鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
奄美春秋



※管理人が奄美新聞に書いたコラムです。
 スマートフォンを使い始めて1年が過ぎた。フェイスブック(FB)やラインが簡単に使え、ネット検索などもパソコン並みに使いやすくなった。使っていなかった頃は、年中スマホとにらめっこしている人を奇異に感じていたが、気が付くと自分も同じことをしている時間が圧倒的に増えた。
 友人・知人の連絡先は網羅されているし、FBを開けば、友人・知人の様々な情報が瞬時に分かる。ランニングをするときは距離や時間、消費カロリーを計測するアプリを重宝している。スマホを忘れて外出すると、何か落ち着かない。自分に関する様々な情報が集約され、他者との交流の窓口にもなるスマホは、いつの間にか「もう一人のわたし」と化している。
 某携帯会社が、俳優の渡辺謙さんをスマホに見立てて様々なストリーを展開するCMを流している。利用者とスマホの比喩表現として実に的を射ている。同時に「もう一人のわたし」が常にそばにいないと落ち着かなくなった現代社会へのシュールな警告にも見える。
 スマホを見る時間が増えるのに比例して、人の顔をちゃんと見て話をしなくなっていないだろうか。人と人との関係をより強固に円滑にするためのツールが、他者との関係を希薄にしているとしたら、こんな本末転倒はない。「わたし」同士がつながるために「もう一人のわたし」もあることを肝に銘じたい。
スポンサーサイト

テーマ:スマートフォンライフ - ジャンル:携帯電話・PHS

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/1083-adae426e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック