鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
大高でセンバツ旗授与式
「重みに恥じない、自分たちらしい野球を!」
センバツ旗授与式

140304センバツ授与式_035
 第86回選抜高校野球大会に21世紀枠で出場する大島高校のセンバツ旗授与式が4日、奄美市安勝の同校体育館であった。開会式の入場行進で使用する旗で、受け取った重原龍成主将は「この旗の重さに恥じないよう、自分たちらしい野球を甲子園でやりたい」と闘志を燃やしていた。


詳細な観戦レポートと写真は「高校野球ドットコム・鹿児島版」に掲載!

詳細なレポートはこの文字をクリック!
140304センバツ授与式01_035
 1、2年生の全校生徒、職員ら約500人が見守る中、野球部が入場。センバツ旗が毎日新聞鹿児島支局の三嶋祐一郎支局長から県高野連の佃省三理事長、屋村優一郎校長、重原主将の順に手渡された。
 三嶋支局長は「全国の同じように厳しい環境で戦っている学校の分まで頑張って欲しい」とあいさつ。佃理事長は「全国4048校の中から選ばれたのは、野球部も含めた周囲のすべての方々の支えのおかげ。甲子園では、自分たちらしさを失わず、普段通りのプレーを」と激励した。学校を代表し、屋村校長が「甲子園では日頃から培った安陵魂と、練習の成果を発揮します」とお礼を述べた。
 大高野球部は13日に奄美を出発。14日に、大会の組み合わせ抽選会があり、対戦カードが決まる。大会は21日から西宮市の阪神甲子園球場である。
スポンサーサイト

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/1158-9ad3ec5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック