鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
奄美春秋(奄美新聞掲載)



※管理人が奄美新聞に書いたコラムです。

 2020年五輪の開催地が東京に決まった。7年後の五輪の開催地が東京に決まった。このニュースだけで、不思議と何か明るい気分になる。「夢」とか「希望」といった言葉が、自然と人々の口から出てくる。改めて「スポーツの持つ力」の大きさを実感させられた。
 これから7年の準備期間で何をするかが大事になってくる。被災地の復興、原発問題、経済政策…スポーツの世界に留まらずやるべきことは山積している。スポーツをする側にとっては「五輪」という「錦の御旗」が与えられ、追い風が吹くだろう。それを「五輪のため」に終わらせることなく、その先も見据えた「日本や、日本人にとってのスポーツとは何か?」を考える契機にしたい。奇しくも同じ年に開催が予定されている鹿児島国体も同じことがいえる。
 NHKニュースにゲスト出演していた陸上の為末大さんは、パラリンピックの開催とも絡めて「50年後も考えた街づくりのきっかけしたい」とコメントしていた。大切なのはそういう視点を持つことだ。
 東京五輪を契機に、多くの日本人がスポーツを身近に感じ、自分のライフスタイルにスポーツを取り入れ、健康で活力のある人生を送るようになる。そういう人たちの底辺に支えられてトップアスリートが世界で活躍する。東京五輪の成否を計るバロメーターのひとつは、そこにある。
スポンサーサイト

テーマ:東京オリンピック - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/1033-489a7b2e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック