鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
鹿児島県サッカー選手権最終日
鹿屋体大、2年ぶりV
【決勝・ヴォルカ鹿児島―鹿屋体大】後半開始早々に岡田=中央=がゴールを決め、3―0とする
天皇杯008_035

 第24回鹿児島県サッカー選手権大会兼天皇杯全日本選手権大会代表決定戦最終日は8月30日、鹿児島市の県立鴨池陸上競技場で決勝戦があり、鹿屋体大がヴォルカ鹿児島に4―0で圧勝し、2年ぶり10回目の栄冠を勝ち取った。
 前半開始早々に多田高行のゴールで先制した鹿屋体大は、その後もゲームメーカーの赤尾公を中心に多彩な攻めを展開してヴォルカを圧倒。終始試合を優位に進めて主導権を渡さなかった。
 優勝した鹿屋体大は9月21日、同会場で天皇杯1回戦を島根代表の浜田FCコスモスと対戦する。

◇決勝
鹿屋体大 4(2―0、2―0)0 ヴォルカ鹿児島
・得点者【体】多田、岡田2、野林
[鹿児島県サッカー選手権最終日]の続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

コラム「寄り道」第6回
土曜日、605円の楽しみ方

 夏の高校野球から始まって、7、8月はスポーツ記者にとってきついスケジュールの日々が続きます。8月末の土曜日は特に大きな仕事もなかったので、午前中は家でのんびり事務作業をすませ、午後はクーラーの効いた部屋で映画鑑賞。夕方からはSCCの練習で、鴨池の運動公園に走りに行きました。

フラワー薬局提供
鹿児島初、ハードタイプの酸素カプセルが体験できます。詳しくは下をクリック!





[コラム「寄り道」第6回]の続きを読む

テーマ:ジョギング・ランニング - ジャンル:スポーツ

男子プロバスケットボール・プレシーズンゲーム
熱狂の夜、3200人のファンと共に
レノヴァVSリンク栃木

プレ000_025

プレ001_025

プレ002_025

 プロバスケットボールのJBL2に所属するレノヴァ鹿児島とJBL所属のリンク栃木ブレックスによるプレシーズンゲームが8月27日、鹿児島市の鹿児島アリーナであった。地元・鹿児島を代表するレノヴァが、日本人初のNBA選手・田臥勇太や日本代表の川村卓也ら人気選手を擁する栃木に挑むとあって、会場は約3200人のファンで埋まり、バスケットに魅せられた熱狂の夜となった。
 誕生2年目のシーズンを迎えたレノヴァにとっては今季最初のビッグゲーム。スコアこそ51―109とダブルスコア、百点ゲームの差をつけられたが、「大人が一生懸命やる」(鮫島俊秀ヘッドコーチ)レノヴァのバスケットは栃木相手にも随所に通用した。ケガのため試合出場は果たせなかった田臥は「一生懸命ディフェンスを頑張る良いチームだと思った。あとは中と外のシュートのバランスが取れるようになればもっと良いチームになると思う」と話していた。
 なおオープニングゲームでは鹿児島のU-17男子強化選手とさきのインターハイで優勝した福岡第一の試合があった。レノヴァVS栃木戦のハーフタイムには、女子サッカーのジュブリーレ鹿児島とハンドボールのブルーサクヤのメンバーが応援に駆けつけ、競技は違えど共に鹿児島から日本の頂点を目指す意気込みをアピールしていた。

・オープニングゲーム
福岡第一高 55―44 U-17男子A
福岡第一高 48―32 U-17男子B

・プレシーズンゲーム
レノヴァ鹿児島 51(34-23、26-5、18-12,11-31)109 リンク栃木
[男子プロバスケットボール・プレシーズンゲーム]の続きを読む

テーマ:バスケットボール(日本) - ジャンル:スポーツ

書籍のご案内
 管理人・政純一郎の執筆情報です。
 月刊「トレーニングジャーナル」9月号(ブックハウスHD)の巻頭特集「ある一日」で鹿児島工バスケットボール部の一日を掲載しています。「スポかごNEWS」の
ギャラリーショッピング(この文字をクリック!)より購読できます。

img002_025.jpg

テーマ:みんなに知ってもらいたい - ジャンル:日記

ギャラリーショッピングのお知らせ
 7月12、13日付け「09年鹿児島県陸上選手権」の掲載写真をギャラリーショッピング2にアップしました。

この文字をクリック!

090711女子200_050

090711女子400H_050

テーマ:陸上競技 - ジャンル:スポーツ

全国中学校バスケットボール大会最終日
清水、準優勝!
清水準優勝_025

 第39回全国中学校バスケットボール大会最終日は8月22日、鹿児島市の鹿児島アリーナで男女の決勝までがあり、鹿児島勢男子の清水が決勝に勝ち進み、準優勝だった。
 清水は、鹿児島勢男女を通じて初の準決勝に勝ち進んだ。準決勝は予選リーグ初戦で敗れた津軽(青森)を相手に終盤まで緊迫した接戦が続いたが、最後に突き放し、全国制覇への挑戦権をつかんだ。決勝では京北(東京)を相手に力の差を見せつけられたが、鹿児島のチームでも頑張ればやれることを示した。
 
※鹿児島勢成績
【男子決勝トーナメント】
・準決勝
清  水 74(16-11、15-17、14-16、29-17)61 津  軽
・決勝
京  北 102(22-13、25-12、28-7、27-15)47 清  水
[全国中学校バスケットボール大会最終日]の続きを読む

テーマ:バスケットボール(日本) - ジャンル:スポーツ

全国中学校バスケットボール大会第3日
清水、4強へ
鹿児島勢史上初の快挙

【男子決勝リーグ準々決勝・清水―藤崎】第4ピリオド、金子煕が74点目のシュートを決める
全中032_025

 第39回全国中学校バスケットボール大会第3日は8月21日、鹿児島市の鹿児島アリーナ(男子会場)、薩摩川内市のサンアリーナせんだい(女子会場)で男女決勝トーナメントの準々決勝までがあり、鹿児島勢では男子の清水が準決勝に勝ち進んだ。県勢の全中4強入りは男女を通じて史上初の快挙だ。
 清水は、決勝トーナメント初戦の久米(愛媛)戦の立ち上がりこそ硬さがみられたが、第2ピリオドでリズムをつかむと、準々決勝の藤崎(青森)戦は終始自分たちのペースで優位に試合を進め、大差で圧倒した。女子の鹿児島純心は市川第四(千葉)に序盤は互角に戦うも終盤突き放され、8強入りは果たせなかった。
 最終日は22日、鹿児島アリーナで男女の準決勝、決勝がある。清水は津軽(青森)と準決勝(試合開始予定10:50)を戦う。

※鹿児島勢成績
【男子決勝トーナメント】
・1回戦
清  水 60(12-15、18-5、10-12、20-18)50 久  米
・準々決勝
清  水 82(20-10、25-16、13-10、24-25)61 藤  崎
【女子】
・1回戦
市川第四 86(21-21、17-12、25-10、23-14)57 鹿児島純心
[全国中学校バスケットボール大会第3日]の続きを読む

テーマ:バスケットボール(日本) - ジャンル:スポーツ

全国中学校バスケットボール大会第2日

鹿純心、決勝Tへ!
清水は終盤に爆発

【男子・川内中央―京北】果敢にドライブを仕掛ける川内中央・前田主将
全中015_025

 第39回全国中学校バスケットボール大会第2日は8月20日、鹿児島市の鹿児島アリーナ(男子会場)、薩摩川内市のサンアリーナせんだい(女子会場)で男女予選リーグがあり、鹿児島勢では男子の清水、女子の鹿児島純心が決勝トーナメントに勝ち進んだ。
 女子の鹿純心は、初戦、藤浪(愛知)戦の序盤で波に乗れず落としたが、終盤でつかんだ自分たちのリズムを2戦目の新居浜東(愛媛)戦まで持続し、1勝1敗のリーグ2位で決勝トーナメント進出を勝ち取った。清水は初戦の津軽(青森)戦を落とすも、岩成台(愛知)戦の第4ピリオドで爆発し、大差をつけて勝利した。男子の川内中央は粘りを見せるも京北(東京)、瀬田北(滋賀)に敗れ、決勝トーナメントには進めなかった。
 第3日は21日、両会場で男女決勝トーナメント準々決勝までがある。鹿児島勢は清水が久米(愛媛)とCコート第4試合(13:30~)、鹿純心が市川第四(千葉)とEコート第4試合(同)で、それぞれ初戦を戦う。

※鹿児島勢成績
【男子】
・予選リーグCコート
津   軽 79―63 清   水
清   水 77―40 岩 成 台
・同Dコート
京   北 102―44 川内中央
瀬 田 北 68―60 川内中央
【女子】
・予選リーグEコート
藤   浪 76―59 鹿児島純心
鹿児島純心 76―59 新居浜東
[全国中学校バスケットボール大会第2日]の続きを読む

テーマ:バスケットボール(日本) - ジャンル:スポーツ

全国中学校バスケットボール大会開会式
夢を追い、九州で輝く華となれ!
全中バスケ開幕
全中012_035
 第39回全国中学校バスケットボール大会は8月19日、鹿児島市の鹿児島アリーナで開会式があった。
 鹿児島では初の開催となる全中のスローガンは「夢を追い、九州で輝く華となれ!」。大会には全国各地区の予選を勝ち抜いた男子24、女子24の48チームが出場。鹿児島アリーナと薩摩川内市のサンアリーナせんだいで22日まで4日間、全国の頂点を目指した熱い戦いが繰り広げられる。全国の強豪を迎え撃つ鹿児島代表は男子の清水、川内中央、女子の鹿児島純心。
 開会式では鹿児島市の森博幸市長、県バスケットボール協会の増留貴朗会長らがあいさつし、鹿児島の中学生を代表して明和の林浩平君が歓迎の言葉を述べ、全選手を代表して清水・松下剛介主将、鹿純心・新保宏奈主将が選手宣誓した。
 試合は20日から予選リーグが始まり男子は鹿児島、女子は川内が会場。清水は津軽(青森)と第1試合(9:30開始予定)、川内中央は京北(東京)と第2試合(10:50開始予定)、鹿純心は藤浪(愛知)と第1試合(9:30開始予定)でそれぞれ対戦する。
[全国中学校バスケットボール大会開会式]の続きを読む

テーマ:バスケットボール(日本) - ジャンル:スポーツ

ノンジャンルコラム「寄り道」第5回
「釣り」から学んだこと

 ひょんなことがきっかけで、久々に海釣りをしました。
 ある親睦団体のメンバーに誘われて、錦江湾でイカダ釣りです。メンバーは十数人。僕のような素人もいれば、熱狂的な釣り好き、大ベテランのおじいちゃんと孫娘…いろんな人が夏のある一日、ゆっくり穏やかな波間に漂いながら、釣り糸を垂れていました。この日は特に何を釣るという目的はありません。大物の鯛やヒラメを狙う人もいれば、初めて釣れた喜びに夢中になっている人もいます。僕はどちらかといえば人の釣り姿を見ながら、取り留めない話をしたり、熱い人生論を語り合ったり、海に足をつけながら、鹿児島の自然の豊かさを感じるのが楽しくて、思いのままのんびりと休日を満喫していました。


フラワー薬局提供
鹿児島初、ハードタイプの酸素カプセルが体験できます。詳しくは下をクリック!





[ノンジャンルコラム「寄り道」第5回]の続きを読む

テーマ:何となく独り言 - ジャンル:その他

スポーツコラム「年中夢求」第4回
仕事の活力は「恋」?
DSC_0356_035.jpg
 雑誌社からの依頼で、鹿児島アリーナであった全国専門学校バレーボール選手権大会の写真を撮った。随分長いことバレーの写真は撮っていなかったので多少の不安はあったが、アリーナでの撮影はバスケットボールで何度も経験しているし、「昔取ったきねづか」で何とかなるだろうぐらいの気持ちで会場に向かったが、結構大変だった。
[スポーツコラム「年中夢求」第4回]の続きを読む

テーマ:みんなに知ってもらいたい - ジャンル:日記

「ある一日」(月刊トレーニングジャーナル掲載)
身体の「声」に耳を傾ける
野元秀樹選手(陸上110mハードル選手)のある一日
N002_035.jpg
 「どこを鍛えればいいかは、こいつが教えてくれるんですよ」
 陸上競技・110メートルハードル選手の野元秀樹(パテックサプライ)は笑いながら自分の太ももを叩く。28歳で迎えるロンドン五輪を次の最高目標に掲げる野元は、誰よりも速く、10台のハードルを越えながら110m先にあるゴールを駆け抜けるために、何をすべきかを四六時中考えている。大まかな練習計画は事前に立てているが、今この瞬間にどこを鍛えたらいいかを、身体のほうからメッセージを発してくることがまれにあるという。鍛えることによって身体の感覚が研ぎ澄まされ、身体の各パーツが今何をすべきかを的確に教えてくれるようになる。彼にとってのトレーニングとは、身体が発する声に耳を傾けながら、自分と対話し、試合に向けて最高の総合力と状態をつくり上げていく作業なのだ。


フラワー薬局提供
鹿児島初、ハードタイプの酸素カプセルが体験できます。詳しくは下をクリック!



[「ある一日」(月刊トレーニングジャーナル掲載)]の続きを読む

テーマ:陸上競技 - ジャンル:スポーツ

ベースボールコラム「球道夢限」第7回
球道夢限第7回―「コメントがなかったことが悔しかった」
DSC_0397_035.jpg
 ふとしたついでに鹿児島実のグラウンドに立ち寄った。日付は8月7日のお昼過ぎ。夏の県予選が終わって17日後、第91回全国高校野球選手権大会開幕の前日。当たり前の話だが、甲子園に出場する樟南以外は県内の全チームが1、2年生の新チームに移行し、秋の県大会、さらには来春のセンバツに向けて始動している。鹿実もトップチームはその日の午前に遠征に出発し、地元では居残り組が練習をちょうど終える頃だった。
[ベースボールコラム「球道夢限」第7回]の続きを読む

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

2009 HOOP FEST in Kagosima
現役NBAコーチが来鹿
指導者を対象にコーチングクリニック

DSC_0399_035.jpg
 「2009 HOOP FEST in Kagosima」が7月24日、薩摩川内市のサンアリーナ川内であった。NBAのロサンゼルスレイカーズでアシスタントコーチを務めるジム・クレメンス氏=写真中央=、スキルトレーナーのジェイソン・ライト氏=写真右端=を招き、県内の指導者を対象にコーチングクリニック、小学生を対象にしたバスケット塾などが開催された。
[2009 HOOP FEST in Kagosima]の続きを読む

テーマ:バスケットボール(日本) - ジャンル:スポーツ