鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
NBDL2013―14第15節第1日
接戦ものにできず
レノヴァ




 男子プロバスケットボールのナショナル・バスケットボール・下部育成リーグ(NBDL)2013―14第15節第1日は2月22日、全国各地であった。レノヴァ鹿児島は愛知県一宮市の市総合体育館で豊田合成と対戦。接戦をものにできず71―76で敗れた。
 レノヴァの通算成績は9勝16敗。最終日は23日にあり、レノヴァは同会場で豊田合成と対戦する。


◇第15節第1日
レノヴァ鹿児島 71-76 豊田合成
(11-15、18-16、21-25、21-20)


悪循環を断ち切れず
レノヴァ


 前節の終了時点で7位レノヴァが9勝15敗に対して、4位・豊田合成は11勝15敗。今節の直接対決は、プレーオフ(PO)進出の4位以内を勝ち取るための「天王山」だったが、接戦をものにできず痛い星を落とした。
 「2人のスコアラーを抑えきれなかった」と小原匡博ヘッドコーチ。相手のエース大原には33点、新外国人のベッカに24点とられた。しつこくマークしてシュートは打たれても、楽なシュートは打たせない守備を心掛けたが、うまくかいくぐられた。厳しくマークしてタフショットを打たせても、最後の足の踏ん張りが利かずに身体を当ててファールを取られ、フリースローを打たれる。良い守備をして速攻を出しても、得点を決めきれない。こんな「悪循環」(小原コーチ)を最後まで断ち切れなかった。
 PO進出はいよいよ厳しくなったが、まだ可能性がなくなったわけではない。小原コーチは「きょうやられたこと、ミスしたことは切り替えて、明日の一戦にすべてをぶつけるつもりで集中していきたい」と腹をくくっていた。

スポンサーサイト

テーマ:バスケットボール - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/1150-dc8900c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック