鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
16年度秋季姶良伊佐地区高校野球大会
[16年度秋季姶良伊佐地区高校野球大会]の続きを読む
スポンサーサイト

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

16年度秋季南薩地区高校野球大会
[16年度秋季南薩地区高校野球大会]の続きを読む

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

16年度鹿児島市内地区新人高校野球大会
[16年度鹿児島市内地区新人高校野球大会]の続きを読む

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

奄美春秋



※管理人が奄美新聞に書いたコラムです。

 リオ五輪では様々な日本人選手の活躍もあって、寝不足な夜を過ごした人も多かったことだろう。個人的には陸上女子五千mに出場した上原美幸選手の応援に最も力が入った。
[奄美春秋]の続きを読む

テーマ:陸上競技 - ジャンル:スポーツ

第71回九州陸上選手権大会最終日
松谷(鹿銀・男子やり投)、本村(立命館大・女子200)ら2位が最高成績
160821-1男子やり投_035

160821-2女子200_035
 第71回九州陸上選手権大会最終日は8月21日、鹿児島市の県立鴨池陸上競技場であった。
 鹿児島県関係では男子やり投の松谷昂星(鹿児島銀行)=写真上=、走高跳の上別府剛志(九州共立大、鹿児島商高卒)、千五百の中山謙(鹿児島大)、女子二百の本村優華(立命館大、川薩清修館高卒)=写真下=、千五百の小原諒子(鹿児島銀行)の2位が最高成績だった。


※記録の詳細はこの文字をクリック
[第71回九州陸上選手権大会最終日]の続きを読む

テーマ:陸上競技 - ジャンル:スポーツ

第71回九州陸上選手権大会第2日
160820-1女子400H_035
中釜(東学大、鹿児島高卒)がV2・女子400H
市田(旭化成)は2冠

 第71回九州陸上選手権大会第2日は8月20日、鹿児島市の県立鴨池陸上競技場であった。
 鹿児島県関係では女子四百障害の中釜佐和子(東京学芸大、鹿児島高卒)=写真=が1分00秒62で2連覇を達成した。市田宏(旭化成、鹿児島実高卒)は男子五千を14分12秒14で制し、三千障害と合わせて2冠を達成した。女子五千は上田敏斗美と足立由真の京セラ勢が激しく首位争いをしたが、最後に抜け出した上田が勝利した。男子十種の安栖遼太郎(国際武道大、同)は6517点で優勝。男子ジュニア五千は茅野雅博、坂倉恭平、谷山康平の鶴翔高勢3人が上位を独占した。
 最終日は21日、同会場である。


※記録の詳細はこの文字をクリック
[第71回九州陸上選手権大会第2日]の続きを読む

テーマ:陸上競技 - ジャンル:スポーツ

第71回九州陸上選手権大会第1日
下野(九電工、鹿商高卒)、大会新でV7・男子走幅跳
180819-1男子幅跳_035

180819-2男子3000SC_035
 第71回九州陸上選手権大会第1日は8月19日、鹿児島市の県立鴨池陸上競技場であった。
 鹿児島県関係では男子走幅跳で下野伸一郎(九電工、鹿児島商高卒)=写真上=が7m89を跳び、大会新記録で7連覇を飾った。男子三千障害では市田宏(旭化成、鹿児島実高卒)=写真下=が9分00秒21で優勝。女子一万は古瀬麻美(京セラ)が34分03秒64で制した。
 男子ジュニア走幅跳では馬見塚大樹(出水高)と米森亮(鹿児島高)、女子ジュニア走高跳では宮内理音(鹿児島南高)と萩原莉子(同)がワンツーフィニッシュだった。
 第2日は20日、同会場である。


※記録の詳細はこの文字をクリック!
[第71回九州陸上選手権大会第1日]の続きを読む

テーマ:陸上競技 - ジャンル:スポーツ

日米親善大学野球フェスティバル
日米の大学生、互いの「野球文化」を体感
日米親善大学野球フェスが初開催

160816日米野球11_035

160816日米野球01_035
 「日米親善大学野球フェスティバル」が8月15―19日の5日間、県内であった。米・南カリフォルニアの学生選抜チーム11人が来鹿し、鹿児島大など日本の大学チームと真剣勝負を繰り広げた。

[日米親善大学野球フェスティバル]の続きを読む

テーマ:野球全般 - ジャンル:スポーツ

年中夢求第29回
上原美幸が「いつもの美幸」であり続けた夜
160816SCC01_035

160816SCC02_035
 リオ五輪の陸上女子五千の予選があった8月16日の夜、鹿児島市天文館のちゃんこ番「玉の杉」では、予選第1組に登場した上原美幸(鹿児島女高卒、第一生命)を応援すべく、彼女の出身チームであるSCCのメンバーら40人あまりが集い、パブリックビューイングで上原に声援を送った。上原は15分23秒41、第1組7位で、見事決勝進出を果たした。SCC設立16年目にして初めて誕生した出身五輪選手の快挙を、40人あまりの仲間たちと共有することができた

[年中夢求第29回]の続きを読む

テーマ:陸上競技 - ジャンル:スポーツ

奄美春秋



※管理人が奄美新聞に書いたコラムです。

 8月15日の午前11時51分、妻の祖母が亡くなった。御年93歳。昨年末に生まれたばかりの息子からみれば、歳の差約1世紀の人生の大先達だ。妻と結婚してから2年あまりの親戚づきあいだったが、90歳を超えても肌艶が良く、笑顔が素敵で、優しさの中にも厳しい時代を生きてきた芯の強さを感じさせた人だった。
[奄美春秋]の続きを読む

テーマ:伝えたいこと - ジャンル:日記

現場から(奄美新聞掲載)
際立った伝統校の勝負強さ
延泊に抜本的な対策を

160814現場から_035
 先月の第98回全国高校野球選手権鹿児島大会を一言で表現するなら「長かった」ということに尽きる。大会期間中、雨による順延が6日あった。7月2日に開幕して、甲子園出場校が決まったのが26日。7月はほぼ高校野球にかかり切りだったような印象がある。
 異例の長丁場となった大会を勝ち進み、決勝を争ったのは鹿児島実と樟南、第1、2シードの伝統校だった。決勝戦は1―1のまま延長十五回でも決着がつかず、規定により引き分け。2日後に再試合という、こちらも98回を数える大会史上初めての出来事であり、長かった大会を象徴していたように思えた。再試合もまた1点を争う緊迫した好ゲームとなり、樟南が3―2で競り勝ち、3年ぶり19回目となる夏の甲子園への切符を手にした。

[現場から(奄美新聞掲載)]の続きを読む

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

2016J3第5節
DF田中が執念の同点弾
単独2位浮上
鹿児島U




 サッカーの2016J3リーグは8月13日、熊本地震で中止になった第5節の試合が各地であった。鹿児島ユナイテッドFCは鹿児島市の県立鴨池陸上競技場でSC相模原と対戦。1―1の引き分けだった。
 前半終了間際に先制点を許した鹿児島Uだったが、後半32分にDF田中が同点ゴールを決めて追いついた。
 鹿児島Uの通算成績は11勝4分5敗の勝ち点37で、大分トリニータを抜いて単独2位に浮上。第21節は9月11日にあり、同会場で鳥取SCと対戦する。

 鹿児島U・浅野哲也監督 ホームで勝ち点2を失ったことに、非常に悔しさがある。このところセットプレーは、ゲーム中の鍵になっている。準備はしてきたつもりだったが、簡単にやられてしまった。安易にファールして、相手にFKを与えてしまった。課題として修正していく必要がある。


◇第5節
鹿児島U 1-1 SC相模原
   (0-1、1-0)
・得点者【鹿】田中【相】井上


※スポーツナビのサイトで公式記録とダイジェスト動画がご覧になれます。

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

レブナイズ、三反園知事表敬訪問
鹿児島レブナイズ、三反園知事を表敬訪問
160812知事表敬_035
 男子プロバスケットボールチームの鹿児島レブナイズの選手らが8月12日、鹿児島市の県庁を訪れ、三反園訓知事を表敬訪問した。
[レブナイズ、三反園知事表敬訪問]の続きを読む

テーマ:バスケットボール(日本) - ジャンル:スポーツ

第38回九州中学陸上(奄美新聞掲載)
幾(朝日)が2種目で上位入賞・二百位、百3位
160807陸上・幾_035
 第38回九州中学陸上大会は8月6、7日の両日、鹿児島市の県立鴨池陸上競技場であった。
 奄美勢では幾真希(朝日)=写真=が女子共通二百を25秒68で2位、同3年百を12秒15で3位と2種目で上位入賞を果たした。女子共通砲丸投の嶺元麗美(城ケ丘)は10m43で11位だった。

[第38回九州中学陸上(奄美新聞掲載)]の続きを読む

テーマ:ランニング - ジャンル:スポーツ

プレーバック決勝延長再試合(高校野球ドットコム掲載)
県内最強の「鉾」「盾」の激突
樟南、守り勝って3年ぶりの甲子園へ
史上初再試合決勝を振り返って

160726樟南優勝_035
 今年の夏の甲子園をかけた鹿児島大会の決勝戦は鹿児島実と樟南、第1、2シードの実力校同士の激突となった。夏休み最初の日曜日だった7月24日にあった決勝戦は、1対1のまま延長15回でも決着がつかなかった。98回の鹿児島大会史上初となる再試合が2日後にあり、こちらも1点を争う緊迫した展開の末、樟南が3対2で競り勝ち、3年ぶり19回目となる夏の甲子園への切符を手にした。


詳細なレポートは「高校野球ドットコム・鹿児島版」に掲載!

つづきはこの文字をクリック!
[プレーバック決勝延長再試合(高校野球ドットコム掲載)]の続きを読む

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

2016J3第20節
鹿児島U、連勝で2位キープ
ルーキー藤井、初ゴール




 サッカーの2016J3リーグ第20節第1日は8月6日、大阪市の緊張スタジアムで鹿児島ユナイテッドFCとセレッソ大阪U23戦があった。鹿児島Uは2―0で、2連勝した。
 前半を0―0で折り返した鹿児島Uだったが、後半開始早々にFW藤本が2試合連続となるゴールで先制。試合終了間際のアディショナルタイムには途中出場のルーキー・FW藤井が今季初ゴールを決めてダメ押し、2試合連続完封ゲームでアウエーでの白星を手にした。
 鹿児島Uの通算成績は11勝3分5敗の勝ち点36で、2位をキープ。鹿児島Uの次戦は13日、鹿児島市の県立鴨池陸上競技場で4月17日に熊本地震の影響で中止となった第5節のSC相模原戦がある。

 鹿児島U・浅野哲也監督 押し込まれた時間帯があった中で失点をしなかったのが全て。後半はコンパクトにしようして、すぐにゴールが生まれ、少し落ち着いた。後手になる時間帯もあった中、みんなが最後まで粘り強く戦ってくれたおかげで2点目のゴールに繋がった。お互いに勝ちたいという気持ちが出て、エキサイティングなゲームになったが、こういうタフな戦いもしっかり勝っていけるように、これからも頑張る。


◇第20節
鹿児島U 2-0 C大阪U23
  (0-0、2-0)
・得点者【鹿】藤本、藤井


※スポーツナビのサイトで公式記録がご覧になれます。

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

奄美春秋



※管理人が奄美新聞に書いたコラムです。

 今年の夏の甲子園をかけた鹿児島大会の決勝戦は球史に残る名勝負だった。樟南と鹿児島実が延長十五回で決着がつかず、史上初の決勝再試合となり、樟南が1点差で競り勝って3年ぶりの夏の甲子園への切符を手にした。
[奄美春秋]の続きを読む

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

2016J3第19節
鹿児島U、今季最多得点で2位浮上!
160731鹿児島U1点目_035
 サッカーの2016J3リーグ第19節は7月31日、全国各地であった。鹿児島ユナイテッドFCは鹿児島市の県立鴨池陸上競技場でYSCC横浜と対戦。4―0で快勝し、連敗を2で止めた。
 鹿児島Uは前半26分、PKのチャンスを3試合ぶりにスタメン復帰したFW藤本=写真=が決めて先制。その3分後には左サイドCKをMF井上が決めて2点目を挙げた。後半に入ると開始早々から攻勢をかけ、8分にはMF中原、15分にDF富成が決めて突き放し、5試合ぶりに完封した。
 鹿児島Uの通算成績は10勝3分5敗の勝ち点33で、この日敗れた大分、引き分けた長野を抜いて2位に浮上した。第20節は6日にあり、アウエーでセレッソ大阪U23と対戦する。


◇第19節
鹿児島U 4-0 YSCC横浜
   (2-0、2-0)
・得点者【鹿】藤本、井上、中原、富成


※スポーツナビのサイトで公式記録とダイジェスト動画がご覧になれます。
[2016J3第19節]の続きを読む

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ