FC2ブログ
NPO法人スポーツかごしま新聞社オフィシャルサイト

ギャラリーショッピング
コラム「寄り道」第16回
キャッシュレスにはまる!
買い物に「迷い」がなくなる

200601ペイペイ

 「ペイペイ」を使えるようになってから、いわゆる「キャッシュレス」生活にどっぷりはまっています。

 もともとペイペイのアプリはスマホに入れていましたが、お金のチャージ方法がよく分からず、随分長いこと使わずにいました。先日、ソフトバンクのショップに行く機会があり、使い方の詳細を期せずして使い方の詳細を教わりました。ペイペイはソフトバンクも出資してできた会社なので利用者を増やすためのキャンペーンをやっているそうです。

 セールストークに引っ掛かるのは抵抗がありましたが、良い機会なので聞こうと思って聞けなかったこともいろいろと教えてもらいました。携帯料金でチャージできる上に、長いことソフトバンクを愛用したご褒美で2000円分ぐらいのポイントもつきました。




[コラム「寄り道」第16回]の続きを読む
スポンサーサイト



テーマ:キャッシュレス決済 - ジャンル:株式・投資・マネー

2020J3第1節
開幕、黒星スタート!
鹿児島U




 サッカーの2020J3リーグは6月27日、第1節の7試合があった。鹿児島ユナイテッドFC(鹿児島U)は熊本市のえがお健康スタジアムでロアッソ熊本と対戦。2―3で敗れ、開幕黒星スタートとなった。

◇第1節
鹿児島U 2-3 熊本
   (1-2、1-1)
・得点者【鹿】牛之濵、馬場【熊】石川、谷口2


※成績の詳細はJリーグ公式サイトで!



[2020J3第1節]の続きを読む

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

球夏2020、組み合わせ決定!
出場65チーム、対戦カード決まる!



 2020鹿児島県夏季高校野球大会の組み合わせ抽選会が6月27日にあり、出場65チームの対戦カードが決まった。
 中止となった第102回全国高校野球選手権鹿児島県大会の代替大会は7月8日の大島地区大会を皮切りに、18日(雨天順延)まで鹿児島市、南薩、北薩、姶良・伊佐、大隅、熊毛、大島の7地区大会を実施。地区大会を勝ち抜いた16チームによる決勝トーナメント(7月22-28日・平和リース、鴨池市民)の2段階方式で実施される。開閉会式は行わない。
 決勝トーナメントに進出するのは鹿児島市4、南薩3、熊毛1で残り地区は2チームの計16チーム。3年生にとっては春以降、全ての公式戦が中止となった中で「高校野球」の節目となる大会。全力を尽くした好勝負を期待したい。


※組み合わせの詳細は鹿児島県高野連のホームページで!



テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

育児は「育自」―父ちゃんの子育て日記・第21回
素直な感情表現
200616から揚げ00

2020年6月16日

 与次郎のフレスポで「天一」のから揚げ屋台を見かけた。弊社の協賛もいただいているが、コロナの影響で鹿児島Uやレブナイズの公式戦など屋台を出せるような「人の集まるイベント」がなくなった。フレスポに固定で置かれていた屋台も姿を見かけなくなったので心配していた。

 以前、「夢念夢想」で取り上げた鶴崎さんのお父さんが店番をしていた。厳しい状況の中でも踏ん張って頑張っている。気休めでしかないかもしれないが、この店の成り立ちもかなりの逆境の中だったことを思えば、気持ちさえ折れなければきっと再生できると思った。塩ととり天、1,000円分購入した。




[育児は「育自」―父ちゃんの子育て日記・第21回]の続きを読む

テーマ:子供の成長 - ジャンル:育児

読書案内・野球太郎
この夏注目の3年生選手を紹介!
200626野球太郎

 管理人・政純一郎の執筆情報です。
 「野球太郎 2020夏の高校野球&ドラフト大特集号」でこの夏の鹿児島大会注目の3年生選手について書きました。


※購読はこの文字をクリック!



テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

夢念夢想・初瀬真由子さん(動画バージョン)
英語は楽しく学ぼう!
初瀬真由子さん




※画像をクリックすると動画がご覧になれます。
(動画制作=古田将大・鹿児島情報ビジネス専門学校)

 夢念夢想第16回で取り上げた初瀬さんの動画バージョンです。文章と合わせて読むとより理解が深まります。


※夢念夢想の文章はこの文字をクリック!



テーマ:英語 - ジャンル:学問・文化・芸術

奄美春秋



※管理人が奄美新聞に書いたコラムです。

 目下県知事選を取材しながらふとひらめいた。県知事、県職員、県議会、県民の関係をサッカーチームで例えてみよう。



[奄美春秋]の続きを読む

テーマ:地方自治 - ジャンル:政治・経済

八木氏が立候補断念(奄美新聞掲載)
知事選出馬を「辞退」
三反園氏と政策合意
八木氏

200622八木氏断念

 7月の鹿児島県知事選挙(6月25日公示、7月12日投開票)に立候補を表明していた八木一正氏(70)=写真=が6月22日、県庁で会見し、立候補を「辞退する」と発表した。現職の三反園訓氏(62)と会談し政策合意に至ったことも明らかにした。

[八木氏が立候補断念(奄美新聞掲載)]の続きを読む

テーマ:地方自治 - ジャンル:政治・経済

読書案内・バドミントンマガジン
鹿商、鹿女子のバドミントン部をレポート!
バドミントンマガジン

 管理人・政純一郎の執筆情報です。
 「バドミントンマガジン」(ベースボールマガジン社)2020年7月号で鹿児島商、鹿児島女の両バドミントン部についてレポートを書きました。


※購読はこの文字をクリック!



テーマ:バドミントン - ジャンル:スポーツ

かごしまメモリアルマッチ2020・新体操・体操
得点も、順位もない大会
かごしまメモリアルマッチ2020・新体操・体操を取材して

1鹿純心_050

2鹿実_050

3出水商

4れいめい
 「かごしまメモリアルマッチ2020」の新体操・体操が6月20日、鹿児島市の県体育館であった。
 中止となった県高校総体の「代替大会」である。通常の県総体では3日間で実施されるが、1日のみの大会で新体操、体操ともやり切った。3年生にとってはひとつの集大成、競技に対する区切りとなるメモリアルマッチの様子をレポートする。




[かごしまメモリアルマッチ2020・新体操・体操]の続きを読む

テーマ:女子アスリート - ジャンル:スポーツ

鹿児島国体延期が正式決定
鹿児島国体延期が正式決定
開催時期「できるだけ早く」

200619国体延期

 今秋鹿児島で開催予定だった第75回国民体育大会、第20回全国障害者スポーツ大会に関して、日本スポーツ協会、日本障がい者スポーツ協会、スポーツ庁が6月19日、都内で会談。リモートで参加した三反園訓知事=写真=が県庁で会見し、両大会の今秋開催を断念し延期することを正式に発表した。





[鹿児島国体延期が正式決定]の続きを読む

テーマ:地方自治 - ジャンル:政治・経済

德重代表、金監督が市長を表敬訪問
「スポーツの力で市民、県民を元気に!」
鹿児島U・德重代表、金監督が森市長表敬訪問

200619鹿児島U表敬

 サッカーJ3の鹿児島ユナイテッドFC(鹿児島U)の德重剛代表、金鍾成監督が6月19日、鹿児島市役所で森博之市長を表敬訪問した。




[德重代表、金監督が市長を表敬訪問]の続きを読む

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

青木氏が公約を発表(奄美新聞掲載)
「命と暮らし」が大切
「誰一人取り残さない鹿児島」を作る
青木氏

200617青木氏マニフェスト

 鹿児島県知事選挙(6月25日告示、7月12日投開票)に立候補を表明している元KTS鹿児島テレビ記者の青木隆子氏(57)=写真=が6月17日、県庁で会見した。「大切なのは命と暮らし」「誰一人取り残さない鹿児島」の2本柱を理念に掲げるマニフェスト(公約)を発表した。

[青木氏が公約を発表(奄美新聞掲載)]の続きを読む

テーマ:地方自治 - ジャンル:政治・経済

奄美春秋



※管理人が奄美新聞に書いたコラムです。

 「国体は巨大なシーラカンス。太古の姿のまま泳ぎ続けているが、誰も処理の仕方が分からずに持て余している」。1998年、1年目の駆け出し記者だった頃、神奈川国体を取材した際、朝日新聞に出ていた記事がとても印象に残っている。



[奄美春秋]の続きを読む

テーマ:地方自治 - ジャンル:政治・経済

2020J3、日程発表
鹿児島U、開幕戦は熊本と
ホーム開幕は7月5日、讃岐戦




 サッカーJリーグは6月15日、2020明治安田生命J3リーグの全34試合の日程を発表した。鹿児島ユナイテッドFC(鹿児島U)の開幕戦は27日、熊本市のえがお健康スタジアムでロアッソ熊本(午後6時開始予定)と対戦する。ホーム開幕戦は7月5日の第2節・カマタマーレ讃岐戦(午後7時開始予定)と決まった。





[2020J3、日程発表]の続きを読む

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

野球道を極める!・第4回
前川君(樟南OB)に学んだ配球術!
200615野球道01

 先日、樟南OBで現在駒沢大4年の前川大成君を取材した。コロナの影響でチームの活動が休止し、4月以降は鹿児島に戻ってきて、母校のグラウンドなどで自主練習を続けている。高校時代のチームメート・畠中優大君(中央大)も一緒だった。畠中君はチーム活動再開を見越して既に帰京したため話は聞けなかったが、その分、前川君とじっくり話せた。

※その時の記事はこの文字をクリック!

 記事では触れなかったが、この日はあと2つの目的があった。1つは4年前の夏、鹿児島実との延長15回引き分け再試合の話を聞くこと。もう1つは一緒にキャッチボールをすることだった。




[野球道を極める!・第4回]の続きを読む

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

年中夢求・第36回
緊急提言
国体とは何か、必要があるのか、考える契機に

200613国体

 今年鹿児島で開催予定だった第75回国民体育大会、第20回全国障害者スポーツ大会の開催可否で県内が揺れている。6月11日の県議会で三反園訓知事が「年内開催を断念した」と報じられた。東京五輪をはじめ、インターハイ、甲子園などあらゆる大規模スポーツ大会が中止、延期となっている中、今年中の開催は断念せざるを得ないというのは妥当な判断だろう。
 今後の焦点は「延期」もしくは「中止」をどう判断するかということになる。鹿児島としては五輪同様1年延期を主張するが、すでに開催が決まっている1年後の三重、2年後の栃木など24年までの開催4県が足並みそろえて鹿児島の1年延期に待ったをかけているという。ここへきてにわかに国体が一スポーツの大会を超えた政治案件となってきた。
 一連の騒動を見ながら、何か大事な視点が欠落しているような隔靴掻痒感を覚えた。改めて「国体」とはそもそも何であり「なぜ必要なのか?」など根本的な問題を議論する必要があるのではないか?


(有)南日本音響「ビッグバン」


[年中夢求・第36回]の続きを読む

テーマ:地方自治 - ジャンル:政治・経済

横山氏が政策発表(奄美新聞掲載)
「原発ゼロ」「憲法九条の実現」訴える
横山氏

200611横山政策
 7月の県知事選挙(6月25日公示、7月12日投開票予定)に出馬表明した新人の医師・横山富美子氏(73)=写真=が6月11日、県庁で会見。「原発ゼロ」「憲法9条の実現」など主要政策を発表した。

[横山氏が政策発表(奄美新聞掲載)]の続きを読む

テーマ:地方自治 - ジャンル:政治・経済

武田氏が県知事選立候補を表明(奄美新聞掲載)
「地熱開発」など訴える
武田氏

200611武田出馬

 7月の県知事選挙(6月25日公示、7月12日投開票)に立候補を表明した元高校教師の武田信弘氏(66)=写真=が6月11日、県庁で出馬会見し「地熱開発」などの主要政策を訴えた。

[武田氏が県知事選立候補を表明(奄美新聞掲載)]の続きを読む

テーマ:地方自治 - ジャンル:政治・経済

伊藤氏が公約を発表(奄美新聞掲載)
「感染症医療体制の再構築」など公約を発表
伊藤氏

200610伊藤氏マニュフェスト

 今年7月の県知事選(6月25日公示、7月12日投開票予定)に出馬する前職の伊藤祐一郎氏(72)が6月10日、鹿児島市の城山ホテル鹿児島で会見。安心・安全・安定の「3つの安」を基本政策に掲げるマニフェスト(公約)を発表した。

[伊藤氏が公約を発表(奄美新聞掲載)]の続きを読む

テーマ:地方自治 - ジャンル:政治・経済

青木氏が県知事選立候補を表明(奄美新聞掲載)
「県民の声を聞き、生活者の視点を」
青木氏(元KTS記者)が立候補会見

200610青木氏出馬会見

 今年7月の県知事選挙(6月25日公示、7月12日投開票)で元KTS鹿児島テレビのアナウンサー、報道記者の青木隆子氏(57)=写真=が10日、立候補を表明し、県庁で会見した。「県民の声を聞き、生活者の視点を県政に取り入れたい」と意気込みを語った。

[青木氏が県知事選立候補を表明(奄美新聞掲載)]の続きを読む

テーマ:地方自治 - ジャンル:政治・経済

「スポかごNEWS」がレブナイズブースターに!
「熱強」を支える!




 NPO法人スポーツかごしま新聞社は、鹿児島レブナイズの法人ファンクラブ会員になりました。

 今季掲げた「熱強」のチームを支えたいと思いました。今、屋内スポーツは何かとハンディーを抱えていますが、だからこそやれることがある。

 その名の通り、鹿児島から新しいプロスポーツ文化の維新を起こそうとする「ぶにせ」なチームを応援しています。

理事長・政純一郎


200609レブナイズ01

テーマ:バスケットボール(日本) - ジャンル:スポーツ

奄美春秋



※管理人が奄美新聞に書いたコラムです。

 定額給付金を見越して購入したロードバイクでサイクリングに出かけた。朝6時に祇園之洲を出発して国道10号線を北上。隼人付近で空港のある溝辺まで、斜度がきつく、距離も長い上り坂をひたすら上った。



[奄美春秋]の続きを読む

テーマ:自転車(スポーツ用) - ジャンル:スポーツ

「スポかごNEWS」が鹿児島Uサポーターに!
「鹿児島をもっとひとつに」するために!




 弊社、NPO法人スポーツかごしま新聞社が鹿児島ユナイテッドFCの法人クラブサポーターになりました。

 「鹿児島のスポーツを盛り上げる」「スポーツで鹿児島を盛り上げる」と理念に掲げる弊社は「鹿児島をもっとひとつに」するクラブ理念に共鳴しました。

 鹿児島に真のプロスポーツ文化を根付かせて、鹿児島の人たちがスポーツを通じて元気で、明るく、幸せな人生づくりの一助となるべく、共に手を携えてできることを頑張っていきたいと思います。

理事長・政純一郎

200609サポーター

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

現場から(奄美新聞掲載)
いかにしてコロナと「共生」するか?
200607現場から2

 新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国的に解除された。プロ野球やJリーグの開幕日が決まるなど、再生への歩みを踏み出したような雰囲気を感じる。
一方で北九州のように新たな集団感染が発生した場所もある。第2、3の波がやってくる情報もある。ワクチンの開発など抜本的な解決先が見つかるまでは、「コロナの影響」を常にどこかに意識する期間は数年単位で続くことだろう。
 目に見えないウイルスを完全に「撲滅」することは極めて困難であり、何らかのかたちでコロナと「共生」していく必要がある。




[現場から(奄美新聞掲載)]の続きを読む

テーマ:暮らしを楽しむ♪♪ - ジャンル:日記

樟南OB・前川(駒大)が語る!
同級生、母校で刺激
「社会人で野球を続ける」決意固まる
前川(樟南卒、駒沢大)

200606前川01

 樟南高野球部OBの前川大成(駒沢大4年)が、新型コロナウイルス感染拡大の影響で鹿児島に戻ってきてから、間もなく2カ月になる。この間、母校・樟南のグラウンドなどで自主練習を続けながら、大学野球再開を待ちわびた。チームで野球ができない日々が続いたが「社会人で野球を続ける」決意が固まり、新たな心境にたどり着いた。




[樟南OB・前川(駒大)が語る!]の続きを読む

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

代替大会、2段階方式で実施
地区大会、決勝トーナメント、2段階方式で代替
名称は「2020県夏季高校野球大会」


 鹿児島県高校野球連盟は6月5日、臨時の役員・常任理事会を開いた。中止となった第102回全国高校野球選手権鹿児島県大会の代替大会として、「2020鹿児島県夏季高校野球大会」を6月下旬から7月にかけて、地区大会、決勝トーナメントの2段階方式で実施すると発表した。
 硬式に関しては6月下旬から7月中旬にかけて鹿児島市、南薩、北薩、姶良・伊佐、大隅、熊毛、大島の各7地区で予選を実施する。地区予選を勝ち上がった16チームで7月22―28日の7日間(2日間休養日)、鹿児島市の平和リース、鴨池市民、両球場で決勝トーナメントを実施する。各地区からのトーナメント出場校配分など詳細は後日発表する。
 抽選会は6月27日、理事による代理抽選を行う。新型コロナウイルス感染拡大防止策に万全を尽くすため、開閉会式は行わず原則観客試合。ただし、保護者や控え部員の応援は認める。
 軟式に関しては7月17―20日(休養日1日)の4日間、鴨池市民球場でトーナメント戦を実施する。抽選会は硬式と同日に行う。
 県高野連では代替大会として様々な方式が検討された。通常の県大会同様に近いトーナメントを要望する声も多かったが、感染が完全な終息に至っていないこと、練習が不十分で熱中症対策などが万全でないことなどを考慮して、このような方式が採用された。中森俊朗理事長は「これから7月28日の決勝戦が終わるまで感染防止対策を徹底し、安心・安全に試合が終わるために全力を尽くしたい。その上で3年生がしっかりと高校野球に区切りをつけて次の目標に向かっていって欲しい」と話した。




[代替大会、2段階方式で実施]の続きを読む

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

鹿児島U、6月定例会見
J3、27日開幕
「総力戦で臨む!」
昨季約3億円の増収
鹿児島U




 サッカーJ3の鹿児島ユナイテッドFC(鹿児島U)の6月定例会見が6月4日、ズームを使用したオンラインであった。延期となっていた今季のJ3開幕が今月27日に決まり、德重剛代表が「総力戦で臨む!」と意気込みを語った。昨季19年度の決算報告があり、昨年度の純利益が約300万円の黒字だったことなどが報告された。




[鹿児島U、6月定例会見]の続きを読む

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

奄美春秋



※管理人が奄美新聞に書いたコラムです。

 最近スマホが不調だ。通話中に会話が途切れたり、こちらの声が届かないことがある。契約したショップに持っていったが、機器の不調はここではなく、機器を扱うA社の代理店に持っていってほしいと言われた。




[奄美春秋]の続きを読む

テーマ:キャッシュレス決済 - ジャンル:株式・投資・マネー

夢念夢想第17回・田仲正明さん
「ワクワク」の集まる場所を作る
田仲正明さん(鹿児島Uオフィシャルカフェ「ユナはん」店主)

200602夢念夢想01

 鹿児島ユナイテッドFC(鹿児島U)のオフィシャルカフェ(OC)が、鹿児島市の中心市街地、中央ビルの地下にある。クラブ創設時に開業し、今年で7年目。この店を任されるようになり、誰が名付けたか「ユナはん」と呼ばれるようになってから5年半が経つ。

 出身は大阪で、結婚を機に2003年に妻の実家がある薩摩川内市にやってきた。
 川内で始めた仕事はたこ焼き屋。川内高校の隣に「たこ阪(はん)」という店を構えていた。店のお客から人との縁が繋がり、「鹿児島にプロのサッカーチームを作ろうと動いている人がいる!」と紹介されたのが、当時FC KAGOSHIMA(FCK)の代表を務めていた德重剛さんだった。




[夢念夢想第17回・田仲正明さん]の続きを読む

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ