鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
2012年度第3回県陸上記録会
末永(鹿女子)、29年ぶりの県高校新
高校女子走り幅跳び

120429幅跳び新記録_035
 2012年度第3回県陸上記録会は4月29日、鹿児島市の県立鴨池陸上競技場であった。高校女子走り幅跳びで末永成美(鹿児島女)=写真=が6㍍10を跳び、1983年以来29年ぶりとなる県高校記録を更新した。高校男子二百は橋元晃志(川薩清修館)が21秒57で制し、高校男子四百リレーも川薩清修館が41秒34の好タイムで頂点に立った。少年女子B八百は倉岡奈々(吾平中)が2分14秒92で優勝した。
 第4回大会は5月6日、同競技場である。

[2012年度第3回県陸上記録会]の続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:陸上競技 - ジャンル:スポーツ

第42回県中学春季選抜野球大会第2日(奄美新聞掲載)
亀津、小宿・久志合同、4強ならず!
120429亀津アウト_035
【準々決勝・亀津―喜入】2回表喜入一死三塁、スクイズを仕掛けるも失敗。三走・吉松が三本間に挟まってタッチアウト。捕手・東=県立鴨池

 第42回県中学校春季選抜野球大会第2日は4月29日、鹿児島市の県立鴨池、鴨池市民の両球場で準々決勝、準決勝があった。奄美勢は亀津が喜入と対戦。両チーム無得点のまま促進ルールによる判定戦にもつれたが、0―1で惜敗した。小宿・久志合同も中央に0―4の完封負けで、奄美勢はベスト8で姿を消した。
 最終日は30日、県立球場で決勝がある。


=奄美関係分成績
◇準々決勝②(鴨池市民)
中     央 011 100 1=4
小宿・久志合同 000 000 0=0
(中)齋藤―安樂
(小)朝野―朝井
◇準々決勝②(県立鴨池)
喜 入 000 000 01=1
亀 津 000 000 00=0
※判定8回
(喜)吉松―帖地
(亀)福田―東
・二塁打 吉松(喜)


[第42回県中学春季選抜野球大会第2日(奄美新聞掲載)]の続きを読む

テーマ:中学軟式野球 - ジャンル:スポーツ

鹿実VS薩摩中央―「番狂わせ」の真実・第19回
オレンジのスタンド
120428番狂わせ_035
オレンジ色に染まる薩摩中央の応援席=写真は第130回九州大会県予選準決勝のシーン

 「それまでの試合はなかったのに、準決勝は試合前から涙が止まらなかったんです」

 保護者会長の前園光彦は言う。思えばこの1年間はスタートの食中毒に始まり、なかなか思うような結果を残せなかったチームが、最後の夏で5試合を勝ち抜いて準決勝まで勝ち上がった。まだ戦いは続いているが、親としてはある種の「達成感」を覚えているのも偽らざる心境だった。鹿実の豊住や三塁手の田は「薩摩中央の応援に脅威を感じた」という。実際に三塁側のスタンドにいた応援席の様子はどうだったのか。

[鹿実VS薩摩中央―「番狂わせ」の真実・第19回]の続きを読む

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

第42回県中学春季選抜野球大会第1日(奄美新聞掲載)
小宿・久志合同、県大会初勝利!
亀津もベスト8へ

120428小宿勝利_035
【1回戦・小宿・久志合同―東谷山】最後の打者を三振で打ち取って仲間と喜び合うエース朝野(右から3人目)=県立鴨池

 第42回県中学校春季選抜野球大会第1日は4月28日、鹿児島市の県立鴨池、鴨池市民の両球場で1回戦8試合があった。奄美勢は初出場の小宿・久志合同が、東谷山を2―1で下し、県大会初勝利を手にした。亀津も逆転で育英に勝利し、ベスト8に勝ち残った。
 第2日は29日、両球場で準々決勝、準決勝があり、小宿・久志合同は中央と、亀津は喜入とそれぞれ対戦する。


=奄美関係分成績
◇1回戦(県立鴨池)
小宿・久志合同 000 020 0=2
東  谷  山 000 010 0=1
(小)朝野―朝井
(東)吉國―鮫島
◇1回戦(鴨池市民)
亀 津 000 030 0=3
育英館 010 000 0=1
(亀)福田―東
(育)藤田―上囿
・本塁打 眞形(亀)
・三塁打 重原(亀)

[第42回県中学春季選抜野球大会第1日(奄美新聞掲載)]の続きを読む

テーマ:中学軟式野球 - ジャンル:スポーツ

第130回九州地区高校野球大会最終日
神村V2!
鹿児島勢4季連続で九州制覇

120427神村優勝_035
 第130回九州地区高校野球大会最終日は4月27日、佐賀市のみどりの森県球場で熊本工―神村学園の決勝があり、神村学園が3―0の完封勝ちで2季連続2回目の九州制覇を成し遂げた。鹿児島勢の九州大会制覇は一昨年秋と昨春を制した鹿児島実に続き、4季連続となった。
 神村学園が投打に勝負強さを発揮した。三回に中野、二河の連続二塁打で先制。四回は古賀、柿澤、平藪、中軸の3連打で2点目、五回は田中の右翼線三塁打で3点目と好機を着実にものにして序盤の主導権を握った。先発の左腕・平藪=写真右=は緩急を巧みに使い分けて狙い球を絞らせなかった。三塁を踏ませず散発3安打に封じ、丁寧に打たせて取る投球が最後まで崩れなかった。


◇決勝
神村学園 001 110 000=3
熊本工  000 000 000=0
(神)平藪―中野
(熊)増田―寺岡
・三塁打 田中(神) ・二塁打 中野、二河(神) ・試合時間 1時間39分

[第130回九州地区高校野球大会最終日]の続きを読む

テーマ:野球 - ジャンル:スポーツ

第130回九州地区高校野球第5日
神村、サヨナラ!
2季連続の決勝へ!

120426神村6_035
 第130回九州地区高校野球大会第5日は4月26日、佐賀市のみどりの森県球場で前日順延になった準決勝1試合があり、神村学園が沖縄尚学に2―1で九回サヨナラ勝ち。昨秋に続いて2季連続の決勝進出を決めた。
 神村学園は二回、中野の右前適時打で先制。四回に同点に追いつかれたが、以降はエース柿澤=写真右端=が緩急をうまく使った投球で追加点を許さなかった。内外野の守備も、再三好プレーを連発し柿澤を盛り上げた。打線は三回以降、沖縄尚学の坂、山田の好投で要所を締められ勝ち越し点が挙げられず、1点を争う緊迫した好ゲームとなった。神村は九回、先頭の新納が二塁打で出塁。犠打と満塁策で一死満塁となり、柿澤が右前適時打で試合を決めた。
 最終日は27日、同球場で午前10時から熊本工―神村学園の決勝がある。


◇準決勝
沖縄尚学 000 100 000=1
神村学園 010 000 001=2
(沖)坂、山田―上原
(神)柿澤―中野
・二塁打 柴引(沖)新納2(神) ・試合時間 1時間56分

[第130回九州地区高校野球第5日]の続きを読む

テーマ:野球 - ジャンル:スポーツ

第130回九州地区高校野球第4日
神村VS沖縄尚学、雨で順延
120425神村ベンチ_035
 第130回九州地区高校野球大会第4日は4月25日、佐賀市のみどりの森県球場で準決勝2試合が予定されていたが、第2試合の神村学園―沖縄尚学戦は二回裏終了時点で降雨のためノーゲーム。このため神村―沖縄尚学戦は25日の午後0時からに順延となった。
 第1試合は、熊本工が延長十二回サヨナラ勝ちで自由ケ丘(福岡)を下し、決勝進出を決めた。以後の試合も順延となり、予定通り日程が消化されれば決勝は27日にある。

[第130回九州地区高校野球第4日]の続きを読む

テーマ:野球 - ジャンル:スポーツ

第1回奄美群島の在り方検討委員会(奄美新聞掲載)
「過去の事業の正しい評価を」
振興開発の方向性を提言
奄美群島在り方検討委員会

120424奄美群島あり方検討会_035
 今後の奄美群島振興開発の方向性などについて話し合う「奄美群島の在り方検討委員会」の第1回会合が4月24日、鹿児島市の県庁であった。平田隆義・前奄美市長をはじめとする農業、観光、行政などの専門家ら6人の委員が活発な意見交換を行った

[第1回奄美群島の在り方検討委員会(奄美新聞掲載)]の続きを読む

テーマ:政治・地方自治・選挙 - ジャンル:政治・経済

第130回九州地区高校野球第3日
神村、コールドで準決勝進出

 第130回九州地区高校野球大会第3日は4月23日、佐賀市のみどりの森県営、佐賀市立野球場の両球場で準々決勝4試合があった。神村学園は佐賀北と対戦。8―1の八回コールド勝ちで準決勝進出を決めた。
 24日は休養日。第4日は25日、県営球場で準決勝2試合があり、神村は沖縄尚学と対戦する。


◇準々決勝
佐賀北  000 010 00=1
神村学園 004 000 13=8
(8回コールド)



[第130回九州地区高校野球第3日]の続きを読む

テーマ:野球 - ジャンル:スポーツ

奄美春秋(4月23日付)
奄美新聞
※筆者が奄美新聞に書いたコラムです。

 環境省が、県内の全市長に東日本大震災で発生したがれきの広域処理について説明する会を取材した。受け入れに反対する市民団体らが抗議活動をしていて、会場は緊迫感が漂っていた。説明会の前に、メンバーの女性が会場に入り、参加した市長に直訴状を手渡そうとして、制止する職員らともみあいになり、一時騒然となった。
[奄美春秋(4月23日付)]の続きを読む

テーマ:政治・地方自治・選挙 - ジャンル:政治・経済

2012年度第2回県陸上記録会
原永(川薩清修館)が高校男子百を制す
120422高校女子上原_035

120422一般女子崎向_035
 2012年度第2回県陸上記録会は4月22日、薩摩川内市の総合運動公園陸上競技場であった。高校男子百は原永貴之(川薩清修館・赤木名中卒)が10秒91で優勝した。高校女子千五百では先のアジアクロスカントリーのジュニア女子で優勝した上原美幸(鹿児島女)=写真上=が制した。1周目から首位が目まぐるしく入れ替わった高校男子千五百は吉永竜聖(鹿児島城西)が頂点に立った。女子一般百は崎向真夕(志学館大)=写真下=が12秒03の好タイムで制した。
 第3回大会は29日、鹿児島市の県立鴨池陸上競技場である。

[2012年度第2回県陸上記録会]の続きを読む

テーマ:陸上競技 - ジャンル:スポーツ

パテックサプライACが本格始動!
パテックサプライACが始動!
夢は「鹿児島から世界へ」

120422AC松下_035

120422AC永野_035
 社会人陸上クラブの「パテックサプライ・アスリートクラブ(AC)」がこの4月に発足した。鹿児島市内の中古包装機器メーカー・パテックサプライがメーンスポンサーとなり、現在男女5人の選手が所属している。4月22日の第2回県記録会では一般男子三段跳びに松下貴紀=写真上=、一般女子100㍍に永野麻理=写真下=が出場し「デビュー戦」となった。

[パテックサプライACが本格始動!]の続きを読む

テーマ:陸上競技 - ジャンル:スポーツ

第130回九州地区高校野球第2日
神村、8強へ
鹿城西、鹿商は完封負け


 第130回九州地区高校野球大会は4月21日、佐賀市のみどりの森県営球場で開会式があり、22日までに1、2回戦があった。
 鹿児島勢は、センバツ甲子園出場の神村学園が、2点を追いかける八回に連打で3点を挙げて久留米商(福岡)に逆転勝ちし、8強入りを決めた。鹿児島城西、鹿児島商はいずれも初戦で完封負けだった。
 第3日は23日、県営、佐賀市立野球場の両球場で準々決勝4試合がある。神村学園は佐賀北と対戦する。


◇1回戦
鳥  栖 000 000 300=3
鹿児島商 000 000 000=0

◇2回戦
佐 賀 工 001 000 200=3
鹿児島城西 000 000 000=0

久留米商 200 000 000=2
神村学園 000 000 03×=3

[第130回九州地区高校野球第2日]の続きを読む

テーマ:野球 - ジャンル:スポーツ

鹿実VS薩摩中央―「番狂わせ」の真実・第18回
「裏付け」ができた
120229鹿実1点目1_035
鹿実がスクイズで先制点を取ったことは、ある「裏付け」を薩摩中央に与えた

 二回のチャンスを生かせず、三回表は先頭打者の黒木に、この試合初の長打を浴びた。一死三塁で2番・杉山を迎え、スクイズを決められて先制点を与える。バッテリーは「次が豊住だから(杉山は)打たせてくると思っていた。スクイズはちょっと意外でした」(崎山)。三塁線に転がった打球を、崎山はうまく処理して一塁に投げたが、スタートが一歩遅れた分、打者走者を生かした。先に点を取られる望ましくない展開だったが、薩摩中央にとってはある「裏付け」ができたことで、それ以降が戦いやすくなった場面でもあった。

[鹿実VS薩摩中央―「番狂わせ」の真実・第18回]の続きを読む

テーマ:野球 - ジャンル:スポーツ

第1回奄美群島成長戦略推進懇話会
国や県との「架け橋」に
成長戦略懇話会

120420成長戦略懇話会_035
 第1回奄美群島成長戦略推進懇話会は4月20日、鹿児島市の市町村自治会館であった。志学館大の原口泉教授を座長に各島代表の市・町長、有識者ら16人の委員が先日まとめられた「奄美群島成長戦略ビジョン」の素案について、活発な意見交換を行った。座長の原口教授は「次期奄振なども見据えて国や県と、奄美をつなぐ『架け橋』になる会ができた」と今後の活動に期待を寄せていた。

[第1回奄美群島成長戦略推進懇話会]の続きを読む

テーマ:政治・地方自治・選挙 - ジャンル:政治・経済

「心身一如」への道・第1回
己の心を「客観的」に知る
伊集院・山下雄也投手(3年)の場合

心身一如第1回01_035

 「心と体のコンディショニング 心身一如」

 鹿児島県内を中心に、個人でスポーツトレーナーを営む高司譲の名詞にこんなフレーズがある。野球に限らず、スポーツ選手が持っている能力を最大限に発揮し、最高のパフォーマンスができるためには、心(メンタル)と身体(フィジカル)、両面のコンディショニングが欠かせない。高司は、仏教用語でいう「心身一如」な状態をいかに作り上げるかをテーマにトレーナー活動を行っている。第1回は、公式戦で大事な場面に登板し、力を発揮できずに敗戦投手になってしまった投手の例を取り上げる。(敬称略)


※きょうから始まる新連載です。スポーツトレーナー・高司さんの活動を通じて、スポーツ選手の心と身体の問題についていろんな切り口で定期的に伝えていきます。
[「心身一如」への道・第1回]の続きを読む

テーマ:野球 - ジャンル:スポーツ

震災がれき広域処理に関する説明会(奄美新聞掲載)
「国による安全確保の立証を」朝山市長
市民団体ら抗議活動
環境省が説明会

広域処理_035
 東日本大震災で発生したがれきの広域処理に関して、環境省は4月20日、鹿児島市内のホテルで県内19市長に対する説明会を実施した。懸念される放射性物質について「厳しい基準を設けて、安全なものだけをお願いする」と同省の担当者は説明する一方で、市長からは受け入れに対する慎重な意見が相次いだ。奄美市の朝山毅市長は「まずは国による安全確保の立証を」と訴えていた。会場の外では受け入れに反対する市民団体の抗議活動もあった。

[震災がれき広域処理に関する説明会(奄美新聞掲載)]の続きを読む

テーマ:放射能ニュース - ジャンル:ニュース

鹿実VS薩摩中央―「番狂わせ」の真実・第17回
糸口、見出せず
120302鹿実野田_035
薩摩中央打線は五回まで鹿実・野田から1安打しか打てず、攻略の糸口が見出せなかった

 薩摩中央は、基本的に投手を中心にした守りの野球を信条にしている。だが、勝つためには野田から1点でも、2点でも取らないことには勝機は見出せない。
 準々決勝まで5試合のチーム打率は3割5分。興味深いのは、今大会は低反発球の影響か大会を通じて11本しか本塁打が出ていない中で、うち4本を薩摩中央が放っていた。打率4割の鹿実には及ばないまでも、決して引けを取らないだけの数字は残している。1番から5番まで左打者が並び、スタメン6人が左打者の薩摩中央打線が、鹿実の超高校級左腕・野田をどう攻略するか。しかし、一回から五回までは二回の二死満塁以外はすべて3人で片づけられ、ヒットはわずかに1本。攻略の糸口がなかなか見出せない序盤だった。

[鹿実VS薩摩中央―「番狂わせ」の真実・第17回]の続きを読む

テーマ:野球 - ジャンル:スポーツ

春の高校野球写真特集(奄美新聞掲載)
奄美高校野球史に残る春
樟南二、初のベスト8
徳之島、樟南を撃破

120401徳之島勝利_035

 第130回九州地区高校野球鹿児島県予選(3月24日―4月8日)は、奄美の、中でも徳之島の高校野球史に残る快挙があった大会だった。
 樟南二は、4回戦でシード松陽に劇的な逆転勝利で春、NHK旗、夏、秋の県大会を通じて初のベスト8進出を果たした。準々決勝では鹿児島情報に敗れたが、土壇場で同点に追いつき、延長戦まで粘る健闘ぶりだった。徳之島は3回戦で甲子園常連の名門校・樟南から勝利をもぎ取った。
 奄美のチームでも「やればできる」ことをしめした両校の軌跡を本紙のカメラで振り返る

[春の高校野球写真特集(奄美新聞掲載)]の続きを読む

テーマ:野球 - ジャンル:スポーツ

鹿実VS薩摩中央―「番狂わせ」の真実・第16回
エラーで落ち着く
120415薩摩中央崎山_035
勝利の原動力となった薩摩中央のエース崎山

 先頭の平山の打球は左方向へのライナーの打球。あらかじめライン際にポジションをとっていた左翼手・西之園のグラブに収まるかと思われたが落球。いきなりピンチに立たされた。初回の先頭打者、打線のキーマンを、よりによってミスで出すというヘビーな状況だったが、これで薩摩中央の選手たちは逆に落ち着くことができたという。

[鹿実VS薩摩中央―「番狂わせ」の真実・第16回]の続きを読む

テーマ:野球 - ジャンル:スポーツ

レノヴァトライアウト&ファン感謝デー(フォトニュース)
プロバスケ選手と遊ぼう!=ファン感謝デー
新生レノヴァ戦士、誕生なるか?=トライアウト

120414レノヴァ022_025
 男子プロバスケットボールチームのレノヴァ鹿児島のトライアウト&ファン感謝デーは4月14日、鹿児島市の県体育館であった。トライアウトには7人の選手が参加し、新生レノヴァ戦士の一員となるべく必死で自己アピールをしていた。ファン感謝デーには子供から大人まで約60人のファンが集い、あこがれのプロ選手と楽しい時間を過ごした。トライアウト&ファン感謝デーの一日の「スポかごNEWS」のカメラで再現する。
[レノヴァトライアウト&ファン感謝デー(フォトニュース)]の続きを読む

テーマ:バスケットボール - ジャンル:スポーツ

奄美春秋
奄美新聞
※奄美新聞に筆者が書いたコラムです。

 今年のNHK大河ドラマ「平清盛」が面白い。視聴率はよくないそうだが、個人的にはとても高く評価している。何よりテーマがしっかりしていて共感できる。
[奄美春秋]の続きを読む

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

鹿実VS薩摩中央―「番狂わせ」の真実・第15回
万全のコンディション作り
120411薩摩中央準優勝_035

 準々決勝の試合があったのは日曜日。翌18日は海の日の振替え休日だった。この日は午前中、学校に出てきて軽めの練習をした。雨が降っていたので武道館でストレッチと、バドミントンのシャトルを使って打撃練習をした程度である。「ダラダラすごすのは嫌だったので身体を慣らす程度のことしかしていません」(神村)。この日は準々決勝の残り2試合が組まれていたが、雨で順延になった。当然、神村の頭の中では19日が準々決勝2試合、20日は休養日と2日間空いて21日が試合のつもりで、コンディション作りを考える。ところが翌19日も台風接近で試合が順延になった。

[鹿実VS薩摩中央―「番狂わせ」の真実・第15回]の続きを読む

テーマ:野球 - ジャンル:スポーツ

桜2012
今年の桜写真集~甲突河畔より

 4月9日、県庁に取材に行った帰りに、新屋敷町、武之橋周辺の桜をカメラに収めました。ちょっと趣向を変えて今年の桜を堪能してみてください。

120409桜6_035
桜と、菜の花と、ちょっと桜島
[桜2012]の続きを読む

テーマ:お花見情報 - ジャンル:地域情報

球春2012最終日
鹿城西、25季ぶりV
120408鹿城西優勝1_045
25季ぶりの優勝を勝ち取った鹿児島城西ナイン

 第130回九州地区高校野球鹿児島県予選最終日は4月8日、鹿児島市の県立鴨池球場で決勝があり鹿児島城西が鹿児島商を3―1で下し、25季ぶり3回目の栄冠に輝いた。
 鹿城西、鹿商にセンバツ甲子園に出場した神村学園の3校が九州大会(4月21日―・佐賀)に出場する。


◇決勝(県立鴨池)
鹿児島商  000 000 010=1
鹿児島城西 110 010 00×=3
(商)福永―丸田
(城)中村―恵
・二塁打 中村(城) ・捕逸 商1 ・試合時間 1時間58分 ・球審 萩峯 ・塁審 ①下大薗②中野③今村


詳細な観戦レポートと写真は「高校野球情報ドットコム・鹿児島版」に掲載!

最終日の結果報告はこの文字をクリック!
決勝戦の詳細レポートはこの文字をクリック!
[球春2012最終日]の続きを読む

テーマ:野球 - ジャンル:スポーツ

球春2012第14日
鹿城西3季連続、鹿商3季ぶり、九州へ
120407鹿商3点目_035
【準決勝・鹿児島商―鹿児島情報】3回裏鹿商二死二塁、立神が左前適時打を放ち、3-0とする
120407鹿城西1点目_035
【準決勝・鹿児島城西―薩摩中央】1回裏鹿城西一死三塁、宅万のセーフティースクイズで三走・田畑が生還、1点を返す

 第130回九州地区高校野球鹿児島県予選第14日は4月7日、鹿児島市の県立鴨池球場で準決勝2試合があった。第1シード鹿児島城西と、鹿児島商が決勝に勝ち進み、九州大会(4月21日―・佐賀)出場を決めた。
 最終日は8日、同球場で鹿城西―鹿商の決勝戦が午後1時からある。


・7日の結果
◇準決勝(県立鴨池)
鹿児島城西 12―6 薩摩中央
鹿児島商 5―0 鹿児島情報

・8日の試合
◇決勝(県立鴨池)
13:00 鹿児島城西―鹿児島商


詳細な観戦レポートと写真は「高校野球情報ドットコム・鹿児島版」に掲載!

第14日の結果報告はこの文字をクリック!
鹿城西―薩摩中央戦はこの文字をクリック!
鹿商―鹿情報戦はこの文字をクリック!
[球春2012第14日]の続きを読む

テーマ:野球 - ジャンル:スポーツ

鹿実VS薩摩中央―「番狂わせ」の真実・第14回
一戦一戦に全力を尽くす
120407薩摩中央2点目_035
準々決勝の伊集院戦は3本のホームランが出るなど、薩摩中央打線が爆発しコールド勝ちした

 1回戦  2―0 串良商
 2回戦  5―2 鹿児島城西
 3回戦  8―0 沖永良部(8回コールド)
 4回戦  5―4 加治木
 準々決勝 13―3 伊集院(5回コールド)

 夏の大会、準決勝までの薩摩中央の勝ち上がりである。

[鹿実VS薩摩中央―「番狂わせ」の真実・第14回]の続きを読む

テーマ:野球 - ジャンル:スポーツ

球春2012第13日
鹿城西、薩摩中央、鹿商、鹿情報、4強へ
薩摩中央、シード鹿児島に逆転勝ち

120405鹿城西サヨナラ勝ち_035
【準々決勝・鹿児島城西―鹿児島南】7回に同点の二塁打を放つなど、投打に活躍してサヨナラ勝ちの原動力になった鹿城西・中村=県立鴨池
120405鹿情報勝利_035
【準々決勝・鹿児島情報―樟南二】延長戦を制し25季ぶりの4強入りを決めた鹿情報=県立鴨池

 第130回九州地区高校野球鹿児島県予選第13日は4月5日、鹿児島市の県立鴨池、鴨池市民の両球場で準々決勝4試合があった。
 6日は休養日。第14日は7日、県立球場で準決勝2試合がある。


・5日の結果
◇準々決勝(県立鴨池)
鹿児島城西 2―1 鹿児島南
鹿児島情報 2―1 樟南二(延長10回)
◇準々決勝(鴨池市民)
薩摩中央 4―3 鹿児島
鹿児島商 8―1 出水中央(7回コールド)

・7日の試合
◇準決勝(県立鴨池)
10:00 鹿児島城西―薩摩中央
12:00 鹿児島商―鹿児島情報


詳細な観戦レポートと写真は「高校野球情報ドットコム・鹿児島版」に掲載!

第13日の結果報告はこの文字をクリック!
鹿城西―鹿南戦はこの文字をクリック!
鹿情報―樟南二戦はこの文字をクリック!
[球春2012第13日]の続きを読む

テーマ:野球 - ジャンル:スポーツ

球春2012第12日
樟南二、初の8強へ!
120404樟南二一面_035
【4回戦・樟南二―松陽】9回表樟南二二死、池畑がランニング本塁打を放って5-4と勝ち越す=県立鴨池
120404鹿商コールド_035
【4回戦・れいめい―鹿児島商】8回裏鹿商一死二三塁、代打・高津の右翼線二塁打で三走に続いて二走・篠山も生還、9-2でコールド勝ちを決める=鴨池市民

 第130回九州地区高校野球鹿児島県予選第12日は4月4日、鹿児島市の県立鴨池、鴨池市民の両球場で4回戦4試合があった。
 第13日は5日、両球場で準々決勝4試合がある。


・4日の結果
◇4回戦(県立鴨池)
樟南二 5―4 松陽
出水中央 7―1 鹿屋工
◇4回戦(鴨池市民)
鹿児島情報 4―2 徳之島
鹿児島商 9―2 れいめい(8回コールド)

・5日の試合
◇準々決勝(県立鴨池)
10:00 鹿児島城西―鹿児島南
12:00 鹿児島情報―樟南二
◇準々決勝(鴨池市民)
10:00 鹿児島―薩摩中央
12:00 出水中央―鹿児島商


詳細な観戦レポートと写真は「高校野球情報ドットコム・鹿児島版」に掲載!

第12日の結果報告はこの文字をクリック!
樟南二―松陽戦はこの文字をクリック!
れいめい―鹿商戦はこの文字をクリック!
鹿情報―徳之島戦はこの文字をクリック!
鹿実VS薩摩中央―「番狂わせ」の真実・第13回
食中毒からのスタート
120404番狂わせ_035
薩摩中央は09年秋、準々決勝で鹿児島商を破り、学校創立以来初の県大会4強入りを果たした

 「このチームはそもそも食中毒がスタートだったんです」
 神村は言う。8月、新チーム最初の遠征で甲子園研修に行った際、宿泊した施設で食中毒にかかってしまった。茨の船出であったことは確かだが「ああいうアクシデントがあったことで、子供たちも保護者もみんな一つになろうという気持ちが芽生えたと思いますよ」と保護者会長の前園光彦は言う。


[鹿実VS薩摩中央―「番狂わせ」の真実・第13回]の続きを読む

テーマ:野球 - ジャンル:スポーツ