鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
本格焼酎鑑評会(奄美新聞掲載)
奄美から19点が入賞
県本格焼酎鑑評会

140217焼酎鑑評会02_035
 平成25酒造年度に県内で製造された焼酎の出来を審査する県本格焼酎鑑評会の表彰式が2月17日、鹿児島市の城山観光ホテルであった。奄美の黒糖焼酎は19点が優等入賞に選ばれた。

 鑑評会は焼酎の技術、品質の向上、新製品開発を促進するために、県酒造組合(本坊松美会長)が毎年行っている。県内107の製造所から出品された243点について、1月22日に熊本国税局、県工業技術センター、鹿児島大学の専門家7人が審査し、甘藷(かんしょ)、米、麦、黒糖の部門ごとに入賞品を選出。14製造所が総裁賞、74製造所が会長賞に選出された。
 表彰式では本坊会長が式辞。昨年12月に全国初の本格焼酎に関する条例となる「焼酎文化でおもてなし条例」が制定されたことに触れ「より豊かで楽しい焼酎文化の育成と伝道を目指して、業界一丸となって努力し、前進する責務が課せられた」と述べた。審査長を務めた熊本国税局鑑定官室の遠山亮室長が各種ごとに評価を述べ、黒糖については「不快な臭いなど欠点臭のあるものはほぼ見受けられず、品質管理の徹底によって、安定して高い品質が確保されている」と評していた。
140217焼酎鑑評会01_035
 受賞者を代表して甘蔗、黒糖、米それぞれの代表者に鑑評会総裁の伊藤祐一郎知事から表彰状が手渡され、黒糖は徳田酒造の徳田英輔社長=写真=が受け取った。
 黒糖焼酎の入賞銘柄、製造場、杜氏名は以下の通り。(敬称略)

 碧い海(弥生焼酎醸造所)川崎洋之▽氣(西平本家)小俣都美夫▽珊瑚(西平酒造)本間泰伸▽龍宮(富田酒造場)向井誠二▽浜千鳥乃詩(奄美大島酒造)安原淳一郎▽たかたろう(朝日酒造)喜禎浩之▽鬼ケ島(喜界島酒造)上園田好一▽奄美(亀澤酒造場)前田義清▽奄美(高岡醸造)仲淳一郎▽奄美(天川酒造)福地初弘▽奄美(中村酒造)中村裕▽奄美(松永酒造場)花本省吾▽奄美(奄美酒類)元田武志▽あじゃ(奄美大島にしかわ酒造)永喜竜介▽稲乃露(徳田酒造)新里実佐樹▽えらぶ(神崎産業)神崎ハツエ▽稲乃露(沖永良部酒造)村山治俊▽天下無双(新納酒造)新納仁司▽満月(原田酒造)菊池直樹

スポンサーサイト

テーマ:焼酎 - ジャンル:グルメ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/1145-7ed0eb48
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック