鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
NBDL2013-14第3節最終日
レノヴァ、今季初白星
131103レノヴァ20_035
 男子プロバスケットボールのナショナル・バスケットボール・下部育成リーグ(NBDL)2013―14第3節最終日は11月3日、全国各地であった。レノヴァ鹿児島は、奄美市の名瀬総合体育館で東京海上と対戦。86―82で勝利し、開幕6戦目でようやく今季初白星を勝ち取った。
 第4節は9、10日にあり、レノヴァは東京・代々木第2体育館で大塚商会と対戦する。


◇第3節最終日
レノヴァ鹿児島 86-82 東京海上
(26-19、20-20、25-20、15-23)

「新しいレノヴァ」示す
レノヴァ

131103レノヴァ17_035
 長かったトンネルからようやく抜け出せた。奄美の地でつかんだ今季初勝利に、中園隆一郎主将=写真=「新しいレノヴァを皆さんにお見せできました」と詰めかけた約1500人のファンに頭を下げた。
 選手1人1人が、これまで目指してきたバスケットを随所にやり切った。
 中園隆一郎主将は「きのうよりもっとハードに」の意気込みを試合開始から示した。第1ピリオドは前日37得点のサンバをマーク。ハードに当たって、ゴールからなるたけ遠いところでプレーさせ、第1ピリオドを3ポイント1本のみに抑えた。第1ピリオド終了間際には果敢にインサイドに切り込んで連続得点を決め、1ゴール差まで追い上げられた試合終了間際には「落とす気がしなかった」フリースロー2本を確実に沈めた。チーム最多25得点を挙げ、大黒柱の面目躍如だった。
131103レノヴァ09_035
 リバウンドで相手を上回れたのはアビブの貢献度が高い。15リバウンドのうち10がオフェンス(OR)でもぎ取っている。「相手が大きくても小さくても、全部取るつもりで跳んでいる。それが僕の仕事」とアビブ。後半追い上げられて苦しい時間帯にORをもぎ取ってくれたことでチームが踏みとどまれた。並里=写真=は7アシストを記録。冷静にゲームをコントロールし、味方を活かすプレーに徹した。
131103レノヴァ16
 チーム全体でターンオーバーが減り(9)、アシストが増えた(15)。小原匡博コーチの掲げる「ボールをシェアする」バスケットが浸透した成果といえる。個の力に頼らず、視野を広く持ち、より確実にシュートを決められる場所にいる味方にパスを出す。近=写真=が4本の3ポイントを決められたのも、近を活かすために周りが動いたから。5連敗と出遅れたが、ようやく今季の「勝ちパターン」(小原コーチ)を示した。レノヴァの反転攻勢が奄美から始まることを予感させた。

131103レノヴァ00

スポンサーサイト

テーマ:バスケットボール(日本) - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/1079-ca94c126
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック