鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
奄美春秋(8月27日付)
奄美新聞
※管理人が奄美新聞に書いたコラムです。

 最近、フェイスブック(FB)を始めて3週間ほど経つが、ものの見事にはまってしまった。
[奄美春秋(8月27日付)]の続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:みんなに紹介したいこと - ジャンル:ブログ

第4回奄美群島の在り方検討委員会
「具体的な施策を提言できた」松本委員長
奄美群島の在り方検討委員会

120828あり方委員会_035
 今後の奄美群島振興開発の方向性などについて話し合う「奄美群島の在り方検討委員会」の第4回会合が8月28日、鹿児島市の県庁であった。今回で最終回となる委員会では、過去3回の議論をもとに作成された提言書案の内容について、観光、農業などの専門家による各委員が活発な意見交換を行った。

[第4回奄美群島の在り方検討委員会]の続きを読む

テーマ:政治・地方自治・選挙 - ジャンル:政治・経済

毎日新聞に記事が掲載!
毎日新聞の「ひと・ヒト・人」欄に掲載
img016_025.jpg
 毎日新聞(8月26日付)鹿児島版の「ひと・ヒト・人」欄に管理人・政を取り上げて頂きました!

※詳細はこちらへ!

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

国体成年男子バスケットボール強化試合
成年男子、シャイニングサンズに競り勝つ
120823国体010_035
 9月の岐阜国体に出場するバスケットボールの成年男子チームと、bjリーグ所属の宮崎シャイニングサンズとの招待強化試合が8月23日、鹿児島市の県体育館であった。
 男子プロバスケットボールの日本リーグ2部機構(JBL2)所属のレノヴァ鹿児島のメンバーが中心の鹿児島は、日本人選手6人で来鹿した宮崎を相手に序盤から優位に試合を進めた。大黒柱の西堂や新加入の鮫島宗らが次々に得点を決めて、43―25と大差で前半を終えた。後半になると宮崎も調子を上げて、第4ピリオドだけで6本の3ポイントを決めるなど、怒涛の追い上げで一時は1ゴール差まで詰め寄った。最後は85―81の4点差で鹿児島が逃げ切った。
 岐阜国体は9月29日からある。

[国体成年男子バスケットボール強化試合]の続きを読む

テーマ:バスケットボール(日本) - ジャンル:スポーツ

レノヴァ、新ヘッドコーチにマイケル氏
新ヘッドコーチにマイケル氏就任
「鹿児島の未来」つなげたい
レノヴァ

120822レノヴァ新監督_035
 男子プロバスケットボールの日本リーグ2部機構(JBL2)所属のレノヴァ鹿児島は、2012―13年シーズンの指揮を執る新ヘッドコーチに米国人のマイケル・オルソン氏が就任したと発表した。8月22日、マイケル氏と、これまで4年間指揮を執った鮫島俊秀氏が鹿児島市の県庁で記者会見を開き、新ヘッドコーチの意気込みと新コーチに託した想いを語った。

[レノヴァ、新ヘッドコーチにマイケル氏]の続きを読む

テーマ:バスケットボール(日本) - ジャンル:スポーツ

2012年夏、甲子園テレビ観戦レポート
上には上があった
神村、光星学院に屈す!

120818神村永尾
攻守で活躍が光った神村学園・永尾(写真は春九州大会より)

◇3回戦
光星学院 302 000 220=9
神村学園 000 012 001=4


 光星学院の仲井宗基監督は「東北の野球のレベルの高さを示したい」と話していた。甘い球をことごとく逃さず、13安打で9得点した打撃は確かに「レベルの高さ」を感じた。終わってみれば神村学園は三回までの5失点を挽回できずに、ベスト16で散った。

[2012年夏、甲子園テレビ観戦レポート]の続きを読む

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

鶴丸44回生タイムス
「鶴丸44回生・タイムス」を発行!
120816同級生ソフトボール号外

 8月14日に鶴丸高校グラウンドであった44回生によるソフトボール大会の模様を「鶴丸44回生・タイムス」にしてみました。

※この文字をクリックするとPDFファイルでダウンロードできます!

テーマ:野球全般 - ジャンル:スポーツ

球夏2012写真特集(奄美新聞掲載)
長く、熱かった夏
奄美球児の軌跡

120812特集001_035
【闘志を胸に】これから始まる大会への闘志を胸に秘めて入場行進する樟南二ナイン=開会式より

 第94回全国高校野球選手権鹿児島大会(7月7―28日・県立鴨池、鴨池市民球場)は21日間の熱戦の末、神村学園が2連覇して夏の甲子園への切符を手にした。雨による順延で大会日程が4日間伸び、奄美勢にとっても長く、そして熱い夏になった。
 奄美勢はベスト16が最高成績だったが、徳之島が2試合のサヨナラ勝ち、4試合連続無失策とハイレベルな野球をやり切った。大島はベスト4入りした加治木工相手に、九回土壇場で追いつき延長戦にもつれ込む粘りをみせた。甲子園は、奄美勢にとって、遥か彼方の遠い世界ではないことを示してくれた大会でもあった。熱戦の模様を本紙のカメラで振り返る。

[球夏2012写真特集(奄美新聞掲載)]の続きを読む

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

2012夏、甲子園テレビ観戦レポート
神村、接戦を制す
左腕・平藪が好リリーフ

120813神村平藪
◇2回戦
神村学園  020 100 000=3
智弁和歌山 000 200 000=2


 神村学園は苦しみながらも智弁和歌山に競り勝って、5年ぶりの夏初戦突破を果たした。
試合後のインタビューで感極まって言葉が最初に出なかった山本常夫監督の姿が印象的だった。「智弁和歌山に勝った」ことがよっぽどうれしかったのだろう。「選手たちも小さい頃からテレビで見て憧れのチームだった」と山本監督。戦力はいろいろあっても、8年連続甲子園出場という記録を作り、甲子園勝利数NO1の高嶋監督率いるチームのネームバリューは相当なものがあったと思われる。

[2012夏、甲子園テレビ観戦レポート]の続きを読む

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

読書案内
「陸上競技マガジン」と「月刊陸上」に記事が載りました!
陸マガ1209

月陸1209

 管理人・政純一郎の執筆情報です。
 今月発売の「陸上競技マガジン」(ベースボールマガジン社)、「月刊陸上競技」(講談社)に女子800mの倉岡奈々選手(吾平中)について書きました(※月陸は写真提供のみ)。


※陸マガについての詳細はこちらへ!

※月陸についての詳細はこちらへ!

テーマ:陸上競技 - ジャンル:スポーツ

レノヴァ鹿児島、新ポスターが完成!
レノヴァ鹿児島2012-13シーズン、ポスターが完成!
ポスターデザイン_050
 レノヴァ鹿児島の2012-13シーズンのポスターが出来上がりました。今年の意匠は「歴史」をテーマにして、薩摩川内市の川内戦国村で丸武産業さんの協力で、戦国時代の侍のイメージを出してみたそうです。ちなみに元素材の写真撮影を管理人・政が担当しました。

テーマ:バスケットボール(日本) - ジャンル:スポーツ

第42回九州中学校バスケットボール最終日
鹿純心、全中へ!
初の九州予選突破

120808鹿純心3位_035
 第42回九州中学校バスケットボール大会最終日は8月8日、鹿児島市の鹿児島アリーナで男女の決勝までがあった。
 鹿児島勢で唯一ベスト4に勝ち残った女子の鹿児島純心は、準決勝で高見(福岡)に敗れたが、3位決定戦で成章(佐賀)に競り勝ち、全国中学大会出場を決めた。全中出場は鹿児島開催だった2009年以来3年ぶりだが、九州予選を突破しての全中出場は初めて。優勝は男子・西福岡、女子・五十市(宮崎)だった。
 男女とも3位までが全国大会(8月21-24日・さいたま市)に出場する。


※成績の詳細はこちらへ!
[第42回九州中学校バスケットボール最終日]の続きを読む

テーマ:バスケットボール(日本) - ジャンル:スポーツ

第42回九州中学校バスケットボール第1日
鹿純心が4強へ
男子・坂元はベスト8

120807鹿純心005_035

120807坂元002_035
 第42回九州中学校バスケットボール大会第1日は8月7日、鹿児島市の鹿児島アリーナで男女の準々決勝までがあった。
 鹿児島勢は男子の坂元、清水、女子の鹿児島純心、緑丘が出場。鹿純心は準々決勝で庄内(宮崎)に62-30と快勝し、4強入りを決めた。男子の坂元は初戦で玉名(熊本)を下して8強入りしたが、西福岡に敗れた。清水と緑丘は初戦敗退だった。
 最終日は8日、同会場で男女決勝までがある。3位までが全国大会に出場する。


※成績の詳細は大会特設サイトに掲載!
[第42回九州中学校バスケットボール第1日]の続きを読む

テーマ:バスケットボール(日本) - ジャンル:スポーツ

さとうきびに関する陳情
「県独自の対策を」訴え
奄美・熊毛糖業労働組合連合会など

120806さとうきび陳情_035
 昨年、記録的な凶作に見舞われたさとうきび、および関連産業の窮状を訴えようと、奄美・熊毛糖業労働組合連合会(幸山芳人・中央執行委員長)、フード連合、連合鹿児島など関連5団体のメンバー15人が8月6日、鹿児島市の県庁を訪れた。伊藤祐一郎知事や県議会の「さとうきび・でんぷん用甘蔗振興議員連盟」(松里保廣会長)の議員らと会談し「県独自の対策を」と訴えた。

[さとうきびに関する陳情]の続きを読む

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

プレナスチャレンジリーグ第16節
ジュブリーレ、4連敗
120805サッカー005_035
 女子サッカーのプレナスチャレンジリーグ(日本女子リーグ2部)第16節は8月5日、鹿児島市の県立鴨池陸上競技場で、リーグ9位のジュブリーレ鹿児島と6位のJFAアカデミー福島が対戦した。ジュブリーレは0-5で敗れ4連敗となり、通算成績は3勝11敗2分けとなった。
 前半は互角に競り勝ったジュブリーレだったが、前半終了間際に先制点を許すと、後半開始25分間で4失点と守備が崩れ、大差をつけられた。
 第17節は9月16日に全国各地であり、ジュブリーレは宮城県サッカー場でリーグ5位の常盤木高と対戦する。


◇第16節
ジュブリーレ鹿児島 0(0-1、0-4) JFAアカデミー福島
・得点者 【福】増矢2、守屋、成宮、小島
[プレナスチャレンジリーグ第16節]の続きを読む

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

スポーツコラム「年中夢求」第15回
サッカー文化の成熟
120806年中夢求_035
 五輪の男子サッカーがエジプトに快勝で44年ぶりのベスト4進出を決めた。
 エジプト戦の日は、SCCの練習で走りながら、「サッカー談義」に華が咲いた。90分間のLSDだったので5、6人のグループでいろいろな雑談をしながら走っていた。ベテランのNさんが「きょうのエジプト戦は宇佐美を先発させるべきだ」と話す。何でも宇佐美は以前のエジプト戦で2ゴール挙げており相性がいいこと、俊足の永井は後半投入して流れを変える役目にした方がいいこと、できれば永井は使わずに今後のために温存しておいた方がいいことなどを力説していた。

[スポーツコラム「年中夢求」第15回]の続きを読む

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

ベースボールコラム「球道夢限」第16回
「強いチーム」が勝った夏
球夏2012を振り返って

120728-14神村優勝_035
 夏の鹿児島大会には興味深いジンクスがあった。
 第1シードが勝てない。
 例えば2005年は春センバツで準優勝した神村学園が決勝で樟南に敗れた。昨夏は秋春九州制覇、センバツ・ベスト8だった鹿児島実が準決勝で薩摩中央に敗れた。2002年の樟南以来、この10年間は第1シードが夏の代表になっていなかった。
 シード校は秋、春、NHK旗などの成績をもとに、組み合わせ抽選会参加校の抽選で決められる。02年以降の10年間は、1年間の実績をもとに最も優勝に近いと目されたチームが鹿児島では勝てなかった。「強いチーム」といえども、一発勝負の夏を制するのはいろいろな難しさがあるということだ。
[ベースボールコラム「球道夢限」第16回]の続きを読む

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

地方出版文化功労賞特別賞
「奄美沖縄 環境資料集成」が地方出版文化功労賞特別賞を受賞
環境史_035
 「奄美沖縄 環境資料集成」(安渓遊地、遠山昌直編著・南方新社)=写真=が第25回地方出版文化功労賞の特別賞を受賞した。

[地方出版文化功労賞特別賞]の続きを読む

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌

スポーツコラム「年中夢求」第14回
鹿児島・プロスポーツの課題
120729-1FCHD_035.jpg

 先日、サッカーの九州リーグを取材した。
 ヴォルカ鹿児島にせよFC・KAGOSHIMAにせよ、熱心なファンはそれなりにいて盛り上がってはいるが、一番の目安となる公式のホームゲームにしては観客が少ない。メーンスタンドの日陰の部分さえ埋まり切らない。公式記録には200人とある。毎回思うことだが、「プロ」を目指すチームとしては寂しい限りである。

[スポーツコラム「年中夢求」第14回]の続きを読む

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

第3回奄美群島の在り方検討委員会
過去2回の議論を総括
奄美群島在り方検討委員会

120731奄美の在り方委員会_035

 今後の奄美群島振興開発の方向性などについて話し合う「奄美群島の在り方検討委員会」の第3回会合が7月31日、鹿児島市の県庁であった。

[第3回奄美群島の在り方検討委員会]の続きを読む

テーマ:地方行政と政治 - ジャンル:政治・経済