鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
球秋2011第6日
枕崎、南薩対決に完封勝ち!
シード加治木は辛勝

110929鹿工10点目1_035
【2回戦・鹿児島工―奄美】4回表鹿工一死一三塁、右越え3ランを放った3番安樂=鴨池市民

 第129回九州地区高校野球大会鹿児島県予選第6日は9月29日、鹿児島市の県立鴨池、鴨池市民、姶良市の姶良球場の3球場で2回戦8試合があった。
 枕崎は川辺との南薩対決に1-0の完封勝ち。加世田―加治木戦は終盤まで両チーム無得点の投手戦だったが八回に2点を挙げたシード加治木が加世田の反撃を振り切った。出水も接戦を制し、鹿児島第一、鹿児島工、樟南、川内はコールド勝ち。種子島は九回に突き離して3回戦進出を決めた。
 第7日は30日、3球場で3回戦8試合がある。


◇29日の結果
・2回戦(県立鴨池)
加 治 木 2-1 加 世 田
鹿児島第一 13-0 伊佐農林(5回コールド)
枕   崎 1-0 川   辺

・2回戦(鴨池市民)
出   水 3-2 岩   川
鹿児島工  19-0 奄   美(5回コールド)
樟   南 10-0 川薩清修館(5回コールド)

・2回戦(姶良)
川   内 12-1 鹿児島中央(5回コールド)
種 子 島 14-5 串 良 商

◇30日の試合
・3回戦(県立鴨池)
9:00 吹   上―大   口
11:00 喜   界―松   陽
13:00 加治木工 ―鹿児島情報

・3回戦(鴨池市民)
9:00 鹿児島玉龍―川内商工
11:00 出 水 商―池   田
13:00 鹿児島東 ―神村学園

・3回戦(姶良)
10:00 指 宿 商―有   明
12:00 尚 志 館―志 布 志
[球秋2011第6日]の続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

球秋2011第5日
武岡台、シード鹿屋に競り勝つ!
鹿水産はサヨナラ勝ち

110928古仁屋4点目_035
【2回戦・古仁屋―鶴翔】7回表古仁屋二死一二塁、永山の左翼線二塁打で二走・龍元が生還、4―3と勝ち越す=県立鴨池

 第129回九州地区高校野球大会鹿児島県予選第5日は9月28日、鹿児島市の県立鴨池、鴨池市民、姶良市の姶良球場の3球場で2回戦9試合があった。
 武岡台はシード鹿屋の追い上げを振り切って1点差で競り勝った。鹿児島水産は九回裏土壇場で逆転サヨナラ勝ち。薩南工は串木野との南薩対決を延長戦で制した。シード神村学園、鹿児島実は順当に勝ち上がり、鹿児島城西はコールド勝ち。このほか古仁屋、鹿児島南、鹿児島も3回戦に駒を進めた。
 第6日は29日、3球場で2回戦8試合がある。


◇28日の結果
・2回戦(県立鴨池)
神村学園  6-0 薩摩中央
薩 南 工 5-4 串 木 野(延長10回)
古 仁 屋 6-4 鶴   翔

・2回戦(鴨池市民)
鹿児島実  10-5 樟 南 二
鹿児島城西 11-1 錦 江 湾(5回コールド)
鹿児島南  6-2 甲   南

・2回戦(姶良)
鹿 児 島 9-3 鹿 屋 工
鹿児島水産 5-4 蒲   生
武 岡 台 3-2 鹿   屋

◇29日の試合
・2回戦(県立鴨池)
9:00 加 世 田―加 治 木
11:00 鹿児島第一―伊佐農林
13:00 川   辺―枕   崎

・2回戦(鴨池市民)
9:00 岩   川―出   水
11:00 鹿児島工 ―奄   美
13:00 樟   南―川薩清修館

・2回戦(姶良)
10:00 鹿児島中央―川   内
12:00 種 子 島―串 良 商
[球秋2011第5日]の続きを読む

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

球秋2011第4日
喜界、延長11回サヨナラ!
松陽、出水商はシードに1点差勝利

110927喜界サヨナラ_035
 第129回九州地区高校野球大会鹿児島県予選第4日は9月27日、鹿児島市の県立鴨池、鴨池市民、姶良市の姶良球場の3球場で2回戦9試合があった。
 喜界は延長十一回サヨナラ勝ち。松陽は6点差を跳ね返してシードれいめいに1点差で競り勝った。出水商は八回に勝ち越してシード徳之島に3―2で勝利した。鹿児島情報、鹿児島東も1点差ゲームをものにし、加治木工、志布志はコールド勝ち。池田、尚志館も3回戦に勝ち上がった。
 第5日は28日、3球場で2回戦9試合がある。


◇27日の結果
・2回戦(県立鴨池)
喜   界 6-5 鶴   丸(延長11回)
池   田 7-2 国   分
加治木工  8-0 出 水 工(8回コールド)

・2回戦(鴨池市民)
松   陽 7-6 れいめい
尚 志 館 14-2 志 学 館
鹿児島情報 3-2 指   宿

・2回戦(姶良)
出 水 商 3-2 徳 之 島
志 布 志 11-1 鹿児島高専(5回コールド)
鹿児島東  2-1 沖永良部

◇28日の試合
・2回戦(県立鴨池)
9:00 薩摩中央 ―神村学園
11:00 薩 南 工―串 木 野
13:00 古 仁 屋―鶴   翔

・2回戦(鴨池市民)
9:00 樟 南 二―鹿児島実
11:00 鹿児島城西―錦 江 湾
13:00 甲   南―鹿児島南

・2回戦(姶良)
9:00 鹿 児 島―鹿 屋 工
11:00 鹿児島水産―蒲   生
13:00 鹿   屋―武 岡 台
[球秋2011第4日]の続きを読む

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

球秋2011第3日
吹上、シード鹿商下す!
110926指宿商5点目_035
【2回戦・指宿商―大島】7回裏指宿商二死二塁、4番紺屋が中前適時打を放ち、5―4と勝ち越す=鴨池市民

 第129回九州地区高校野球大会鹿児島県予選第3日は9月26日、鹿児島市の県立鴨池、鴨池市民、姶良市の姶良球場の3球場で1回戦3試合、2回戦6試合の9試合があった。
 吹上はシード鹿児島商に逆転勝ち。鹿児島玉龍は1―0で鹿屋中央を下し、2回戦屈指の好カードをものにした。指宿商は4点差を逆転勝ちし、大口はサヨナラ勝ち、伊佐農林は延長戦を制した。川内商工、鹿児島工、有明はコールド勝ちで、川薩清修館は接戦をものにして3回戦に勝ち上がった。
 第4日は27日、3球場で2回戦9試合がある。


◇26日の結果
・1回戦(県立鴨池)
伊佐農林  8-7 ラ・サール(延長12回)
・2回戦
吹   上 4-1 鹿児島商
川内商工  10-0 修 学 館(5回コールド)

・1回戦(鴨池市民)
鹿児島工  10-0 末   吉(5回コールド)
・2回戦
大   口 3-2 鹿 屋 農
指 宿 商 6-4 大   島

・1回戦(姶良)
川薩清修館 7-5 隼 人 工
・2回戦
鹿児島玉龍 1-0 鹿屋中央
有   明 11-1 国分中央(7回コールド)

◇27日の試合
・2回戦(県立鴨池)
9:00 喜   界―鶴   丸
11:00 池   田―国   分
13:00 加治木工 ―出 水 工

・2回戦(鴨池市民)
9:00 松   陽―れいめい
11:00 尚 志 館―志 学 館
13:00 鹿児島情報―指   宿

・2回戦(姶良)
9:00 徳 之 島―出 水 商
11:00 志 布 志―鹿児島高専
13:00 鹿児島東 ―沖永良部
[球秋2011第3日]の続きを読む

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

球秋2011第2日
鹿城西、完封勝ち
明桜館、猛追及ばず

110925武岡台4点目_035
【1回戦・武岡台―屋久島】3回表武岡台二死二塁、酒匂が中越え二塁打を放ち、4―1とする=県立鴨池

 第129回九州地区高校野球大会鹿児島県予選第2日は9月25日、鹿児島市の県立鴨池、鴨池市民、姶良市の姶良球場の3球場で1回戦8試合があった。
 鹿児島城西は出水中央に完封勝ち。志布志は終盤の明桜館の猛追を振り切って競り勝った。武岡台、加世田、薩摩中央はコールド勝ちし、樟南二は大島北との奄美対決を制した。っこのほか出水工、蒲生が2回戦に勝ち進んだ。
 第3日は26日、3球場で1回戦3試合と2回戦6試合の9試合がある。


◇25日の結果
・1回戦(県立鴨池)
志 布 志 5―3 明 桜 館
樟 南 二 9―2 大 島 北
武 岡 台 12―2 屋 久 島(7回コールド)

・1回戦(鴨池市民)
出 水 工 4―1 市来農芸
蒲   生 6―3 霧   島
加 世 田 27―0 加世田常潤

・1回戦(姶良)
薩摩中央  5―0 南 大 隅(5回コールド)
鹿児島城西 2―0 出水中央

◇26日の試合
・1回戦(県立鴨池)
9:00 ラ・サール―伊佐農林
・2回戦
11:00 鹿児島商 ―吹   上
13:00 修 学 館―川内商工

・1回戦(鴨池市民)
9:00 末   吉―鹿児島工
・2回戦
11:00 鹿 屋 農―大   口
13:00 指 宿 商―大   島

・1回戦(姶良)
9:00 川薩清修館―隼 人 工
・2回戦
11:00 鹿屋中央 ―鹿児島玉龍
13:00 国分中央 ―有   明
[球秋2011第2日]の続きを読む

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

球秋2011第1日
吹上、7点差跳ね返す
0924選手宣誓_035
 第129回九州地区高校野球大会鹿児島県予選は9月24日、鹿児島市の県立鴨池球場で開会式があり、秋の九州大会を目指す熱戦が幕開けた。
 大会は10月8日まで(※雨天順延)、県立、鴨池市民、姶良市の姶良球場の3球場であり、決勝進出の上位2校が九州大会(10月22―27日・大分)に出場する。開会式では出場79校中63校が入場行進。指宿商の鮫島聖斗主将=写真=が「日々野球ができる喜びをかみしめ、今できる精一杯のプレーをします」と選手宣誓した。
 大会初日は県立、市民の両球場で1回戦4試合があり、吹上は七回まで1―8のあわやコールド試合をひっくり返し、延長十回でサヨナラ勝ちした。出水商は完封勝ちし、大島、松陽が勝ち上がった。
 第2日は25日、3球場で1回戦8試合がある。


◇24日の結果
・1回戦(県立鴨池)
吹   上 9―8 種子島中央(延長10回)
松   陽 11―7 伊 集 院

・1回戦(鴨池市民)
大   島 12―1 福   山(5回コールド)
出 水 商 5―0 頴   娃

◇25日の試合
・1回戦(県立鴨池)
9:00 志 布 志―明 桜 館
11:00 樟 南 二―大 島 北
13:00 武 岡 台―屋 久 島

・1回戦(鴨池市民)
9:00 市来農芸 ―出 水 工
11:00 蒲   生―霧   島
13:00 加 世 田―加世田常潤

・1回戦(姶良)
10:00 南 大 隅―薩摩中央
12:00 鹿児島城西―出水中央
[球秋2011第1日]の続きを読む

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

第65回県民体育大会(奄美新聞掲載)
※9月17、18日の両日、鹿児島市内を中心に開催された第65回県民体育大会。管理人が奄美新聞に掲載した記事です。

逆転勝利で決勝Tへ
サッカー

県体サッカー1点目_035

県体サッカー3点目_035

 サッカーの大島は川辺戦2―1、出水戦3―2と、いずれも1点差ゲームをものにして決勝トーナメントに勝ち上がった。中でも出水戦は2点のビハインドをひっくり返しての劇的な逆転勝利だった。
 攻撃サッカーが持ち味の大島だが出水戦は、立ち上がり8分で2失点を喫し、苦境に立たされた。
 流れを変えたのはチームリーダー岩崎祐太の頭=写真上=だった。前半終了間際、右サイドを突破した牧畑のクロスを頭で合わせて叩き込む。「後ろから走れ、走れと言われていたので、思い切り走って飛び込んだら入ったのでびっくりしました」と岩崎。本来はDFやボランチが専門だが、「前へ出る気持ちの強さ」を買った碇山伸一監督の起用に応えた。リズムをつかんだ後半は、9分に牧が同点ゴールを決め、その3分後にエースストライカー里が勝ち越しゴールを奪い=写真下=、終始攻勢で試合を進められた。
 チームは郡体優勝の龍郷クラブを主体に与論、奄美などからの選抜チームを組んだ。なかなか練習の機会もないが「1回飲めばお互いのことはよく分かる」(碇山監督)とチームワークに不安はない。「きょうは決めるべきシュートを外すシーンが何回かあって、自分たちで苦しくしていた。あれを決められればもっと楽に勝てるはず」と碇山監督はまだまだチームの潜在力に期待する。決勝トーナメント初戦の相手は大会2連覇中の熊毛。「思い切りぶつかるだけです」と指揮官は淡々と意気込みを語っていた。

[第65回県民体育大会(奄美新聞掲載)]の続きを読む
11県高校新人陸上最終日
川内、女子マイルを制す
橋元(川薩清修館)、3種目で大会新

110917女子マイル2_035

110917男子200―1_035

 第55回鹿児島県高校新人陸上大会最終日は9月17日、鹿児島市の県立鴨池陸上競技場であった。
 女子千六百リレーは川内、出水、鹿児島女が最後までデッドヒートを繰り広げ、川内=写真上=が競り勝った。男子二百は橋元晃志(川薩清修館)=写真下=が21秒16の大会新記録をマーク。百、四百リレーと合わせて3種目で大会新記録を打ち立てた。女子二百では本村優華(川薩清修館)が24秒94で7年ぶりに大会記録を塗り替えた。男子百十障害の山本泰暉(鹿児島玉龍)は、15秒38の大会新記録で四百障害と合わせて2冠だった。
 各種目の3位まで(※男女混成は2位まで)が九州大会(10月14―16・大分)に出場する。
[11県高校新人陸上最終日]の続きを読む

テーマ:陸上競技 - ジャンル:スポーツ

11県高校新人陸上第2日
橋元(川薩清修館)が大会新・男子百
110916陸上原永_035

 第55回鹿児島県高校新人陸上大会第2日は9月16日、鹿児島市の県立鴨池陸上競技場であった。
 男子百は橋元晃志(川薩清修館)=写真左=が10秒60を出し、2年連続の大会新記録を塗り替えた。女子百は本村優華が12秒27で制し、男女とも川薩清修館勢が優勝した。女子走り幅跳は末永成美(鹿児島女)が5㍍67で頂点に。男子五千㍍は1年生の坂本大志(鶴翔)が優勝を勝ち取った。
 最終日は17日、同競技場である。各種目の3位まで(※男女混成は2位まで)が九州大会(10月14―16・大分)に出場する。
[11県高校新人陸上第2日]の続きを読む

テーマ:陸上競技 - ジャンル:スポーツ

11県高校新人陸上第1日
川薩清修館、予選で大会新・男子四継
110915新人陸上011_035

 第55回鹿児島県高校新人陸上大会第1日は9月15日、鹿児島市の県立鴨池陸上競技場であった。
 男子四百リレーは川薩清修館(松井、橋元、原永、本田)=写真=が予選で42秒24の大会新記録を樹立し、決勝でも2位以下を大きく引き離して制した。女子千五百は1年生の高木結加(鶴翔)が大会記録に0・03秒迫る4分31秒76の好記録で優勝した。男子四百は翁玲央乃(伊集院)が、女子同は前原まどか(出水)がそれぞれ頂点に立った。
 第2日は16日、同競技場である。今大会の各種目3位まで(※男女混成競技は2位まで)が九州大会(10月14―16日・大分)に出場する。
[11県高校新人陸上第1日]の続きを読む

テーマ:陸上競技 - ジャンル:スポーツ

チャレンジ国体2011
成年男子、bj秋田に挑む
110911チャレンジ1_035

110911チャレンジ7_035

 バスケットボールの山口国体に向けた壮行試合「チャレンジ国体2011」が11日、鹿児島市の県体育館であった。
 10月2日からの山口国体に出場する少年女子選抜が熊本選抜と対戦し、62―93で敗れた。少年女子選抜は国体で島根と初戦を戦う。またレノヴァ鹿児島を中心とする成年男子選抜は、bjリーグ所属の秋田ノーザンハピネッツと対戦した。鹿児島でbjのチームが試合をするのは初めて。66―94で敗れたが、外国人選手を豊富に擁する格上のチームを相手に運動量豊富な守備で食らいつき、第3ピリオド途中まで1桁差で粘るなど白熱した好ゲームを繰り広げた。今季から秋田を率いる中村和雄監督=写真下・右=は、bjの浜松・東三河フェニックスを率いて2年連続日本一を成し遂げた名将。「震災があって、自分も何か東北に手伝えないか」と故郷・秋田に戻った。日本リーグ時代にOSGフェニックスを率いて鹿児島を準ホームタウンに活動していたこともあり、鹿児島のバスケット界とも縁が深い。3年ぶりに鹿児島のチームと対戦して「鮫島監督の下で、攻守にまとまった良いチームができていたのが見られてうれしかった」と感想を話していた。
[チャレンジ国体2011]の続きを読む

テーマ:バスケットボール - ジャンル:スポーツ

球秋2011、組み合わせ抽選会
出場79校の組み合わせ決まる
神村中心にV争い


 第129回九州地区高校野球大会鹿児島県予選の組み合わせ抽選会が11日、鹿児島市の鶴丸高校文化館であり、出場79校の対戦カードが決まった。
 大会は9月24日―10月8日(※雨天順延)まで、鹿児島市の県立鴨池、鴨池市民、姶良市の姶良運動公園野球場の3会場であり、上位2チームが九州大会(10月22―27日・大分)に出場する。開会式は24日午前9時から県立球場であり、指宿商の鮫島聖斗主将が選手宣誓をする。
[球秋2011、組み合わせ抽選会]の続きを読む

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

HTLV-Ⅰ対策会議(奄美新聞掲載)
ATL、HAM対策などについて協議
110909HTLV会議_035
 県のHTLV―Ⅰ対策協議会が9日、鹿児島市の県庁であった。HTLV―Ⅰ(ヒトTリンパ向性ウイルスⅠ型)とは、ATL(成人T細胞白血病)やHAM(HTLV―Ⅰ関連脊髄症)などの原因となる病原性ウイルス。協議会には医療関係者、学識経験者、患者団体代表ら12人が参加し、県のこれまでの取り組みや、今後のALT、HAM対策などについて話し合った。
[HTLV-Ⅰ対策会議(奄美新聞掲載)]の続きを読む

テーマ:医療・健康 - ジャンル:ニュース

ふるさと祭り(奄美新聞掲載)
奄美の魅力を一堂に凝縮
かごしまふるさと祭り

ふるさと祭り1_035

 県の特産品が一堂に会した第3回「かごしまふるさと祭り」が6日、鹿児島市の山形屋で始まった。鹿児島の特産品の良さを多くの人に知ってもらおうと県と県特産品協会が主催しており、県内23の市町村から76店が焼酎やさつま揚げ、伝統工芸品などを出店した。今回は奄美群島が特集地域ということで奄美から27社が出店し、奄美の魅力をPRしていた。奄美群島広域事務組合の堀田哲也・観光物産係長は「多くの人に奄美の良さを知ってもらって、奄美に足を運んでもらうきっかけになってくれれば」と張り切っている。
[ふるさと祭り(奄美新聞掲載)]の続きを読む

テーマ:食に関するニュース - ジャンル:ニュース

きょうの人(奄美新聞掲載)
母校で甲子園目指す
「良い人材を育てたい」

我那覇悟志さん(樟南高校野球部副部長)

110902我那覇さん_035

 「母校でまた甲子園に行きたい」。大学卒業後3年間の「充電期間」を経て、昨年4月に母校の社会科教諭、野球部副部長になり、夢への扉を開いた。
 少年の頃から、樟南の野球にあこがれていた。枦山智博前監督の存在や個性を生かしてくれそうな指導が自分に合っていると思った。高校時代は3年連続夏の県代表になり、樟南の黄金期だった。自身は2年夏、3年春夏と3度ベンチ入りし、2年夏の日大三戦では3ランを放つなど活躍もしたが、いずれも初戦敗退。「甲子園では1度も校歌を歌っていない」悔しさが大学で野球を続ける原動力になった。

[きょうの人(奄美新聞掲載)]の続きを読む

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

第13回今後の市町村行政のあり方研究会(奄美新聞掲載)
子育て支援、出生率上昇の方策などについて討論
110902あり方研究会_035

 第13回今後の市町村行政の在り方研究会が1日、鹿児島市の県庁であった。研究会は「医療・福祉」「産業振興」「教育・子育て」「地域づくり」の分野別に検討事項を設けて、学識経験者や行政関係者らからなる委員と県当局者で討議し、今後の市町村行政のあり方について考える。今回は教育・子育て分野の「子供を産み育てやすい地域環境づくりについて」をテーマに9人の委員を中心に活発に討論した。
[第13回今後の市町村行政のあり方研究会(奄美新聞掲載)]の続きを読む

テーマ:社会問題 - ジャンル:ニュース