夢を乗せて」の出版記念パーティーで開催したシンポジウムを再現します。3年前の出来事ですが、鹿児島でスポーツに携わる人たちが競技を越えて「鹿児島のスポーツを盛り上げ、スポーツで鹿児島を盛り上げるためには何をすればいいのか?」を真剣に討論した記録です。
[シンポジウム「地域スポーツに夢を乗せて」の記録・第1回]の続きを読む
新幹線、スポーツ、そして長渕剛
新幹線、スポーツ、そして長渕剛
わたしの鹿児島浮上プラン

bok_118-1.jpg

 九州新幹線が部分開業した。何となくお祭りムードで、新幹線が鹿児島活性化のカギになると浮かれた雰囲気を感じるが、今のままなら「ストロー現象」で、鹿児島から県外に吸い取られてしまう可能性の方が大きい。鹿児島に人を呼び込むような何かを作らなければならない。
 わたしが仕事をしているスポーツの分野で、何かできないだろうか? ふと、そんなことを考えた。

 ※管理人・政純一郎の著書から、傑作選をお届けします!
[新幹線、スポーツ、そして長渕剛]の続きを読む
トピック・「前向き」を生んだ「ゆる」の発想
「前向き」を生んだ「ゆる」の発想・下
~鹿屋体大女子バスケ部躍進の秘密

DSC_0012_040.jpg

 鹿屋体大女子バスケットボール部の躍進が近年著しい。全日本学生選手権では2004年3位、05年準優勝、06年6位と立て続けにベスト8以上の成績を残しており、今年のユニバーシアードでは吉田舞選手、出岐奏選手の2人が代表入りするなど、近年学生日本代表選手を多数排出しており、西日本屈指の強豪校へ成長した。関東や関西、東海など都市圏の大学が伝統的に上位を占める大学バスケット界において、九州南端の地方大学の躍進に注目が集まっている。
[トピック・「前向き」を生んだ「ゆる」の発想]の続きを読む

テーマ:バスケットボール(日本) - ジャンル:スポーツ