FC2ブログ
NPO法人スポーツかごしま新聞社オフィシャルサイト

ギャラリーショッピング
奄美春秋



※管理人が奄美新聞に書いたコラムです。

 先週の土曜日、今季最後となるホームゲームで鹿児島ユナイテッドFCが水戸を相手に見事勝利を収めた。J2残留に大きく前進する勝利だった。



[奄美春秋]の続きを読む
スポンサーサイト



テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

読書案内・エルゴラッソ
水戸戦のマッチレポート、コラムを執筆
2257.jpg

 管理人・政純一郎の執筆情報です。
 エルゴラッソ最新号に水戸戦のマッチレポート、コラムを書きました。


※ダウンロード版の購読はこの文字をクリック!



テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

第26回県高校新人体操大会
吉留(出水商)、男子個人総合制す!
女子は春日(れいめい)がV

191117体操01

191117体操11
 第26回鹿児島県高校新人体操大会は11月17日、鹿児島市の県体育館であった。
 男子個人総合は6種目中4種目で1位だった吉留涼真(出水商)=写真上=が73.250で制した。女子は春日惇(れいめい)=写真下=が4種目中3種目で1位の43.400で優勝だった。男子団体は出水商が5連覇、女子はれいめいが2連覇した。




[第26回県高校新人体操大会]の続きを読む

テーマ:体操・新体操 - ジャンル:スポーツ

2019J2第41節
ホーム最終戦、白星で飾る
鹿児島U

74442959_970223593353533_8626166382058274816_n.jpg

 サッカーの2019J2リーグ第41節は16日、全国各地で11試合があった。鹿児島ユナイテッドFCは鹿児島市の白波スタジアムで水戸ホーリーホックと対戦。1―0で勝利し、今季ホーム最終戦を白星で飾った。
 4位・水戸に対して、鹿児島Uは序盤の劣勢をしのぐと、徐々にボールをつないで敵陣に攻め込み主導権を握る。44分に左サイドでCKを得ると、FW韓が頭で押し込んで先制した。後半はJ1参入プレーオフ進出に向けて得点を奪いにきた水戸の猛攻に守勢を強いられる展開に。だがGK大西を中心に粘り強く守り切り、完封勝利を挙げた。
 鹿児島Uの通算成績は11勝7分23敗、勝ち点40で22チーム中20位。21位・栃木も勝利したため、勝ち点差は3のままで、J2残留は次節に持ち越しとなった。今季最終節となる第42節は24日、アビスパ福岡とアウエーで対戦する。


◇第41節
鹿児島U 1-0 水戸
   (1-0、0-0)
・得点者【鹿】韓


※試合の詳細はJリーグ公式サイトで!



[2019J2第41節]の続きを読む

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

B3リーグ2019-20第9節
逆転勝ちで同一カード初連勝!
レブナイズ




 男子プロバスケットボールのB3リーグ19―20シーズン第9節第3日は11月16日、全国各地で5試合があった。鹿児島レブナイズは越谷市立総合体育館サブアリーナで東京サンレーヴスと対戦。91―88で勝利し、今季初の同一カード連勝を勝ち取った。

◇第9節
レブナイズ 91-88 東京CR
(15-25、26-20、22-25、28-18)


※成績の詳細はスポーツナビのサイトで!



[B3リーグ2019-20第9節]の続きを読む

テーマ:バスケットボール(日本) - ジャンル:スポーツ

2019J2第41節見どころ
残留と昇格。異なる目標を持った両者が対峙!




 管理人・政純一郎の執筆情報です。
 Jリーグ公式サイトに本日の水戸戦の見どころを書きました。


※詳細はこの文字をクリック!



テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

B3リーグ2019-20第9節
12点差で快勝
レブナイズ




 男子プロバスケットボールのB3リーグ19―20シーズン第9節第2日は11月15日、全国各地で3試合があった。鹿児島レブナイズは越谷市総合体育館サブアリーナで東京サンレーヴスと対戦。99―87で勝利し、今季5勝目を挙げた。

◇第9節
レブナイズ 99-87 東京CR
(20-27、25-18、29-23、25-19)


※成績の詳細はスポーツナビのサイトで!



[B3リーグ2019-20第9節]の続きを読む

テーマ:バスケットボール(日本) - ジャンル:スポーツ

読書案内・エルゴラッソ
水戸戦のプレビューを執筆
1889428_o.jpg

 管理人・政純一郎の執筆情報です。
 エルゴラッソ最新号に本日の水戸戦のプレビューを書きました。


※ダウンロード版の購読はこの文字をクリック!

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

奄美春秋



※管理人が奄美新聞に書いたコラムです。

 夏の高校野球で話題になった球数制限がどうやら来春以降、導入されそうな気配である。日本高野連の有識者会議で、1人の投手の投球数を1週間で500球以内とする答申がなされた。



[奄美春秋]の続きを読む

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

第25回MBC旗争奪1年生大会最終日
鹿実、サヨナラ勝ちで3年ぶりV
191110-14鹿実サヨナラ勝ち
【決勝・鹿児島実―神村学園】9回裏鹿実一死満塁、8番・小倉の内野安打で三走・平石(右)が生還、サヨナラ勝ち=平和リース

 第25回MBC旗争奪高校野球選抜1年生大会最終日は11月10日、鹿児島市の平和リース球場で決勝があり、鹿児島実が3年ぶり6回目の優勝を勝ち取った。
 決勝は鹿児島実と神村学園の顔合わせ。中盤、チャンスをものにして神村学園がリードを奪ったが、6回以降に鹿児島実が追い上げる。8回、押し出しで同点に追いつき、9回は一死満塁から途中出場の8番・小倉良貴の内野安打で勝ち越し、サヨナラ勝ちした。


◇10日の結果
・決勝(平和リース)
鹿児島実 6-5 神村学園





観戦レポートはこの文字をクリック!



テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

B3リーグ2019-20第8節
猛追及ばず、連勝止まる!
レブナイズ




 男子プロバスケットボールのB3リーグ19―20シーズン第8節最終日は11月10日、全国各地で5試合があった。鹿児島レブナイズは東串良町の総合体育館でベルテックス静岡と対戦。93―95で敗れ、3連勝を逃した。

◇第8節
レブナイズ 93-95 静岡
(21-22、26-28、22-33、24-12)


※成績の詳細はスポーツナビのサイトで!
[B3リーグ2019-20第8節]の続きを読む

テーマ:バスケットボール(日本) - ジャンル:スポーツ

花園予選2019最終日
鹿工、6年ぶりの花園へ!
191110花園ロゴ

 第99回全国高校ラグビー大会鹿児島県予選最終日は11月10日、鹿児島市の白波スタジアムで決勝戦があり、鹿児島工が6年ぶり13回目の栄冠に輝いた。
 決勝は鹿工と新人戦、県総体覇者の鹿児島玉龍が激突。前半6分にFB引地のトライで鹿工が先制し、前半だけで3トライを挙げてリードした。後半、鹿玉龍も反撃しトライを返したが、鹿工がそれを上回り、41-19で勝利した。
 優勝した鹿工は全国大会(12月27日―・東大阪市花園ラグビー場)に出場する。


◇決勝
鹿児島工 41-19 鹿児島玉龍
   (17-0、24-19)


※その他の成績はこの文字をクリック!

テーマ:ラグビー - ジャンル:スポーツ

第25回MBC旗争奪1年生大会第3日
決勝は鹿実VS神村
191109-3鹿実1点目
【準決勝・鹿児島実―川内】2回裏鹿実二死一三塁、一走が挟まる間に三走・濵田が本塁を陥れ、1-1の同点に追いつく=平和リース

 第25回MBC旗争奪高校野球選抜1年生大会第3日は11月9日、鹿児島市の平和リース球場で準決勝2試合があった。
 鹿児島実は5回に中軸が集中打を浴びせ、川内に快勝。神村学園は打線がつながり、鹿屋中央にコールド勝ちだった。
 最終日は10日、同球場で午後0時5分から決勝がある。


◇9日の結果
・準決勝(平和リース)
鹿児島実 9-3 川内
神村学園 11-0 鹿屋中央(7回コールド)

◇10日の試合
・決勝(平和リース)
12:05 鹿児島実―神村学園





全2試合の観戦レポートはこの文字をクリック!



テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

B3リーグ2019-20第8節
100点ゲームで競り勝ち、今季初連勝
レブナイズ




 男子プロバスケットボールのB3リーグ19―20シーズン第8節第2日は11月9日、全国各地で6試合があった。鹿児島レブナイズは東串良町の総合体育館でベルテックス静岡と対戦。108―103で勝利し、今季初の連勝だった。


◇第8節
レブナイズ 108-103 静岡
(35-28、20-21、29-31、24-23)


※試合の詳細はスポーツナビのサイトで!



[B3リーグ2019-20第8節]の続きを読む

テーマ:バスケットボール(日本) - ジャンル:スポーツ

2019J2第40節
首位・柏に屈す!
鹿児島U




 サッカーの2019J2リーグ第40節は11月9日、全国各地で2試合があった。鹿児島ユナイテッドFCは千葉県柏市の三協フロンティア柏スタジアムで柏レイソルと対戦。0―3で敗れ、6試合ぶりの黒星を喫した。

◇第40節
鹿児島U 0-3 柏
   (0-2、0-1)
・得点者【柏】ヒシャルジソン、江坂、オルンガ


※試合の詳細はJリーグ公式サイトで!
[2019J2第40節]の続きを読む

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

第25回MBC旗争奪1年生大会
鹿実VS川内、鹿屋中央VS神村で準決勝

 第25回MBC旗争奪高校野球選抜1年生大会は11月2、3日の両日、鹿児島市の平和リース球場などで準々決勝までがあった。
 川内は左腕エース堀口慶人が鹿児島情報打線を散発3安打で完封した。鹿児島実は1点差で国分中央に競り勝ち4強入り。鹿屋中央はれいめいに競り勝ち、神村学園は中盤以降畳みかけて、加治木工にコールド勝ちだった。
 第3日は9日、平和リース球場で準決勝2試合がある。


◇2日の結果
・1回戦(平和リース)
国分中央 8-7 大島
鹿児島情報 7-0 尚志館(8回コールド)
川内 6-4 枕崎
・1回戦(鴨池市民)
れいめい 7-4 薩南工
鹿屋中央 8-1 鹿児島商(8回コールド)
神村学園 16-11 種子島・種子島中央・屋久島

◇3日の結果
・準々決勝(鴨池市民)
鹿児島実 2-1 国分中央
川内 2-0 鹿児島情報
・準々決勝(姶良)
鹿屋中央 5-3 れいめい
神村学園 11-4 加治木工(8回コールド)

◇9日の試合
・準決勝(平和リース)
10:00 鹿児島実―川内
12:30 鹿屋中央―神村学園





全試合の観戦レポートはこの文字をクリック!



テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

読書案内・エルゴラッソ
柏戦のプレビューを執筆
2254.jpg

 管理人・政純一郎の執筆情報です。
 エルゴラッソ最新号にあすの柏戦のプレビューを書きました。


※ダウンロード版の購読はこの文字をクリック!



テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

読書案内・エルゴラッソ
岡山戦のマッチレポートを執筆
1889422_o.jpg

 管理人・政純一郎の執筆情報です。
 エルゴラッソ最新号に先日の岡山戦のマッチレポートを書きました。


※ダウンロード版の購読はこの文字をクリック!

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

現場から(奄美新聞掲載)
「キャッシュレス」社会を考える
求められる変化への対応

191102現場から

 「キャッシュレス」について興味を持ったきっかけは、8月に格安航空のピーチ・アビエーションが奄美と成田、関西空港を結ぶ路線を就航させると発表した時だ。路線就航と合わせて、同社とスマホ決済を扱う「Origami」と地元の奄美信用金庫が連携し、奄美群島のキャッシュレス化を進めていくという。
 目指すのは群島内の経済活性化。島外からやってくる人、中でも海外からやってくる人たちのインバウンド効果を高めるためには、キャッシュレスに向けたインフラ整備が欠かせない。いずれは島内の人たちもキャッシュレスを使いこなせるようになり「奄美群島を『キャッシュレス王国』にしたい」と奄美信金の伊東寛久専務理事は意気込む。




[現場から(奄美新聞掲載)]の続きを読む

テーマ:キャッシュレス決済 - ジャンル:株式・投資・マネー

奄美春秋



※管理人が奄美新聞に書いたコラムです。

 今季のJ2の戦いが佳境を迎えている。J2元年の鹿児島ユナイテッドFCは第39節終了時点で10勝7分22敗、勝ち点37で全22チーム中20位。下位2チームがJ3降格となる中、21位・栃木とは勝ち点差4で辛うじてJ2残留圏内に留まっている。



[奄美春秋]の続きを読む

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

第1回九州FIDバスケット選手権
九州FIDバスケット選手権が初開催
九州の底辺拡大、レベルアップを目指して
バルダーズが準優勝

191104バルダーズ09
【バルダーズ―長崎】第4クオーター、バルダーズは藤(5)がシュートを決め、28―28の同点に追いつく

 第1回九州FID(知的障がい)バスケットボール選手権大会が11月3、4日の両日、姶良市の蒲生体育館であった。
 九州のIDバスケットの底辺拡大とレベルアップ、選手同士の交流促進などを目指して初めて開催された。九州各地から男女それぞれ4チームずつが出場し、総当たりのリーグ戦で頂点を競った。




[第1回九州FIDバスケット選手権]の続きを読む

テーマ:バスケットボール(日本) - ジャンル:スポーツ

第98回全国高校サッカー選手権県予選
神村が3連覇!
エース濱屋が決勝ゴール

高校サッカー選手権

 第98回全国高校サッカー選手権鹿児島県大会は10月28日-11月4日、鹿児島市の白波スタジアムなどで熱戦が繰り広げられた。
 決勝戦は神村学園と出水中央の顔合わせ。大会3連覇を目指す神村が前半32分、エース濱屋のヘディングシュートで先制する。初優勝を目指す出水中央は後半18分、GKからのロングフィードでゴール前のチャンスを作り、途中出場の大村主将が頭で押し込んで同点に追いついた。その8分後、神村はドリブル突破でペナルティーエリアに侵入した濱屋が倒されPKを獲得。自ら決めて勝ち越すと、その後はパワープレーを仕掛けた出水中央の猛攻を耐え忍び、3年連続7回目となる全国選手権出場を勝ち取った。
 優勝した神村は全国大会(12月30日―・首都圏)に出場する。


◇決勝
神村学園 2-1 出水中央
   (1-0、1-1)
・得点者【神】濱屋2【出】大村


※その他の成績はこの文字をクリック!



テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

B3リーグ2019-20第7節
終盤突き放し3勝目
レブナイズ




 男子プロバスケットボールのB3リーグ19―20シーズン第7節最終日は11月3日、全国各地で4試合があった。鹿児島レブナイズは岩手県滝沢市の滝沢総合公園体育館で岩手ビッグブルズと対戦。73―64で勝利し今季3勝目を挙げた。

◇第7節
レブナイズ 73-64 岩手
(14-18、17-15、20-11、22-20)


※試合の詳細はスポーツナビのサイトで!

ロイヤル化粧品株式会社


[B3リーグ2019-20第7節]の続きを読む

テーマ:バスケットボール(日本) - ジャンル:スポーツ

2019J2第39節
上位・岡山と分ける
鹿児島U




 サッカーの2019J2リーグ第39節は11月2日、全国各地で5試合があった。鹿児島ユナイテッドFCは鹿児島市の白波スタジアムでファジアーノ岡山と対戦。0―0で引き分けた。
 3日前の岐阜戦で劇的勝利を挙げた鹿児島U。連戦の疲れも見せずに開始早々に牛之濵がシュートを放つなど、積極的に攻めるが相手の堅守を崩せない。後半は互いに膠着状態が続き、決勝ゴールは奪えなかったが、GKアン、CB水本、堤を中心とした堅守で6位・岡山の強力な攻撃を無失点で切り抜けた。
 鹿児島Uの通算成績は10勝7分22敗、勝ち点37で22チーム中20位。第40節は9日、柏レイソルとアウエーで対戦する。


◇第39節
鹿児島U 0-0 岡山
   (0-0、0-0)


※試合の詳細はJリーグ公式サイトを参照



[2019J2第39節]の続きを読む

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

B3リーグ2019-20第7節
逆転負けで2連敗
レブナイズ




 男子プロバスケットボールのB3リーグ19―20シーズン第7節第2日は11月2日、全国各地で6試合があった。鹿児島レブナイズは岩手県滝沢市の滝沢総合公園体育館で岩手ビッグブルズと対戦。74―82で敗れ、2連敗となった。

◇第7節
レブナイズ 74-82 岩手
(25-13、12-25、20-18、17-26)


(有)南日本音響・カラオケ「ビッグバン」


[B3リーグ2019-20第7節]の続きを読む

テーマ:バスケットボール(日本) - ジャンル:スポーツ

2019J2第39節見どころ
劇的勝利から中2日、鹿児島の試練は続く



 管理人・政純一郎の執筆情報です。
 Jリーグ公式サイトに本日の岡山戦の見どころを書きました。


※詳細はこの文字をクリック!



テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

2019J2第23節
ルカオ一閃! 値千金の決勝弾!
9試合ぶりの勝利
鹿児島U




 サッカーの2019J2リーグは10月30日、7月に雷雨で中止となった第23節の代替試合があった。鹿児島ユナイテッドFCは鹿児島市の白波スタジアムでFC岐阜と対戦。1―0で勝利し、9試合ぶりに勝ち点3をものにした。

◇第23節
鹿児島U 1-0 岐阜
   (0-0、1-0)
・得点者【鹿】ルカオ


※試合の詳細はJリーグ公式サイトで!



[2019J2第23節]の続きを読む

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

神村学園3年生座談会・後編(高校野球ドットコム)
「史上最高」の夏が残したもの・後編
190918座談会02_050

―2回戦の相手が高岡商(富山)。初戦からどんなことを意識して準備しましたか?

 松尾将
 佐賀北戦の序盤は良かったですが、中盤から終盤にかけて締まりがなく、緩んだ部分があったので、次はそういうことがないようにしようと準備していました。

 松尾駿 相手投手はサイドスローということでしたが、監督さんからも思った以上にボールがきていて、配球も初戦とは変えてきて僕たちの苦手なところを突いてくるだろうといわれていました。そういった部分の対策をして試合に臨みましたが、実際に打席に立つと対策していたのと違うボールで攻められたりしたので、特に前半は思うように攻められなかったです。




続きはこの文字をクリック!





テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

第70回男子・第33回女子・県高校駅伝
鹿実、王座奪還!・男子
女子・神村は盤石の4連覇


 第70回男子・第33回女子鹿児島県高校駅伝大会は10月31日、指宿市の市営陸上競技場を発着点とする男子7区間42・195キロ、女子5区間21・0975キロで健脚が競われた。
 男子は鹿児島実が1区2位スタートだったが、4区・和田が先行する樟南を逆転。5区以降も差を広げ、昨年21連覇を阻まれた雪辱を果たし、2年ぶり50回目となる都大路への切符を手にした。2位は樟南、3位は鹿児島工だった。
 女子は昨年全国制覇を達成した神村学園が4連覇を達成。1区・木之下が4㌔付近で抜け出し、2位に28秒差で2区につなぐと、2区・バイレ、3区・黒川、4区・鳥居の3人が区間新の走りで、後続に影を踏ませなかった。1時間6分32分の大会新記録で4年連続26度目の栄冠を勝ち取った。2位・樟南、3位・鹿児島女が続いた。
 男女とも優勝校が全国大会(12月22日・京都)、3位までが九州大会(11月16日・大分)に出場する。


※成績の詳細はこの文字をクリック!



テーマ:ランニング - ジャンル:スポーツ