鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
奄美春秋



※管理人が奄美新聞に書いたコラムです。
 先日、知人のOさんからラインでメッセージが届いた。頼みたい仕事があるという。今までそんなことはなかったが、仕事の依頼があってもおかしくない間柄だったので、返信すると「近くのコンビニでituneのポイントカードを買ってきてほしい」という。
 奇妙な依頼をされるものだと思っていたら「10000ポイントのカードを3枚買って、番号を写メして欲しい」。雲行きが怪しくなってきたので、しばらくほっておくと「もう買った?」と催促が。鈍感な筆者もようやくこれが今話題の「ラインのアカウント乗っ取り」だと気づいた。
 Oさんに電話してみると「30分ほど前からそんな問い合わせがたくさん来ているのでアカウントを削除した」という。メッセージが届いた側も迷惑だが、乗っ取られた方は寝耳に水でもっと困ったことだろう。自分の気づかないところで人に迷惑をかけているのはいたたまれない。ラインやフェイスブックなど、便利さの裏側に潜む危険を思い知らされた。
 数年前、実家に「オレオレ詐欺」の電話があった。今考えればバカバカしい話だが、そのときは家族全員パニックになりかけた。この時も、今回も、きちんとこちらから本人に連絡して確かめたことで被害にあわずにすんだ。どれだけテクノロジーが進化しても、根本にあるアナログな人と人とのつながりを忘れずにいたい。
スポンサーサイト

テーマ:LINE - ジャンル:携帯電話・PHS

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/1308-0d5a2db3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック