鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
サブスリーチャレンジ日記・第13回
「腕」を使う
「大きなフォーム作り」のヒント

120603男子二百1_035

6月26、27日
 甲突川ランニングクラブの練習。竹内コーチに「腕をもっと前で振って」と指摘された。考えてみると長いこと長距離の練習はしているが、腕の使い方を意識したことはこれまでほとんどない。補強のトレーニングで腕振りのメニューはあるが、走り出すと腕のことを頭に思い浮かべたことはないといっていい。

[サブスリーチャレンジ日記・第13回]の続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:陸上競技 - ジャンル:スポーツ

奄美春秋(6月27日付)
奄美新聞
※筆者が奄美新聞に書いたコラムです。

 任期満了に伴う県知事選挙が告示された。3期目を目指す現職の伊藤祐一郎氏と、反原発を訴える新人の向原祥隆氏の2人が立候補している。告示日の前日、両陣営の選挙事務所を取材した。
[奄美春秋(6月27日付)]の続きを読む

テーマ:「原発」は本当に必要なのか - ジャンル:政治・経済

球夏2012、組み合わせ抽選会
出場82チーム対戦カード決まる
120623抽選会7_035
 第94回全国高校野球選手権鹿児島県大会の組み合わせ抽選会が6月23日、鹿児島市の鶴丸高校文化館であった。
 今大会の出場校は垂水・財部の連合チームを含む82チーム83校。大会は7月7日に鹿児島市の県立鴨池球場(雨天時は屋外練習場)で開会式があり、県立、鴨池市民の両球場で24日まで(雨天順延)夏の甲子園を目指した熱戦を繰り広げる。開会式の選手宣誓は鹿屋農の松原孝成主将が務める。


組み合わせの詳細はこちらへ!
[球夏2012、組み合わせ抽選会]の続きを読む

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

スポーツコラム「年中夢求」第13回
中学からの育成・強化、功を奏する
陸上・インターハイ南九州予選を振り返って

120617チーム鹿児島_035
 6月14―17日の4日間、宮崎であった高校陸上のインターハイ南九州地区予選は、鹿児島勢の優勝、入賞ラッシュが続いた大会だった。
 男子21、女子17の38種目中、半数近い17種目(男子8、女子9)を鹿児島勢が占めた。橋元晃志(川薩清修館)が二百、上原美幸(鹿児島女)が三千で大会新記録を出したのをはじめ、女子走り幅跳びの末永成美(鹿児島女)、男子走り高跳びの瀬戸口桂(鹿児島南)ら、全国ランキング上位の選手が期待通りの活躍をみせた。また女子三千、百障害では5人、女子八百、千五百、走り幅跳び、男子走り高跳びは4人がインターハイ出場となる6位以内を勝ち取った。近年、熊本、宮崎、沖縄の南九州地区の中で、鹿児島の躍進が著しい背景を探ってみた。

[スポーツコラム「年中夢求」第13回]の続きを読む

テーマ:陸上競技 - ジャンル:スポーツ

ベースボールコラム「球道夢限」第13回
第1シードは神村? 第2以下は流動的
鹿児島大会シード校を予想する


 第94回全国高校野球選手権鹿児島大会の組み合わせ抽選会は6月23日にある。鹿児島大会のシードは8つあって、抽選会参加校の投票で決まる。その際には昨秋、今春、NHK旗、この1年間の県大会の成績などが参考になる。個人的に、シード校を予想してみると以下のようになった。()内は秋、春、NHK旗の成績である。

[ベースボールコラム「球道夢限」第13回]の続きを読む

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

12県高校総体写真特集(奄美新聞掲載)
奄美アスリートたちの夏
輝く汗の軌跡

120612特集1_035
【初見参!】奄美は15人制の大会に初出場。初陣となった県総体の初戦は62―0の完封勝ちだった

 2012年度鹿児島県高校総体は5月17日のラグビーを皮切りに、6月9日の剣道まで、31競技で熱戦が繰り広げられた。奄美の高校生アスリートたちも、夏の北信越インターハイを目指して3年間磨いた技と力をぶつけた。本紙のカメラでその汗の軌跡を紹介する。

[12県高校総体写真特集(奄美新聞掲載)]の続きを読む
12南九州陸上最終日
鹿児島勢女子、優勝、入賞相次ぐ・三千、百障害、千六百リレー
橋元(川薩清修館)、大会新で3冠
上原(鹿児島女)も大会新で2冠

120617女子マイル・チーム鹿児島_035

120617女子三千_035

120617女子百障害_035

120617男子二百決勝_035

120617男子三段・中島_035

120617女子七種_035
 2012年度全国高校総体陸上南九州地区予選会最終日は6月17日、宮崎市の県総合運動公園陸上競技場であった。
 女子三千では千五百を制した上原美幸(鹿児島女)が9分9秒31の大会新記録を出した他、5人=写真上から2番目=がインターハイ出場を決めた。女子百障害では優勝した2年生・大村美香(鹿児島南)をはじめ決勝に残った5人全員=写真上から3番目=が6位以内に入った。女子千六百リレーでは2位・鹿児島女、4位・甲南、5位・川内、6位・出水とこちらも決勝に残った4チーム=写真上=すべてが決勝進出を決めた。
 橋元晃志(川薩清修館)=写真上から4番目=は男子二百で20秒95の大会新を出し、百、四継と合わせて3冠を達成。女子走り高跳びは1年生の鐡丸美由紀(鹿児島女)が、男子三段跳びは中島健(鹿児島商)=写真上から5番目=がそれぞれ頂点に立った。女子七種=写真上から6番目=は重信玲奈(鹿児島)=右端=が4217点で制した。


成績の詳細はこちらへ!
[12南九州陸上最終日]の続きを読む

テーマ:陸上競技 - ジャンル:スポーツ

鹿高専と隼人錦江SC、調印式
地域貢献へより一層の連携を
隼人錦江SCと鹿高専

120613調印式_035
 鹿児島高専と隼人錦江スポーツクラブが連携協力に関する協定書を交わした。6月13日に霧島市隼人町の同校で、両者の幹部が出席し調印式があった。

[鹿高専と隼人錦江SC、調印式]の続きを読む
12南九州陸上第3日
松田(鹿児島)が7m超え・男子走り幅跳び
女子八百は岸良(神村)が混戦制す
120616男子幅跳び_035

120616女子八百1_035

120616女子五千競歩2_035
 2012年度全国高校総体陸上南九州地区予選会第3日は6月16日、宮崎市の県総合運動公園陸上競技場であった。
 男子走り幅跳びでは1年生の松田敬佑(鹿児島)=写真上=が6回目で7m08を跳んで優勝した。鹿児島勢6人が全員決勝進出した女子八百は、2分16秒台に7人が並ぶ大混戦=写真中=だったが、岸良美周(神村学園)が制し、2位・木結加(鶴翔)、3位・前野原瑠衣(神村学園)、6位・軸屋由貴(鹿児島女)の4人がインターハイを決めた。女子五千競歩は立山優惟(鹿児島女)=写真下=が制したほか、男子二百準決勝では橋元晃志(川薩清修館)が21秒09(-0・6m)で22年ぶりに大会新記録を塗り替えた。


※成績の詳細はこちらへ!
[12南九州陸上第3日]の続きを読む

テーマ:陸上競技 - ジャンル:スポーツ

12南九州陸上第2日
橋元(川薩清修館)が2冠!・男子百、四継
鹿児島勢、5種目で優勝!

120615男子四継_035

120615女子四百障害1_035

120615男子四百障害2_035
 2012年度全国高校総体陸上南九州地区予選会第2日は6月15日、宮崎市の県総合運動公園陸上競技場であった。
 鹿児島関係では橋元晃志(川薩清修館)=写真上=が男子百を10秒74で制し、昨年に続く連覇。男子四百リレーも制し、2冠を達成した。四百障害は男子・山本泰暉(鹿児島玉龍)=写真下=、女子・川越彩(鹿児島)=写真中=が頂点に立ち、2年連続で鹿児島勢が制した。女子千五百は、上原美幸(鹿児島女)が前回覇者の中原海鈴(神村学園)をゴール直前でかわし、逆転優勝だった。


成績の詳細はこちらへ!
[12南九州陸上第2日]の続きを読む

テーマ:陸上競技 - ジャンル:スポーツ

心身一如への道・第2回
心と身体、使い方の「基本」を学ぶ
鹿児島中央高野球部1年生の場合

120608心身一如1_035

 「心と体のコンディショニング 心身一如」

 鹿児島県内を中心に、個人でスポーツトレーナーを営む高司譲の名詞にこんなフレーズが銘打ってある。野球に限らず、スポーツ選手が持っている能力を最大限に発揮し、最高のパフォーマンスができるためには、心(メンタル)と体(フィジカル)、両面のコンディショニングが欠かせない。高司は、仏教用語でいう「心身一如」な状態をいかに作り上げるかをテーマにトレーナー活動を行っている。第2回は新1年生に対する指導を取り上げる。(敬称略)


※スポーツトレーナー・高司さんの活動を通じて、スポーツ選手の心と身体の問題についていろんな切り口で定期的に伝えていきます。



[心身一如への道・第2回]の続きを読む

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

12南九州陸上第1日
瀬戸口(鹿南)が大会タイ・男子走り高跳び
男子走り高跳び・女子走り幅跳び、鹿児島勢上位を占める!

120614男子高跳び1_035

120614幅跳び高跳び_035

120614男子四百2_035
 2012年度全国高校総体陸上南九州地区予選会第1日は6月14日、宮崎市の県総合運動公園陸上競技場であった。
 鹿児島関係では男子走り高跳びで瀬戸口桂(鹿児島南)=写真上=が2m11の大会タイ記録で優勝した。走り高跳びは3位に立和名一樹(種子島中央)、4位に畑中志洋(鹿児島商)、5位に上別府剛志(同)が入った。また女子走り幅跳びは1位に末永成美(鹿児島女)、2位に内之倉由美(甲南)、3位に丸山千夏(同)、6位に時吉千聡(出水)が入り、両種目ではインターハイ出場となる6位以内の大半を鹿児島勢=写真中=が占める快挙だった。
 このほか男子四百でも2年生の翁玲央乃(伊集院)=写真下=が頂点に立った。


成績の詳細はこちらへ!
[12南九州陸上第1日]の続きを読む

テーマ:陸上競技 - ジャンル:スポーツ

第11回高校生ものづくりコンテスト(奄美新聞掲載)
「緊張した」
奄高生2人、電子回路組立部門に初参加
高校生ものづくりコンテスト

120609ものづくり_035
 第11回高校生ものづくりコンテスト鹿児島県大会は6月9日、鹿児島市の鹿児島工業高校などであった。旋盤作業、電気工事、化学分析など8部門に県内の工業高校生83人が参加して、日頃鍛えた技能を競った。奄美からは奄美高校機械電気科の田中雄大君(3年)が旋盤部門に、松元亮太君(同)が電気工事部門に、2年生の榮智裕君と城下紀行君が電気回路部門に、それぞれ出場した。榮君と城下君は、同部門に奄高から初めての参加だった。

[第11回高校生ものづくりコンテスト(奄美新聞掲載)]の続きを読む

テーマ:自己啓発・能力開発 - ジャンル:学校・教育

奄美春秋(6月10日付)
奄美新聞
※筆者が奄美新聞に書いたコラムです。

 何気なくプロ野球を観ていたら、世紀の大記録が生まれそうだったので、思わず見入ってしまった。巨人の杉内が楽天を相手にあと1球で「完全試合」のノーヒットノーランを達成した。
[奄美春秋(6月10日付)]の続きを読む

テーマ:野球 - ジャンル:スポーツ

12県高校総体空手第1日(奄美新聞掲載)
藤江(大島)、男子個人形を制す
徳之島は準優勝・女子団体組手

120605空手形
 2012年度鹿児島県高校総体空手第1日は6月5日、鹿児島市の県体育館で男女団体組手と個人形があった。
 奄美関係では男子個人形で藤江海生=写真左=、中田直希=写真右=の大島勢2人が決勝に進出してインターハイ出場を決めた。決勝は藤江が僅少差で中田を下し、優勝した。女子の常山陽菜乃は準優勝だった。団体組手では女子の徳之島が2位で九州大会出場。大島は4位、男子の徳之島は3位、大島は4位だった。
[12県高校総体空手第1日(奄美新聞掲載)]の続きを読む

テーマ:空手 - ジャンル:スポーツ

12県高校総体バレーボール最終日(奄美新聞掲載)
「仲間を信じて」津田(鹿商・久志中出身)
「チームの持ち味出せた」松島(同・金久中出身)
「次に生かす」大津(鹿工・小宿中出身)

120604バレーボール
 6連覇を目指した鹿児島商と7年ぶりの栄冠を目指す鹿児島工が覇を競った男子決勝リーグ最終戦。奄美出身の3選手がそれぞれのチームの中心選手として活躍した。

[12県高校総体バレーボール最終日(奄美新聞掲載)]の続きを読む

テーマ:バレーボール - ジャンル:スポーツ

12年度県高校総体陸上最終日
上原(鹿女子)が県高校新・女子三千
橋元(川薩清修館)は大会新・男子二百

120603女子三千2_035

120603男子二百1_035

120603男子マイル2_035
 2012年度鹿児島県高校総体陸上最終日は6月3日、鹿児島市の県立鴨池陸上競技場であった。
 女子三千は5月の日本ジュニアユース選手権覇者の上原美幸(鹿児島女)=写真上=が9分6秒91の県高校新記録で優勝した。男子二百の橋元晃志(川薩清修館)=写真中=は自身の持つ大会記録を0・01秒縮める20秒90で順調な仕上がりぶりをアピールした。男子千六百リレーでは鹿児島玉龍=写真下=がゴール直前で逆転優勝だった。
 各種目の上位6位(※男女競歩と混成競技は4位)までが南九州大会(6月14―17日・宮崎)に出場する。


大会の詳細な記録はこちらへ!
[12年度県高校総体陸上最終日]の続きを読む

テーマ:陸上競技 - ジャンル:スポーツ

12県高校総体バレーボール第2日(奄美新聞掲載)
大島、4強ならず
120603バレー大島_035
 2012年度鹿児島県高校総体バレーボール第2日は6月3日、鹿児島市の鹿児島アリーナで男子4回戦、女子5回戦までがあり、決勝リーグ進出のベスト4が決まった。
 奄美勢では男子の大島が3回戦で鹿屋工に2-0のストレート勝ちでベスト8入り。決勝リーグをかけて鹿児島玉龍と対戦したが、ストレート負けだった。
[12県高校総体バレーボール第2日(奄美新聞掲載)]の続きを読む

テーマ:バレーボール - ジャンル:スポーツ

12県総体陸上第3日
立山(鹿女子)が大会新・女子五千W
男子五千は坂本(鶴翔)が制す

120602女子競歩1_035

120602男子5000-1_035
 2012年度鹿児島県高校総体陸上第3日は6月2日、鹿児島市の県立鴨池陸上競技場であった。
 女子五千競歩は立山優惟(鹿児島女)=写真上=が23分42秒40の大会新記録を樹立した。男子五千は坂本大志(鶴翔)=写真下=が14分36秒01の好タイムで優勝。し烈な2位争いも兄・貴大が制し、鶴翔勢が1、2フィニッシュした。男子走り幅跳びは松田敬佑(鹿児島)が6m96で頂点に立った。


※成績の一覧表はこちらへ!
[12県総体陸上第3日]の続きを読む

テーマ:陸上競技 - ジャンル:スポーツ

12県総体相撲
鹿商が3連覇・団体
無差別級は菅間(鹿実)が制す

120602相撲鹿商_035

120602相撲05_035
 2012年度鹿児島県高校総体相撲は6月2日、日置市の吹上浜公園相撲場であった。
 鹿児島商、樟南、鹿児島実の3校で争われた団体戦は鹿児島商が2勝して3連覇を達成。個人無差別級決勝は菅間勇介(鹿児島実)=写真下=が榮豊志樹(鹿商)をつきたおしで破り、優勝した。
[12県総体相撲]の続きを読む

テーマ:格闘技 - ジャンル:スポーツ

12県総体陸上第2日
橋元(川薩清修館)、予選で10秒39・男子百
120601男子百_035

120601男子四継―2_035

120601女子四継―1_035
 2012年度鹿児島県高校総体陸上第2日は6月1日、鹿児島市の県立鴨池陸上競技場であった。
 橋元晃志(川薩清修館)=写真上=は男子百予選(+1・7)で10秒39の大会新記録を出した。決勝(-1・0)では10秒74で、他の選手の追随を許さなかった。橋元を擁する川薩清修館(松井、橋元、原永、本田)=写真中=の男子四百リレーは41秒61と大会記録に迫る好タイムを出した。女子四百リレーは混戦となったが鹿児島女(一ノ宮、末永、八木、山口)=写真下=が48秒15で制した。女子千五百は上原美幸(鹿児島女)が4分27秒23で競り勝った。

[12県総体陸上第2日]の続きを読む

テーマ:陸上競技 - ジャンル:スポーツ

第54回NHK旗県選抜高校野球最終日
神村がV2
120601神村7点目_035
【決勝・神村学園―鹿児島商】8回表神村二死満塁、新納(左)が走者一掃の三塁打を放ち、ベース上で笑顔をみせる

 第54回NHK旗争奪県選抜高校野球大会最終日は6月1日、鹿児島市の県立鴨池球場で決勝があり、神村学園が鹿児島商を9―2で下し、2年連続2回目の優勝に輝いた。


◇決勝
神村学園 200 011 050=9
鹿児島商 000 001 010=2
(神)柿澤―中野
(鹿)福永、相良―丸田
・本塁打 田中(神)亀本(鹿)
・三塁打 新納(神)亀本(鹿) ・暴投 鹿1 ・試合時間 2時間17分 ・球審 中野 ・塁審 ①藤元②田代③九万田


詳細な観戦レポートと写真は「高校野球ドットコム・鹿児島版」に掲載!

最終日の結果報告はこの文字をクリック!
神村―鹿商戦はこの文字をクリック!
第54回NHK旗県選抜高校野球第5日
決勝は神村VS鹿商
鹿商・福永、投打に活躍

120531鹿商福永_035
 第54回NHK旗争奪鹿児島県選抜高校野球大会第5日は5月31日、鹿児島市の県立鴨池球場で準決勝2試合があり、神村学園と鹿児島商のシード勢が決勝に勝ち進んだ。
 最終日は6月1日、同球場で午後1時5分から決勝がある。


31日の結果
・準決勝(県立鴨池)
神村学園 7―0 伊集院
鹿児島商 5―2 志布志

1日の試合
・決勝(県立鴨池)
13:05 神村学園―鹿児島商


詳細な観戦レポートと写真は「高校野球ドットコム・鹿児島版」に掲載!

第5日の結果報告はこの文字をクリック!
神村―伊集院戦はこの文字をクリック!
鹿商―志布志戦はこの文字をクリック!
12県総体陸上第1日
瀬戸口(鹿南)が大会新・男子走り高跳び
牧瀬(屋久島)は県高校記録を更新・女子やり投げ

120531男子走り高跳び1_035

120531女子幅跳び1_035
 2012年度鹿児島県高校総体陸上第1日は5月31日、鹿児島市の県立鴨池陸上競技場であった。
 女子やり投げでは牧瀬梨乃(屋久島)が自身の持つ県高校記録を3㌢更新する46m03で優勝した。男子走り幅跳びは瀬戸口桂(鹿児島南)=写真上=が2m10を跳んで大会記録を塗り替えた。女子走り幅跳びの末永成美(鹿児島女)=写真下=は大会記録にあと1㌢と迫る5㍍86だった

[12県総体陸上第1日]の続きを読む

テーマ:陸上競技 - ジャンル:スポーツ