FC2ブログ
NPO法人スポーツかごしま新聞社オフィシャルサイト

ギャラリーショッピング
第133回九州高校野球第3日
神村、4強へ

 第133回九州地区高校野球大会は10月28日、那覇市の沖縄セルラースタジアム那覇、北谷公園野球場で準々決勝4試合があった。
 鹿児島1位代表の神村学園は日章学園に10―6で打ち勝ち、準決勝進出を決めた。
 29日は休養日。第4日は30日、セルラースタジアムで準決勝2試合がある。神村は美里工(沖縄)と対戦する。


◇準々決勝
神村学園 220 032 100=10
日商学園 000 303 000=6

「10点目が大きかった」
神村


 両チーム合わせて29安打の打撃戦を制し、神村学園が4強入りを果たした。
 初戦に続いて持ち味の打力で打ち勝ったが、小田大介監督は「10点目をスクイズで取れたことが大きかった」と振り返る。
 9―6と3点差で迎えた七回、一死一三塁と追加点の好機を作る。代打・杉内に小田監督はエンドランのサインを送るも2球ファール。2ボール2ストライクとなって、小田監督はサインをスクイズに切り替える。あわよくば大量点を狙った積極策から、1点を確実に取りにいく「安全策」への大胆な戦術変更だった。「中等部から見ており、決めてくれると思っていた」小田監督の信頼に、杉内は見事に応えてスクイズを決めた。
 その裏から登板した2番手・大村は、無死一二塁とピンチを背負うも無失点で切り抜け、残り2イニングも0で抑えた。「4点差あった分、大村も大胆に攻められたと思う。3点差だったらどうなるか分からなかった」と小田監督は10点目の意味を語った。
 初回に1番・仲山主将のレフトフェンス直撃の三塁打を皮切りに連打を浴びせ、初回、二回で4点を幸先よく先取した。序盤は上々の立ち上がりだったが、走塁ミスで攻撃のリズムが悪くなり、逆に四死球でたまった走者をタイムリーで返され、中盤は点の取り合いだった。その悪い流れを断ち切った意味でも10点目を確実に取れたことが大きかった。
 失点が多いのは気になるところだが、小田監督は「追いつかれることなくリードを保ち、粘り強く野球がやれた」ことを評価する。センバツ内定ラインの4強入りは勝ち取ったが「あくまでも通過点。目標は九州制覇」と浮かれる様子はない。準決勝の対戦相手・美里工(沖縄)は、2試合をいずれも1―0で勝ち上がっており、2本柱の好投手を擁する。「打力、守備力も高く力のあるチーム。無駄な失点を減らし、うちの打撃がどれぐらい通じるか」を決勝進出のカギに挙げていた。

スポンサーサイト



テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/1074-84c891d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック