鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
球夏2016展望
鹿実筆頭に「6強」がV争いの軸
カギ握るコンディション調整

2016052806204002a_20160630090407233.jpg

20160527071009aecs_20160630090403c99.jpg
 センバツ出場、NHK旗優勝の第1シード鹿児島実を筆頭に、春、NHK旗準優勝の樟南、春優勝の神村学園、好投手を擁する鹿城西、れいめい、大島の6強が優勝争いの軸になりそう。大会中に勢いをつかんでこれらを倒す「ダークホース」はどこかも注目したい。

※組み合わせ表をもとに大会の展望を書きました!


つづきはこの文字をクリック!
[球夏2016展望]の続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

奄美春秋



※管理人が奄美新聞に書いたコラムです。

 リオ五輪の陸上女子5000mの代表に鹿児島女高出身の上原美幸さんが選ばれた。上原さんは中学時代、筆者も所属しているNPO法人の陸上クラブ・SCCで本格的な陸上を始めた。「チームメート」の快挙に喜びも格別なものがあった。
[奄美春秋]の続きを読む

テーマ:陸上競技 - ジャンル:スポーツ

2016J3第14節
鹿児島U、勝利で首位堅持
FW川森が決勝点

160626-1鹿児島U1点目_035
 サッカーの2016J3リーグ第14節最終日は6月26日、全国各地であった。鹿児島ユナイテッドFCは鹿児島市の県立鴨池陸上競技場で藤枝MYFCと対戦。1―0で勝利し、首位を堅持した。
 前半0―0で折り返した鹿児島Uは後半38分、ゴール前混戦のこぼれ球を、途中出場のFW川森(16)がゴールを決め、これが決勝点となった。第7節から2つの引き分けを挟んで8試合負けなしと好調を維持した。
 鹿児島Uの通算成績は8勝3分2敗の勝ち点27で首位をキープ。第15節は7月3日にあり、FC琉球とアウエーで対戦する。


◇第14節
鹿児島U 1-0 藤枝MYFC
   (0-0、1-0)
・得点者【鹿】川森


※スポーツナビのサイトで公式記録とダイジェスト動画がご覧になれます!
[2016J3第14節]の続きを読む

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

16南九州高校陸上最終日
竹之内(鹿南)、大会新で2冠・男子三段跳
田中(大島)、岩切(国分中央)もV

160619-1男子三段跳_035

160619-2女子走高跳_035

160619-3男子110H_035
 2016年度全九州高校総体陸上南九州地区予選大会最終日は6月19日、宮崎市のKIRISIMAハイビスカス陸上競技場であった。
 竹之内優汰(鹿児島南)=写真上=は男子三段跳で15m30の大会新記録を出し、走幅跳と合わせて2冠を勝ち取った。女子走高跳は田中彩乃(大島)が1m64で制した他、6人中5人が鹿児島勢と上位を独占した=写真中=。男子百十障害は岩切亨生(国分中央)=写真下=が連覇した。女子三千はケニア人留学生のカマウ・タビタ(神村学園)が優勝は逃したものの、9分9秒19の大会新記録。女子七種3位の冨満美月(松陽)も4662点で大会新記録、県高校新記録だった。
 各種目6位まで(※混成は3位、競歩は4位)が全国大会(7月29日―8月2日・岡山)に出場する。


※成績の詳細はこの文字をクリック!
[16南九州高校陸上最終日]の続きを読む

テーマ:ランニング - ジャンル:スポーツ

16南九州高校陸上第3日
竹之内(鹿南)が7m48・男子走幅跳
1年生・平田(神村学園)、2年生・大脇(鹿南)もV

160618-1男子幅跳_035

160618-3女子800_035

160618-3女子5000W_035
 2016年度全九州高校総体陸上南九州地区予選大会第3日は6月18日、宮崎市のKIRISIMAハイビスカス陸上競技場であった。
 鹿児島勢は3種目で優勝と上位入賞が続いた。男子走幅跳は竹之内優汰(鹿児島南)が7m48で優勝、米森亮(鹿児島)も7m20で2位だった。女子八百は鹿児島勢5人が決勝に残り、1年生の平田歩弓(神村学園)が2分12秒93で優勝した他4人がインターハイ出場を決めた。女子五千競歩では2年生・大脇絵里奈(鹿南)と帖佐有美(国分中央)でワンツーフィニッシュだった。
 最終日は19日、同会場である。


※成績の詳細はこの文字をクリック!
[16南九州高校陸上第3日]の続きを読む

テーマ:ランニング - ジャンル:スポーツ

奄美春秋



※管理人が奄美新聞に書いたコラムです。
 与論出身の川畑朝一さんが、故郷についてまとめた「与論島誠景」を自費出版した。与論の方言、昔話、風習などについての考察が、自身のイラストとともにつづられた文集で、郷土史資料としても貴重な1冊になりそうだ。
[奄美春秋]の続きを読む

テーマ:紹介したい本 - ジャンル:本・雑誌

球夏2016組み合わせ決定
鹿実が第1シード

 第98回全国高校野球選手権鹿児島県大会の組み合わせ抽選会が6月18日、鹿児島市の鶴丸高校文化館であった。
 今大会の出場校は2つの連合チームを含む73チーム78校。大会は7月2日に鹿児島市の県立鴨池球場(雨天時は鴨池ドーム)で開会式があり、県立、鴨池市民の両球場で18日まで(雨天順延)夏の甲子園を目指した熱戦を繰り広げる。開会式の選手宣誓は鹿児島中央の穴井快英主将が務める。


※組み合わせ表はこの文字をクリック!
[球夏2016組み合わせ決定]の続きを読む

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

2016J3第13節
鹿児島U、長野と引き分け



 サッカーの2016J3リーグ第13節第1日は6月18日、全国各地であった。鹿児島ユナイテッドFCは鹿児島市の県立鴨池陸上競技場でAC長野パルセイロと対戦。0―0で引き分けだった。
 前節で首位に立った鹿児島Uはホームで4位・長野を迎え撃った。前半を0―0で折り返し、後半37分にはDF水本に替えてFW山田を投入するなど点を取りに行ったが、相手ゴールをこじ開けることはできなかった。
 鹿児島Uの通算成績は7勝3分2敗の勝ち点24。第14節は26日にあり、鹿児島市の県立鴨池陸上競技場で藤枝MYFCと対戦する。


◇第13節
鹿児島U 0-0 AC長野
   (0-0、0-0)


※スポーツナビのサイトで公式記録がご覧になれます。

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

16南九州高校陸上第2日
光(鹿南)が4m70でV・男子棒高跳
佐田(鹿南)は高1歴代7位・男子八種

160617-1男子棒高跳_035

160617-2男子8種_035
 2016年度全九州高校総体陸上南九州地区予選大会第2日は6月17日、宮崎市のKIRISIMAハイビスカス陸上競技場であった。
 鹿児島勢は男子棒高跳で光隼平(鹿児島南)=写真上=が4m70で優勝した。男子八種の佐田征義(同)=写真下=は高1歴代7位に相当する5102点で2位と健闘した。女子四百障害の篠原愛海(鹿児島女)、女子千五百の谷口愛(神村学園)も2位だった。
 第3日は18日、同会場である。


※記録の詳細はこの文字をクリック!
[16南九州高校陸上第2日]の続きを読む
16南九州高校陸上第1日
2年生・川島(鹿児島)がV・女子走幅跳
大上(国分中央)は自己ベストで2位・男子走高跳

160616-1女子幅跳び_035

160616-2男子高跳_035
 2016年度全九州高校総体陸上南九州地区予選大会第1日は6月16日、宮崎市のKIRISIMAハイビスカス陸上競技場であった。
 鹿児島勢は女子走幅跳で2年生の川島杏純(鹿児島)=写真上左=が5m54で優勝。田中亜季(同)=写真上右=は3位だった。男子走高跳の大上拓海(国分中央)が自己ベストとなる2m05=写真下=で2位だった。四百は男子・松元泉来(鹿児島南)、女子・佐野亜衣(鹿児島)の3位が最高成績だった。
 第2日は17日、同会場である。


※成績の詳細はこの文字をクリック!
[16南九州高校陸上第1日]の続きを読む
故郷・与論の本を自費出版(奄美新聞掲載)
故郷・与論の文化、後世に残したい
「与論島誠景・雑抄」を自費出版
川畑さん(与論島出身)

160612川畑さん01_035
 与論島出身で元特別支援学校長の川畑朝一さん(65)=写真=が、与論島で過ごした少年期の思い出や島唄、方言などをつづった文集「与論島誠景(じょうけい)・雑抄」と別冊「ゆんぬむぬがったい(与論の昔話)」を自費出版した。「故郷の文化を、後世に伝え、残したい」と出版に寄せた想いを語った。

[故郷・与論の本を自費出版(奄美新聞掲載)]の続きを読む

テーマ:紹介したい本 - ジャンル:本・雑誌

2016J3第12節
鹿児島U、首位浮上!
無敗・秋田に快勝




 サッカーの2016J3リーグ第12節は6月12日、全国各地であった。鹿児島ユナイテッドFCは秋田市のあきぎんスタジアムで首位・ブラウブリッツ秋田と対戦。3―1で勝利し、首位に浮上した。
 鹿児島Uは前半5分にFW藤本のゴールで先制する。2分後に同点に追いつかれたが、41分にMF中原が勝ち越し弾。後半16分には藤本がこの日2得点目となる技ありのゴールを決めて突き放し、今季無敗の秋田から貴重な白星をつかんだ。
 鹿児島Uの通算成績は7勝2分2敗の勝ち点23で単独首位。第13節は18日にあり、鹿児島市の県立鴨池陸上競技場でAC長野パルセイロと対戦する。


◇第12節
鹿児島U 3-1 秋田
   (2-1、1-0)
・得点者【鹿】藤本2、中原【秋】田中


※スポーツナビのサイトで公式記録とダイジェスト動画がご覧になれます。

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

球夏2016、組み合わせ抽選前展望(高校野球ドットコム掲載)
春夏連続、連覇に挑む鹿実
阻むのはどこか?

160612展望01_035

 この夏の鹿児島は、センバツに続く春夏連続甲子園、昨夏に続く連覇を目指す鹿児島実が優勝候補の大本命で、これを他校が追いかける構図になりそうだ。



つづきはこの文字をクリック!
[球夏2016、組み合わせ抽選前展望(高校野球ドットコム掲載)]の続きを読む

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

16県高校総体・空手道第1日(奄美新聞掲載)
1年生・嶺山(徳之島)がV・女子個人形
男子個人形の樺山(同)も2位でインターハイへ

160607-2空手個人形・嶺山02_035
 2016年度鹿児島県高校総体空手道第1日は6月7日、鹿児島市の県体育館で男女団体組手、個人形があった。
 奄美勢では女子個人形で1年生の嶺山歩美(徳之島)=写真=が優勝、福地優希(与論)が3位だった。男子個人形では樺山輝(徳之島)が2位でインターハイ出場を決めた。団体組手は男子の徳之島が3位、大島が4位、女子の大島は4位だった。
 男女とも団体組手の1位と個人形の2位までが全国大会(7月30日-8月2日・山口)、団体2位までと個人4位までが九州大会(7月8-10日・宮崎)に出場する。最終日は8日、同会場で男女個人組手がある。
[16県高校総体・空手道第1日(奄美新聞掲載)]の続きを読む

テーマ:空手 - ジャンル:スポーツ

野球部訪問・加治木(高校野球ドットコム掲載)下
チームの「総和」「相乗」をどう作るか?
加治木・下

160530加治木02_035

 大会直前はインフルエンザの脅威にさらされた中で勝ち取った4強を、今選手たちはどのように考えているか。
 「楽な試合は1試合もなかった。全部が苦しい試合だった」
 リードオフマンの井料央智(3年)は言う。



つづきはこの文字をクリック!
[野球部訪問・加治木(高校野球ドットコム掲載)下]の続きを読む

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

野球部訪問・加治木(高校野球ドットコム掲載)上
チームの「総和」「相乗」をどう作るか?
加治木・上

160530加治木01_035
 「快進撃の作り方」とはなかなか核心を突くテーマである。「作り方」がどこかにあるなら、もっといろんな学校が甲子園に行っているだろう。昨秋初戦敗退だった加治木が、ノーシードから春の鹿児島大会で4強入りしたのは「快進撃」といえる。だが「快進撃の作り方というテーマで取材したいのですが…」と加治木・前野忠義監督に問うと「うちですか?」と驚かれた。



つづきはこの文字をクリック!
[野球部訪問・加治木(高校野球ドットコム掲載)上]の続きを読む

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

16県高校総体・相撲(奄美新聞掲載)
鹿商、4年ぶり王座奪還・団体
個人無差別級は磯(樟南)が制す

160604-1相撲・鹿商02_035
 2016年度鹿児島県高校総体相撲は6月4日、日置市の吹上浜公園相撲場であった。
 鹿児島商、樟南、鹿児島実の3校で争われた団体リーグ戦は、互いに1勝して鹿商と樟南が対決。二陣から3連勝した鹿商が3-2で樟南に競り勝ち、4年ぶりに王座に返り咲いた。個人無差別級決勝は磯晃城(古仁屋中卒)と時永紫陽(同)の樟南同士の対戦となったが、磯がよりきりで勝利した。
 団体の1位と個人無差別級の3位までが全国大会(8月3-5日・鳥取)、団体の2位までと個人戦各階級の4位までが九州大会(7月3日・鹿児島)に出場する。
[16県高校総体・相撲(奄美新聞掲載)]の続きを読む

テーマ:大相撲 - ジャンル:スポーツ

奄美プラム、初出荷(奄美新聞掲載)
プラムきっかけに「安心・安全」を発信
制限区域解除後初のセリ

160604プラム03_035
 JA鹿児島県経済連は6月4日、鹿児島市東開町の中央卸売市場青果市場で、奄美プラム(すもも)の初セリ会・宣伝販売会を実施した。昨年、奄美大島でミカンコミバエが侵入し、果樹品目の移動制限区域となって以降、初の出荷、セリとなり「プラムをきっかけにして、奄美産農産物が安心・安全であることを全国にPRしたい」(伊集院幼・大和村長)と関係者は意気込んでいた。

[奄美プラム、初出荷(奄美新聞掲載)]の続きを読む

テーマ:鹿児島 - ジャンル:地域情報

奄美春秋



※管理人が奄美新聞に書いたコラムです。

 仕事柄、スポーツ漫画はよく読む。昔の「ドカベン」や「キャプテン翼」は時に、現実離れした技をやってのけるスーパーヒーローが登場するが、最近ではリアリティーがあって、現実の世界でも通用しそうなメンタリティーが描かれている作品もある。
[奄美春秋]の続きを読む

テーマ:伝えたいこと - ジャンル:日記

16県高校総体・競泳最終日(奄美新聞掲載)
当田(大島)が3位・男子100mバタフライ
160603競泳・1当田02_035
 2016年度鹿児島県高校総体競泳最終日は6月3日、鹿児島市の鴨池公園水泳プールであった。
 奄美勢では男子100mバタフライで当田涼惟(大島)=写真=が1分0秒72で3位入賞し、200mと合わせて2種目で九州大会出場を勝ち取った。女子100mバタフライの池田芽生(与論)は7位、女子400mリレーの大島は8位で九州大会出場を決めた。
 男女とも各種目8位までが九州大会(7月16-18日・大分)に出場する。
[16県高校総体・競泳最終日(奄美新聞掲載)]の続きを読む

テーマ:水泳 - ジャンル:スポーツ

16県高校総体・競泳第1日(奄美新聞掲載)
当田(大島)が5位・男子200mバタフライ
160602-1競泳・当田01_035

160602-5競泳・武元02_035
 2016年度鹿児島県高校総体競泳第1日は6月2日、鹿児島市の鴨池公園水泳プールであった。
 奄美関係では男子200mバタフライで当田涼惟(大島)=写真上=が5位、女子50m自由形で武元美優(大島)=写真下=が6位、池田芽生(与論)が7位で九州大会(7月16-18日・大分)出場を決めた。
 最終日は3日、同会場である。
[16県高校総体・競泳第1日(奄美新聞掲載)]の続きを読む

テーマ:水泳 - ジャンル:スポーツ

16県高校総体・バスケットボール
れいめい、12年ぶりV・男子
女子は鹿児島女が3年ぶり栄冠

160531県総体バスケ01_035

160531県総体バスケ02_035
 2016年度鹿児島県高校総体バスケットボールは5月28-31日の4日間、鹿児島市の県体育館などであった。
 男子決勝リーグ最終戦は2勝同士のれいめいと甲南が激突。前半は30-29のれいめい1点差と競り合ったが、後半れいめいが突き放し、75-56で勝利し12年ぶりの栄冠を勝ち取った。女子は鹿児島女が決勝リーグ全試合2桁得点差をつけ3戦全勝で3年ぶりに王座奪還した。2位には最終日に2勝した伊集院が初の九州大会出場を決めた。
 男女とも優勝チームが全国大会(7月30日―・広島)、2位までが九州大会(6月24-26日・佐賀)なお、決勝リーグの模様は、6月23日の午後2時からMBCテレビで放送される。


【男子決勝リーグ順位】①れいめい3勝 ②甲南2勝1敗 ③加治木工2勝1敗 ④川内3敗

【女子決勝リーグ順位】①鹿児島女3勝 ②伊集院2勝1敗 ③れいめい1勝2敗 ④川内3敗


※成績の詳細は県協会ホームページに後日掲載

※フェイスブックで女子決勝リーグと表彰式の熱戦フォトグラフがご覧になれます。

※フェイスブックで男子決勝リーグ最終戦の熱戦フォトグラフがご覧になれます。
[16県高校総体・バスケットボール]の続きを読む

テーマ:バスケットボール(日本) - ジャンル:スポーツ