鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
球秋2013第6日
指宿商、延長12回で尚志館下す
加治木、シード大口に打ち勝つ

130926-15水産サヨナラ勝ち_050
【3回戦・鹿児島水産―喜界】延長11回裏鹿児島水産一死一二塁、5番・折田がタイムリーを放ち、サヨナラ勝ち=鴨池市民

 第133回九州地区高校野球大会鹿児島県予選第6日は9月26日、鹿児島市の県立鴨池、鴨池市民、両球場で2回戦2試合と3回戦4試合があった。


◇26日の結果
・2回戦(県立鴨池)
池田 12-7 薩南工
鹿児島工 8-1 明桜館(8回コールド)
・3回戦
指宿商 2-0 尚志館(延長12回)
・2回戦(鴨池市民)
鹿児島水産 8-7 喜界(延長11回)
鶴丸 5-4 加世田
加治木 10-4 大口

◇27日の試合
・3回戦(県立鴨池)
10:00 樟南―鹿児島南
12:30 川内―鹿屋中央
・3回戦(鴨池市民)
10:00 大島―鹿児島玉龍
12:30 甲南―奄美


詳細な観戦レポートと写真は「高校野球ドットコム・鹿児島版」に掲載!

第6日の結果報告はこの文字をクリック!
尚志館―指宿商戦はこの文字をクリック!
加治木―大口戦はこの文字をクリック!
鹿児島水産―喜界戦はこの文字をクリック!
鶴丸―加世田戦はこの文字をクリック!
「目指す野球」出し切れず
喜界(奄美新聞掲載)

130926喜界7点目_050
【3回戦・鹿児島水産―喜界】9回表喜界二死満塁、捕逸の間に三走・栄(左)が生還、7―6と勝ち越す=鴨池市民


 喜界は、何度突き放しても追いつかれ、最後は無念のサヨナラ負け。床次隆志監督は「頑張ってしのいでいたところもあったが、やらないでいい失点が多かった」と悔しがった。
 相手のミスにもつけ込んで序盤3回で3点をリードした。だが、四、五回に追い上げられた場面では、内外野ともにエラーがあり、守備が浮足立った。「準備をしっかりして、ミスがあっても切り替える練習を積んでいたはずなのに、慌ててしまっていつも通りのプレーができなかった」(栄元太主将)。チームが取り組んでいたのは「失点を5点以内に抑えて、守備からリズムを作って、5点以上取る」(栄主将)野球だが、それを出し切れなかった。
 六回以降は立ち直り、エース山倉が我慢強く投げ続け、失点につながるエラーはなかったが、それを上回る執念を見せた鹿水産の打球が野手の間を抜けていく。7―7の同点で迎えた延長十一回一死一二塁の場面で、二塁正面のゴロ。おあつらえ向きの4―6―3併殺の打球だったが、二塁手の目の前でイレギュラーして外野を転々と転がる間に決勝点を許した。
 初戦突破してからの3日間は「次も勝ってシード校と試合をする」(栄主将)を目標に練習してきたが「春に向けての修正ポイントがはっきりした」(床次監督)苦い敗戦になった。

スポンサーサイト

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/1049-947a93bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック