鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
JBL2・2009-2010第8週
レノヴァ、連勝逃す!
【レノヴァ鹿児島―石川ブルースパークス】懸命のディフェンスから、オフェンスのチャンスをうかがうレノヴァ
091128R004_025.jpg

 日本バスケットボール2部(JBL2)2009-2010第8週は11月28日、各地で開催され、レノヴァ鹿児島は石川ブルースパークスに82―89で惜敗し、前週に続く連勝を逃した。
 リーグ戦も2巡目に入り、今季の開幕戦と同一カードをホームで迎えて、連勝を目指した。立ち上がりからクリス・ブラウンの連続ブロックなど厳しいディフェンスで石川を封じ、優位に試合を進めていた。第2ピリオドには課題だった3ポイントが続けて決まるなど、オフェンスも機能し、リーグ3位の石川を圧倒するかと思われたが、第3ピリオド以降、集中力の切れたわずかな時間帯で盛り返されて逆転負けだった。
 第8週を終えてレノヴァは1勝7敗でリーグ8チーム中7位。第9週は12月6日にあり、レノヴァは愛知・アイシンAW体育館で豊田通商と対戦する。

◇JBL2第8週(28日・県体育館)
レノヴァ鹿児島 82(23-17、29-28、20-26、10-18)89 石川ブルースパークス
[JBL2・2009-2010第8週]の続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:バスケットボール - ジャンル:スポーツ

ビッグバン通信・第6号
レベルの高いチームを作るぞ!
~「カラオケボックス」がつなぐ「スポーツ」の縁

Image215.jpg

店員日誌 2009年11月27日
 午前0時を回った頃でした。野球のユニホーム姿のお客さん=写真=がやってきました。カラオケボックスでユニホーム姿を見かけたのがうれしくてつい声を掛けてみました。
 正確には「Cockscomb」(コックスコーム)というソフトボールチームでした。何でもきょうは今年最後の練習試合の後で、打ち上げで飲んだ後、カラオケに行きたくなって来店されたのだそうです。


 久々のビッグバン通信です。管理人・つかさは先週から毎週金曜日、陸上クラブの練習が終わった後、店員として働くことにしました。店員の目から眺めた人間模様、悲喜こもごもを折に触れて書いてみたいと思います。
[ビッグバン通信・第6号]の続きを読む

テーマ:なんとなく書きたいこと。。 - ジャンル:日記

「1球」の重みを伝えて―沖縄尚学・比嘉監督
「縁」「めぐり合わせ」に賭ける
沖縄尚学・比嘉公也監督


 かつて自分が選手として優勝旗を手にしたセンバツに、9年後、今度は母校の指導者として戻ってくる。
 そんな「幸運」を手にした男がいる。沖縄尚学・比嘉公也監督。1999年春の第71回大会、沖縄勢初の全国制覇を成し遂げたチームで、エース番号を背負っていた。2006年6月に監督に就任し、2年目の秋、沖縄を制し、九州大会は準優勝に輝いた。「黄色いグローブをしていたのがカッコいいなぁと思ってました」(西銘生悟主将)「PL学園戦で最後に三振を取ったシーンは今でも覚えています」(エース東浜巨)…部員たちは小学生の頃、センバツで活躍する尚学に胸躍らされた世代だ。26歳の青年監督に率いられた沖縄尚学の新たなる挑戦が始まる。


 ※「ホームラン」(廣済堂出版)の「第80回センバツ大会総合展望2008」に掲載された沖縄尚学・比嘉監督について書いた記事を加筆してお届けします。この特集の後のセンバツ甲子園大会で沖縄尚学は見事優勝しました。
[「1球」の重みを伝えて―沖縄尚学・比嘉監督]の続きを読む

テーマ:社会人野球、大学野球 - ジャンル:スポーツ

JBL2・2009-2010第7週
レノヴァ、今季初勝利!
【レノヴァ鹿児島―ビッグブルー東京】第4ピリオド、レノヴァはエース中園=39=が3ポイントを決め、バスケットカウントワンスローをものにし68―58と10点差にする
091123R008_025.jpg

 日本バスケットボール2部(JBL2)2009-2010第7週は11月23日、各地で開催され、レノヴァ鹿児島はビッグブルー東京を78―68で下し、今季初勝利を挙げた。
 前日の川内に続き、鹿児島市の県体育館でのホームゲームだった。レノヴァは先手を取り、粘りのディフェンスでリズムを作ると、エース中園隆一郎、クリス・ブラウンらの攻守に渡る活躍などで、きん差ながらリードしてゲームを進めた。第4ピリオドまで中々引き離せない展開が続いたが、後半には課題だった3ポイントも決まりだし、第4ピリオドにようやく爆発して10点差をつけた。
 第7週を終えてレノヴァは1勝6敗でリーグ8チーム中7位。第8週は28日にあり、レノヴァは県体育館で石川ブルースパークスと対戦する。

◇JBL2第6週(22日・サンアリーナせんだい)
レノヴァ鹿児島 63(21-14、14-22、9-16、19-27)79 日立電線
◇JBL2第7週(23日・県体育館)
レノヴァ鹿児島 78(14-12、14-13、29-29、21-14)68 ビッグブルー東京

[JBL2・2009-2010第7週]の続きを読む
09高校サッカー選手権鹿児島予選第4日(速報)
決勝は神村VS松陽
松陽、鹿実を下す!
【準決勝・鹿児島実―松陽】後半33分、先制ゴールを決めた本坊=写真⑥=のもとに駆け寄る松陽イレブン
091121サッカー005

【準決勝・神村学園―鹿児島中央】後半14分、神村の黄がハットトリックを決める
091121サッカー002

 第88回全国高校サッカー選手権鹿児島県大会第4日は11月21日、鹿児島市の県立鴨池陸上競技場で準決勝2試合があり神村学園と松陽が決勝に勝ち進んだ。
 松陽は粘りのディフェンスでリズムを作り、後半33分に途中出場の本坊洸樹が先制ゴールを決め、試合終了間際にも坂元一都がダメ押し点を挙げて鹿児島実を2―1で下した。第1シード神村学園は持ち味の攻撃サッカーを随所に発揮し、黄順旻のハットトリックなど4得点を挙げて鹿児島中央に完封勝ちだった。
 最終日は23日、同会場で神村学園―松陽の決勝がある。午後2時4分キックオフ。なお決勝戦の模様はKTY鹿児島読売テレビで生中継される。

◇準決勝①
神村学園  4(2―0、2―0)0 鹿児島中央
・得点者 【神】黄3(補・福野、大山、小谷)、福野(補・黄)
◇準決勝②
松   陽 2(0―0、2―1)1 鹿児島実
・得点者 【松】本坊(補・坂元)坂元(補・仮屋)【鹿】迫屋(補・重信)

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

09高校サッカー選手権鹿児島予選第3日
鹿中央、鹿城西を下す!
準決勝は神村VS鹿中央、鹿実VS松陽
【準々決勝・鹿児島中央―鹿児島城西】後半、GK川下を中心に懸命にゴールを守る鹿中央イレブン
091119中央001_025

 第88回全国高校サッカー選手権鹿児島県大会第3日は11月19日、南さつま市の人工芝サッカー場で準々決勝4試合があった。
 鹿児島中央は前回覇者の鹿児島城西を2―1で下した。シード神村学園は6得点の猛攻で武岡台に快勝だった。鹿児島実は前回大会準々決勝で敗れた出水中央に2―1で競り勝った。松陽は3―1で国分を下した。
 第4日は21日、鹿児島市の県立鴨池陸上競技場で神村学園―鹿中央、鹿実―松陽の準決勝2試合がある。

◇準々決勝
神村学園  6(3―0、3―0)0 武 岡 台
鹿児島中央 2(1―1、1―0)1 鹿児島城西
鹿児島実  2(2―1、0―0)1 出水中央
松   陽 3(0―0、3―1)1 国   分
[09高校サッカー選手権鹿児島予選第3日]の続きを読む

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

ひと紀行「夢念夢想」第1回
陸上一筋の人生―田邉正敏さん
P1050230_025.jpg
(写真提供・太田敬介さん)

 長らく鹿児島県の陸上界で公認スターターの主任をされていた田邉正敏さんが亡くなったのは2009年9月23日のこと。それほど深い付き合いがあるわけではなかったのに、いつの頃からか、陸上の大会で顔を合わせるたびに優しい笑顔で接してくださったことが思い出される。一度は「スターター」や「陸上」について、その深遠なる世界を聞いてみたいと思っていたのにかなわなかった。今さらどうしようもないことなのだが、せめて生前の田邉さんを知るゆかりの人に話を聞いて、何かを書き残したい衝動に駆られた。
[ひと紀行「夢念夢想」第1回]の続きを読む

テーマ:陸上競技 - ジャンル:スポーツ

風をつかまえた少女―最終章
「陸上」は終わらない―インターハイを終えて
8月5日022_025

 インターハイが終わって4日後、上村真弓と話をした。

 「自分がインターハイに出られるなんて、正直考えていませんでした」。

 これは間違いなく、彼女の本音である。高校2年までの実績、そして、陸上選手として置かれている環境を考えれば、無理もない。04年のシーズンに入るまでは、仮に口で「目標はインターハイ出場です」と言ってみたところで、果たしてそこに至るまでどのような道筋を歩めばいいのか、皆目検討もつかなかった。だが、現実に真弓は日本の高校生で65人にしか与えられなかったインターハイ女子二百メートルのフィールドに立った。

[風をつかまえた少女―最終章]の続きを読む

テーマ:陸上競技 - ジャンル:スポーツ

全国高校ラグビー県予選最終日
鹿実、2年連続花園へ!
09花園予選006_025

 第89回全国高校ラグビー鹿児島県予選最終日は11月15日、鹿児島市の県立鴨池陸上競技場で決勝戦があり、鹿児島実が鹿児島工を24―3で下して、2年連続12回目となる花園出場を勝ち取った。
 前半風下だった鹿実は7分にPGで先制点を許すも、12分に同点に追いつき、25分にはラインアウトからのドライビングモールでLO宇津野雄太が勝ち越しトライ。その3分後にもFL稲荷田和弥が連続トライを奪い、前半でリードを広げた。後半は鹿工の粘りに自陣でディフェンスする時間帯が続いたが、果敢なタックルで決定的なチャンスを与えず、試合終了間際にFB淺井斗頼がダメ押しトライを決めて=写真=勝利を決定付けた。
 優勝した鹿実は全国大会(12月27日―・東大阪市花園ラグビー場)に出場する。

◇決勝
鹿児島実 24(17―3、7―0)3 鹿児島工

鹿実 2210 1100
   前TGPD後TGPD
鹿工 0010 0000

[全国高校ラグビー県予選最終日]の続きを読む

テーマ:★ラグビー★ - ジャンル:スポーツ

ある一日(月刊「トレーニングジャーナル掲載」)
「きのう」を「きょう」につなげる
―鹿児島実サッカー部のある一日

写真1_025

 全国高校サッカー選手権2度の優勝をはじめ、数々の全国大会で上位の実績がある鹿児島実は、「カジツ」の愛称で親しまれ、全国でも屈指の名門である。これまで、試合を観戦し記事を書いたことは何度もあったが、ふと鹿実サッカー部の公式戦の一日を追いかけてみたら何が見えてくるか、興味がわいた。鹿児島県高校新人サッカー大会準決勝の一日に密着した。

※月刊「トレーニングジャーナル」に書いた鹿実サッカー部の08年2月の新人戦の一日です。まもなく始まる全国高校サッカー選手権県予選を前に蔵出しします。

フラワー薬局、カラオケBig Bang提供
鹿児島初、ハードタイプの酸素カプセルが体験できます。詳しくは下をクリック!





[ある一日(月刊「トレーニングジャーナル掲載」)]の続きを読む

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

風をつかまえた少女―第10章―
腰痛との闘い―インターハイ女子二百メートル
20040824103107.jpg

 上村真弓は、スプリンターとして大きな成長を遂げ、県総体、南九州大会を突破してインターハイ出場を決めた。陸上は8月2―6日に島根県出雲市の県立浜山公園陸上競技場であった。真弓が出場した女子二百メートルは5日に予選、準決勝、決勝の全レースを実施した。予選第6組2レーンの真弓は26秒44で8人中8位。高校生活最初にして最後となったインターハイは、この1本のレースで幕を下ろした。
[風をつかまえた少女―第10章―]の続きを読む

テーマ:陸上競技 - ジャンル:スポーツ

09鹿児島県高校駅伝
鹿実、神村、大会新でV

区間新をマークしたアンカー田山満理のもとに駆け寄る神村学園のメンバーら
09県駅伝005_025

区間新をマークした1区・市田孝から双子の弟・宏へたすきが渡る

09県駅伝009_025

 第60回男子・第23回女子鹿児島県高校駅伝大会は11月6日、指宿市の市営陸上競技場を発着点とする男子7区間42・195キロ、女子5区間21・0975キロで熱戦が繰り広げられた。男子は鹿児島実が1区・市田孝が29分29秒の大会新記録で独走状態を作ると、全員が区間賞の走りで2時間6分36秒の大会新記録で12年連続41回目の都大路への切符を手にした。2位は鹿児島城西、3位は鹿児島商だった。女子は神村学園が4区・柴田彩香、アンカー田山満理が区間新をマークするなど5人全員が区間記録に迫るハイレベルな走りで、1時間8分29秒の大会新記録で大会14連覇、17回目の都大路を勝ち取った。2位は鳳凰、3位は鹿児島女だった。今大会から前回大会より最もタイムを縮めたチームに躍進賞があり、男子は鳳凰が10分0秒、女子は鶴翔が6分5秒の躍進タイムで初受賞となった。
 男女とも優勝校が全国大会(12月20日・京都)、3位までが九州大会(11月22日・宮崎)に出場する。
[09鹿児島県高校駅伝]の続きを読む

テーマ:陸上競技 - ジャンル:スポーツ

離島からの挑戦
離島からの挑戦―八重山商工物語
八重山-大濠029_025

 「意識を高く持ち続けていれば夢がかなうということを示せてよかったです」。
 2005年秋の九州大会初戦で福大大濠(福岡)にコールド勝ちし、伊志嶺吉盛監督は、短く剃りあげた頭を輝かせ、力強く語った。沖縄の離島勢として初の九州大会出場を果たし、地元の声援の後押しにも乗って快進撃を続け、決勝まで勝ち進んだ。翌年春には悲願のセンバツ大会出場を果たし、春夏連続の甲子園を勝ち取った。悲願をつかんだ子供たちが小学生の頃から見守ってきた伊志嶺監督の情熱、「八重山から甲子園に」という島の人たちの想い、そして選手たちの野球に賭ける熱き魂がひとつとなって、夢を実現させた。


※前回の「球道夢限」で沖縄野球について触れましたので、かつて筆者が雑誌「ホームラン」で沖縄野球について書いた記事を加筆・訂正して蔵出しします。

フラワー薬局、カラオケBig Bang提供
鹿児島初、ハードタイプの酸素カプセルが体験できます。詳しくは下をクリック!





[離島からの挑戦]の続きを読む

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

ベースボールコラム「球道夢限」第11回
ハンディーが力に変わるとき―沖縄高校野球から学ぶこと
嘉手納・山城3_025

 今秋、宮崎であった九州高校野球は嘉手納と興南、沖縄勢2校がベスト4に勝ち上がった。沖縄大会優勝の興南は準決勝で惜敗したが、準優勝の嘉手納は決勝に勝ち進み、地元・宮崎工を下して初優勝を勝ち取った。本土から遠く離れた沖縄のチームが、なぜここまで強くなったのか。いろいろな要素があるが、私は、大きなハンディーを克服しようと必死になったときに生み出す力は、無限の可能性を秘めているということを、沖縄が示したと考えている。
[ベースボールコラム「球道夢限」第11回]の続きを読む

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

風をつかまえた少女―第9章―
第9章 短冊に込めた願い―南九州大会女子二百メートル
20040822210719.jpg

 最終日の6月20日は、いよいよ台風6号が接近して、競技開始時刻が全て30分早められた。上村真弓のインターハイへ、最後の関門となる女子二百メートル決勝は午前10時20分がスタートである。

 レース前の朝、ちょっとしたハプニングがあった。
 「上村さん、携帯なくしちゃったらしいんです。太田さんに連絡とりたいので、携帯を貸していただけませんか?」。鶴丸陸上部の美坂里徳が競技場入りしたばかりの筆者のもとにやってきた。大一番を前に普通の心理状態でいられない様子がうかがえる。緊張が極限にまで達したからか。今さらアドバイスを受けたところで何が変わるわけでもないが、頼れる指導者の声を聞いて安心したかったのだろう。しかし、筆者は競技場からアップ場まで携帯を届けに向かう間、「これで余計なプレッシャーが吹っ飛ぶから、かえっていいのでは」と思った。
[風をつかまえた少女―第9章―]の続きを読む

テーマ:陸上競技 - ジャンル:スポーツ