鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
奄美群島市町村長・議長意見交換会
「5年前より前進」
奄美群島振興開発総合調査に関する市町村長・議会議長意見交換会

130130奄振意見交換01_035
 今年度、県が実施している奄美群島振興開発総合調査に関して、奄美群島の12市町村長、議会議長との第3回意見交換会が1月30日、鹿児島市の県庁であり、県から調査報告書の原案が提示された。首長らからは「5年前より大きく前進した内容」(伊仙町・大久保明町長)とおおむね評価する一方で、より具体的に地元の要望を盛り込んで欲しいといった意見も出された。

[奄美群島市町村長・議長意見交換会]の続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:政治・地方自治・選挙 - ジャンル:政治・経済

かごしま「食」活動表彰
徳之島「百菜」が地産地消部門大賞受賞
他地域のモデルに

130128食活動表彰05_035
 今年度の「かごしまの『食』活動表彰」が1月28日、鹿児島市のサンロイヤルホテルであった。奄美関係では、伊仙町の「んと元気な直売所 百菜」が地産地消活動部門の大賞を受賞した。

[かごしま「食」活動表彰]の続きを読む

テーマ:奄美大島 - ジャンル:地域情報

JBL2・2012-13第13週最終日
レノヴァ、9連勝!
130127レノヴァ14_035

130127レノヴァ10_035
 男子プロバスケットボールリーグの日本リーグ2部機構(JBL2)2012―13シーズン第13週最終日は1月27日、全国各地であった。レノヴァ鹿児島は鹿児島市の県体育館でアイシンAWと対戦。後半追い上げられるも、最後まで主導権を渡さず、81―67で勝利し、連勝を9に伸ばした。
 レノヴァの通算成績は17勝5敗でウエスタンカンファレンス2位をキープ。第14週は2月2、3日にあり、レノヴァは愛知県海部郡の大治町スポーツセンターで、イースタンカンファレンスの大塚商会、黒田電気と対戦する。

※FBに「熱戦フォトグラフ」をアップしました!
[JBL2・2012-13第13週最終日]の続きを読む

テーマ:バスケットボール(日本) - ジャンル:スポーツ

第26回県地区対抗女子駅伝(奄美新聞掲載)
大島、Bクラス制覇!
濵﨑(赤木名中)が5区区間賞

130127女子駅伝一面_035
 第26回県地区対抗女子駅伝大会は1月27日、霧島市の隼人運動場を発着点に、国分下井を折り返す6区間21・0975㌔で健脚が競われた。大島は1時間13分13分18秒で5位。前回大会の5―8位(大島、曽於、川辺、姶良)の4チームで争われるBクラスを制した。
 大島は1区で西田(鹿屋体大、赤木名中卒)が上位集団の5位と、好スタートを切った。2区で7位と順位を落とすも、3区の奥(朝日中)、4区・有馬(鳳凰高、和泊中卒)が一つずつ順位を上げ、5区・濵崎(赤木名中)は一般選手も混じった区間で区間賞の走りで、順位を3位まで押し上げた。最終的には5位でフィニッシュだったが、過去4大会連続あと一歩で逃してきたBクラスの頂点に立った。各チームから1人ずつが選ばれる敢闘賞は濵崎が受賞した。
 大会は、2区で首位に立った肝属が2年ぶり8回目の総合優勝。2位・鹿児島、3位・川薩と続き、Cクラス優勝は日置だった。

[第26回県地区対抗女子駅伝(奄美新聞掲載)]の続きを読む

テーマ:陸上競技 - ジャンル:スポーツ

きょう地区対抗女子駅伝(奄美新聞掲載)
「今度こそBクラスVを!」
大島

130126女子駅伝_035
 第26回県地区対抗女子駅伝大会は1月27日、霧島市の隼人運動場を発着点に、国分下井を折り返す6区間21・0975㌔で健脚が競われる。県下12地区の女子ランナーが早春の隼人・国分路で熱戦を繰り広げる。開会式のあった26日は大島チームの選手、スタッフも参加し、悲願の「今度こそBクラス(前回5―8位・大島、姶良、曽於、川辺)優勝、Aクラス入り」に向けての意気込みを新たにしていた。

[きょう地区対抗女子駅伝(奄美新聞掲載)]の続きを読む

テーマ:陸上競技 - ジャンル:スポーツ

奄美春秋
奄美新聞
※管理人が奄美新聞に書いたコラムです。
 大阪の桜宮高校バスケットボール部で監督による体罰が原因で主将が自殺するという痛ましい事件があった。日頃県内のスポーツ指導現場で取材する機会が多いので、他人ごとに思えない。
[奄美春秋]の続きを読む

テーマ:教育問題について考える - ジャンル:学校・教育

「与論島の古文書を読む」
原文、口語訳に解釈を併記
薩摩藩支配期の与論の実像に迫る

130125与論古文書_035
 「与論島の古文書を読む」=写真=が、このほど南方新社より出版された。著者は和泊町歴史民俗資料館の先田光演さん。与論島に残されている江戸期の古文書や代官記などの原文を翻刻し、口語訳を加えた上に、解釈まで併記した「新しいスタイル」(先田さん)に挑戦した。難解な古文書が一般の人にも理解できるようになっており、薩摩藩支配期の与論島の実像に迫る一冊に仕上がった。

[「与論島の古文書を読む」]の続きを読む

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

JBL2・2012-13第13週第1日
レノヴァ、8連勝!
アイシンAWに快勝

130126レノヴァ勝利01_035
 男子プロバスケットボールリーグの日本リーグ2部機構(JBL2)2012―13シーズン第13週第1日は1月26日、全国各地であった。レノヴァ鹿児島は鹿児島市の県体育館でアイシンAWと対戦。81―58の大差で下し、連勝を8に伸ばした。
 レノヴァの通算成績は16勝5敗でウエスタンカンファレンス2位をキープ。第13週最終日は27日にあり、レノヴァは同会場でアイシンAWと対戦する。


◇第13週第1日
レノヴァ鹿児島 81-58 アイシンAW
(21-12、17-18、24-10、19-18)


※FBにより詳しい熱戦フォトグラフも掲載しました!
[JBL2・2012-13第13週第1日]の続きを読む

テーマ:バスケットボール(日本) - ジャンル:スポーツ

尚志館、センバツヘ!
尚志館、センバツへ!
大隅から初の快挙

130125センバツ尚志館04_035
 第85回選抜高校野球大会(センバツ)の出場校を決める選考会が1月25日にあり、出場36校の顔ぶれが決まった。鹿児島からは尚志館が選出され、大隅半島から初の甲子園出場校が誕生した。
 尚志館は昨秋の鹿児島県大会準優勝、九州大会でベスト4入りを果たし、選出が有力視されていた。選考を待つ志布志市の同校では、午後3時45分過ぎに校長室に連絡が入り、本田康伸校長が「ありがとうございます」を何度も繰り返し、出場の「吉報」を受け取った。体育館に集合したナインに報告が入ると、ナインは帽子を飛ばして歓声を挙げ、駆けつけた在校生や職員、保護者らとともに喜びを分かち合った。鮎川隆憲監督は「ずっと悲願だった『大隅から甲子園』が実現して良かった」と喜びを語った。新原晃太主将(2年)は「大隅、鹿児島、そして九州の代表である自覚を持って、まず1勝を目指す」と意気込んでいた。
 大会は3月22日から兵庫県西宮市の阪神甲子園球場であり、組み合わせ抽選会は3月15日にある。


詳細なレポートと写真を「高校野球ドットコム・鹿児島版」に掲載!

「鹿児島高校野球史に風穴開けた快挙」はこの文字をクリック!
県高校新人サッカー大会第4日(奄美新聞掲載)
沖永良部、8強で散る
大塚(鹿城西・知名中卒)がゴール

130124サッカー沖永良部04_035

130124サッカー鹿城西・大塚_035
 第34回県高校新人サッカー大会第4日は1月24日、南さつま市の桷志田サッカー場で準々決勝4試合があった。奄美勢では、初の8強進出を果たした沖永良部が第1シードの鹿児島城西と対戦。序盤は鹿城西の猛攻をしのいでいたが、前半28分に先制点を許すと、0―6で完封負けし、ベスト4進出は果たせなかった。なお鹿城西の1年生・大塚健太郎(知名中卒)=写真下=は前半31分に2点目のゴールを挙げるなど活躍した。
 第5日は25日、同会場で準決勝2試合がある。

◇準々決勝
鹿児島城西 6-0 沖永良部
(2-0、4-0)
・得点者【鹿】加治佐(補・興)大塚(補・加治佐、濵上)向高(補・吉田、濵上)濵上(補・吉田)家村(補・吉田)福丸(補・中村)


※詳細な熱戦フォトグラフをFBにアップしました!
[県高校新人サッカー大会第4日(奄美新聞掲載)]の続きを読む

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

うがみしょーら郷友会第1回
「奄美はひとつ」を実感
池山泰正さん
鹿児島奄美会会長

121026池山さん_035

 11年5月から鹿児島奄美会の会長に就任。長く笠利会の会長を務めていた。「各郷友会の集まりに顔を出すと、初めての人でもすぐに打ち解けて、数十年来の友達のような気分になる。『奄美はひとつ』を実感します」。本土復帰60周年を記念して、今年の11月24日には大掛かりな芸能祭を企画しており、今年は「故郷・奄美」を大いに意識する1年になりそうだ。

※本年より、奄美新聞で企画した連載です。県本土で活躍する奄美出身者の会の方々の人となりをお伝えしていきます。

[うがみしょーら郷友会第1回]の続きを読む

テーマ:鹿児島 - ジャンル:地域情報

サブスリーチャレンジ日記・第21回
タスキをつなげない駅伝―職域駅伝に参加して・下
130120職域06
2013年1月20日

 スタートして1㌔ぐらいはゆるやかに下っていくので、ペースは抑えながらも飛ばしました。思えば04年に最初に走った頃は、集団のペースに全くついていけず、4区5・8㌔を走って89チーム中72位と散々な成績でした。今回は集団の真ん中よりやや前の位置につけましたが、どんどん前が抜けそうな手応えを感じました。数人の選手を抜いて、「繰り上げ集団」の10番手ぐらいだったでしょうか。とにかく前だけを見て、抜けるだけ抜いて、白タスキだけど、6区の武田さんに直接手渡せるよう全力を尽くそうと思いました。
[サブスリーチャレンジ日記・第21回]の続きを読む

テーマ:陸上競技 - ジャンル:スポーツ

サブスリーチャレンジ日記・第20回
タスキをつなげない駅伝―職域駅伝に参加して・上
130120職域01
2013年1月20日

 南さつま市であった第41回県職域駅伝大会にSCCのメンバーで走りました。菜の花1週間後に職域というパターンは、04年から続いている(途中何度か途切れていますが…)パターンです。過去には昨年のように菜の花の天候が良くて、職域の天候が悪いパターンが何度かありましたが、きょうは「何できょうは先週じゃなかったの?」と何度もぼやきたくなるほど、天気も良く、寒すぎず、暑すぎず、風もほとんどなく、最高の「ランニング日和」の中でのレースでした。

[サブスリーチャレンジ日記・第20回]の続きを読む

テーマ:陸上競技 - ジャンル:スポーツ

JBL2・2012-13第12週最終日
レノヴァ、7連勝!

 男子プロバスケットボールリーグの日本リーグ2部機構(JBL2)2012―13シーズン第12週最終日は1月20日、全国各地であった。レノヴァ鹿児島は石川県金沢市のいしかわ総合スポーツセンターで石川ブルースパークスと対戦。第2ピリオドで大きく点差を広げ、90―53で快勝し、連勝を7に伸ばした。
 レノヴァの通算成績は15勝5敗でウエスタンカンファレンス2位をキープ。第13週は26、27日にあり、レノヴァは鹿児島市の県体育館でアイシンAWと対戦する。


◇第12週最終日
レノヴァ鹿児島 90-53 石川ブルースパークス
(15-14、32-10、28-14、15-15)

[JBL2・2012-13第12週最終日]の続きを読む

テーマ:バスケットボール(日本) - ジャンル:スポーツ

JBL2・2012-13第12週第1日
レノヴァ、6連勝!
後半開幕戦に快勝


 男子プロバスケットボールリーグの日本リーグ2部機構(JBL2)2012―13シーズン第12週第1日は1月19日、全国各地であった。レノヴァ鹿児島は石川県金沢市のいしかわ総合スポーツセンターで石川ブルースパークスと対戦。第1ピリオドこそ15―19と4点ビハインドだったが、第2ピリオドから立て直し、79―57で快勝し、連勝を6に伸ばした。
 レノヴァの通算成績は14勝5敗でウエスタンカンファレンス2位をキープ。最終日は20日にあり、レノヴァは同会場で石川と対戦する。


◇第12週第1日
レノヴァ鹿児島 79-57 石川ブルースパークス
(15-19、20-9、25-21、19-8)

[JBL2・2012-13第12週第1日]の続きを読む

テーマ:バスケットボール(日本) - ジャンル:スポーツ

コラム「寄り道」第12回
視聴者のお小言
朝ドラ「純と愛」評




※番組公式サイトはこちらから!

 こうみえてNHKの朝の連続テレビ小説を見るのはこの20年ぐらい続いている朝の習慣です。「ちゅらさん」「ちりとてちん」「ゲゲゲの女房」「カーネーション」など、毎朝楽しみで一日の始まりの活力になる作品もあれば、どうしようもない駄作に出会うこともあります。その作品が名作か、駄作かで、その年度の半年間の朝の過ごし方が変わってしまうほど朝ドラは生活に密着しています。
 現在放送中の「純と愛」。主人公・純のがさつさが受け付けなくて開始1カ月弱で見なくなっていたのですが、ちょうど舘ひろしが社長のホテルが、外資に渡る頃ぐらいから再視聴を始めました。主人公に対するイライラはだいぶなくなりましたが、今度はこの作者の作為が気に障るようになりました。

[コラム「寄り道」第12回]の続きを読む

テーマ:NHK:朝の連ドラ - ジャンル:テレビ・ラジオ

奄美群島成長戦略推進懇話会
成長戦略ビジョンへの提言、まとまる
「世代間授受」を盛り込む
奄美群島成長戦略推進懇話会

130118成長戦略_035
 第4回奄美群島成長戦略推進懇話会は1月18日、鹿児島市のマリンパレスかごしまであった。志学館大の原口泉教授を座長に各島代表の市・町長、有識者ら14人の委員が「奄美群島成長戦略ビジョン」の素案について、最終的な意見交換を行った。

[奄美群島成長戦略推進懇話会]の続きを読む

テーマ:政治・経済・時事問題 - ジャンル:政治・経済

サブスリーチャレンジ日記・第19回
「自己責任」の意味を考えよう!―第32回大会を振り返って
130113菜の花08
※もっとも快調に走れていた15㌔付近。写真提供はSCCの武田さん
2013年1月17日

 菜の花マラソンが終わってから、身体の方は順調に回復していますが、「気力」の回復に手間取っています。
 おとといが早朝ジョッグから始まって、立ちっぱなしでバスケットを取材し、夜は十三会と終日根を詰めて仕事をした反動で、きのうは今一つやることに集中力が上がりませんでした。

[サブスリーチャレンジ日記・第19回]の続きを読む

テーマ:陸上競技 - ジャンル:スポーツ

2013県高校新人バスケットボール大会
鹿女子、11年ぶり、鹿工3年ぶりV
130115新人バスケ11_035

130115新人バスケ16_035
 第43回県高校新人バスケットボール大会は1月12-15日の4日間、鹿児島市の県体育館などであった。
 女子は鹿児島女が決勝リーグ3戦全勝で11年ぶりの優勝を勝ち取った。男子決勝リーグは2勝同士で迎えた第1シード川内との最終戦で勝利した鹿児島工が栄冠に輝いた。
 男女とも4位までが九州大会(2月16、17日・大分)に出場する。

・決勝リーグ順位
【男子】①鹿児島工3勝 ②川内2勝1敗 ③伊集院1勝2敗 ④指宿商3敗
【女子】①鹿児島女3勝 ②鹿児島純心2勝1敗 ③神村学園1勝2敗 ④鹿児島3敗


※FBでより詳しい熱戦フォトグラフがお楽しみ頂けます!
[2013県高校新人バスケットボール大会]の続きを読む

テーマ:バスケットボール(日本) - ジャンル:スポーツ

奄美春秋
奄美新聞
※管理人が奄美新聞に書いたコラムです。

 先月、鹿児島大法文学部の木村朗教授が主宰する平和問題ゼミナールに参加した。「戦後日本の対米従属外交について」というテーマで同大の吉田健一准教授が講話した。
[奄美春秋]の続きを読む

テーマ:大衆迎合政治(ポピュリズム) - ジャンル:政治・経済

サブスリーチャレンジ日記・第18回
10回目の菜の花・下~試練の後半戦
130113菜の花07
※レース中最も過酷だった28㌔付近の苦悶の表情。写真提供はSCCの太田さん

2013年1月13、14日
 ところが、大きな「試練」が後半に待っていました。
 「風」です。開聞岳方向に向かう頃は、レースを走って初めて「追い風」を感じるほどだった風が後半に入ると、かなりきつい向かい風になりました。ただでさえ上り坂のきつい終盤にかなりの痛手ですが、上りは体力を温存するために楽に、下りは体力を回復させるために楽に走ることを心掛けました。

[サブスリーチャレンジ日記・第18回]の続きを読む

テーマ:陸上競技 - ジャンル:スポーツ

サブスリーチャレンジ日記・第17回
10回目の菜の花・上~最高の前半戦
130113菜の花05
2013年1月13日

 春の嵐のごとく過ぎ去った「菜の花マラソン」のことを、徒然書いてみようと思います。

 家を出たのは午前4時半。母親がおにぎりを2つ用意してくれて「気張っておいで!」のメッセージに感激しました。指宿に入って若干渋滞しましたが、ストレスを感じることなく、6時前に到着。しばし睡眠不足解消のため横になりながら、FBを開くといろんな方が応援メッセージを書き込み、「いいね」を押してくれています。1人1人の名前を思い浮かべながら、レースへの闘志を高めました。

[サブスリーチャレンジ日記・第17回]の続きを読む

テーマ:陸上競技 - ジャンル:スポーツ

農林水産物認証品フェア
鹿児島産の「安心・安全」な農産物を届けたい
かごしまの農林水産物認証品フェア

130112K-GAP01_035
 「かごしまの農林水産物認証制度」(K―GAP)の認証品フェアが12、13日の両日、鹿児島市のマックスバリュー・オプシアミスミ店であった。

[農林水産物認証品フェア]の続きを読む

テーマ:こんなの食べてみた - ジャンル:グルメ

県青年・女性漁業者活動実績発表大会
低・未利用資源の活用法を発表
奄美漁協組合・泉さん

130111漁業発表_035
 県や県漁協組合連合会などが主催する第59回県青年・女性漁業者活動実績発表大会が1月11日、鹿児島市の県民交流センターであった。県内の漁業関係者約400人が集まり、今後の漁業振興などについて考える会で、青年、女性の代表4人が日頃の活動などを報告。奄美からは奄美漁協組合女性部の泉扶代子部長=写真=が「低・未利用資源を活用した水産加工・販売への取り組み」と題して発表した。

[県青年・女性漁業者活動実績発表大会]の続きを読む

テーマ:鹿児島 - ジャンル:地域情報

読書案内
「先人の心」語り継ぎたい
「鹿児島ふるさとの昔話2」を出版
奄美の話も多数収録
下野さん

130110昔話_035
 「鹿児島ふるさとの昔話2」がこのほど南方新社より出版された。著者は鹿児島大、鹿児島純心女大などで比較民俗学の教授だった下野敏見さん=写真=(83)。奄美をはじめとする県内各地区の昔話168話が収録されており、下野さんの「先人の心を語り継ぎたい」想いの詰まった1冊になった。

[読書案内]の続きを読む

テーマ:児童文学・童話・絵本 - ジャンル:小説・文学

高校野球ドットコム案内
「高校野球ドットコム」野球部訪問に尚志館を掲載!
121215尚志館05_035
 「高校野球ドットコム」の「野球部訪問」に尚志館の記事を書きました。奄美新聞正月特集と少し視点を変えてあります。合わせてお読みください!


詳細なレポートと写真が「高校野球ドットコム・鹿児島版」に掲載!

野球部訪問・尚志館はこの文字をクリック!

※奄美新聞正月特集・上はこの文字をクリック!

※奄美新聞正月特集・下はこの文字をクリック!

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

第4回甲南クラブカップ
広がれ! ラグビーの「輪」
世代を超えてラグビーで交流
甲南クラブカップ

130106甲南ク03_035
 ラグビーの第4回甲南クラブカップが1月6日、鹿児島市の県立鴨池緑地公園であった。昨年までは社会人クラブの甲南クの「初蹴り」を兼ねた紅白戦だけだったが、今年は小中学生の鹿児島ジュニア、志学館大ラグビー部も参加し、クリニックや対抗戦を組んで、世代を超えた交流の場になった。企画した森下大輔監督は「ラグビーの普及・育成も兼ねて、鹿児島のラグビーの輪が広がった」と話していた。


※詳しい熱戦フォトグラフがフェイスブックでもお楽しみいただけます!
[第4回甲南クラブカップ]の続きを読む

テーマ:★ラグビー★ - ジャンル:スポーツ

2013・新春ドリームサッカー(フォトニュース)
鹿児島サッカー三昧の一日
130106ドリームサッカー12_035
 2013・新春ドリームサッカーが1月6日、鹿児島市のふれあいスポーツランドであった。
 中学生、高校生、社会人の対抗戦が組まれた一方で、親子ミニサッカーや親子PK大会などのイベントもあり、会場は子供から大人までサッカーで楽しんだ。メーンイベントでは鹿児島出身のJリーガー・八反田康平(鹿児島中央高卒、清水エスパルス)、柳崎祥兵(鹿児島実高卒、FC町田ゼルビア)、藤崎義孝監督(鹿実高卒、アビスパ福岡U15監督)やFC鹿児島、ヴォルカ鹿児島、女子サッカーのジュブリーレ鹿児島の選手らによるサッカースクールもあった。「鹿児島サッカー」三昧だった一日を「スポかごNEWS」のカメラで再現する。
[2013・新春ドリームサッカー(フォトニュース)]の続きを読む

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

サブスリーチャレンジ日記・第16回
「クラブE」という発想―外園さんに学ぶ
130101走り初め1
2013年1月1、4日

 今年の年明けは、菜の花を想定した3時間40分走が「走り初め」でした。
 自宅を出発し、城山の展望台から、照国神社、鶴丸城、西郷洞窟、西郷終焉の地、冷水、玉里団地、坂元、伊敷、小野、明和、水上坂、甲突川、護国神社、西郷・大久保座禅石のコースを、ペースはゆっくりでしたが、ひたすら走り続けました。この1年間、今まで以上に充実した練習ができていた中で、唯一やっていなかったのが3時間以上のロング走でした。


[サブスリーチャレンジ日記・第16回]の続きを読む

テーマ:陸上競技 - ジャンル:スポーツ

13年奄美新聞正月特集・下
果たせるか「大隅から甲子園」
「初めて」へのチャレンジ・下

121130正月尚志館01_035

◇ヤマ場の鹿実戦

 秋の県大会の大きなヤマ場は3回戦の鹿児島実戦だった。同じ川島学園の設置校である鹿実は、この年代では最も力があるとされたチームだった。
 エースで主将の福永泰志が大崎中、捕手の中島大成は松山中とどちらも大隅出身。中でも福永の名前は、小学校のソフトボールからスター選手として名前が知られていた。

[13年奄美新聞正月特集・下]の続きを読む

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ