鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
球秋2014最終日
神村、2季ぶりV
終盤突き放す

141007-18神村校歌_035
 第135回九州地区高校野球大会鹿児島県予選最終日は10月7日、鹿児島市の県立鴨池球場で決勝があり、神村学園が鹿児島城西との「南薩対決」を制し、2季ぶり8回目の優勝を勝ち取った。

詳細な観戦レポートと写真は「高校野球ドットコム・鹿児島版」に掲載!

最終日の結果報告はこの文字をクリック!
鹿城西―神村戦はこの文字をクリック!

◇決勝(県立鴨池)
鹿児島城西 100 100 000=2
神村学園  011 001 03×=6
(鹿)上原、渡邊-新垣
(神)新里、北庄司-豊田
・二塁打 都甲、木戸、山本(神) ・野選 鹿1 ・試合時間 2時間18分
・球審 中野 ・塁審 ①山下②下大薗③宮路
「一戦ごとに成長」を達成
神村学園

141007-17神村勝利_035
 今大会、チームで掲げた「一戦ごとに成長して強くなる」(小田大介監督)を達成し、神村学園が秋の鹿児島の頂点に立った。
 「『予習』よりも『復習』を大切にする」
 今大会の試合後に、小田監督が常々言い続けた言葉だ。試合の中でできなかったこと、課題を見出し、次の試合で修正する。その姿勢はこの試合の中でも随所に見られた。
141007-11鹿城西ホームアウト_035
 先発のエース新里武臣は四回、送りバントの一塁送球をミスして、ピンチを招いた。五回二死三塁で、5番・辻の打球は、三塁線に四回と同じような当たり損ねのゴロが転がる。普通なら素早く処理して一塁送球だが「前の回はミスしているし、走ってくる走者が目に入った」と本塁へ突っ込む三走にタッチ=写真=してピンチを切り抜けた。瞬時の判断で臨機応変の対応ができた。
 「大きなポイントだった」と小田監督が考える八回表一死一三塁のピンチでは、途中出場の遊撃手・井原誠がライナーをキャッチ。素早く三塁に転送し、併殺を取ってピンチを切り抜けた。
 ピンチのきっかけは井原のエラーだった。落ち込みかけていた井原を奮い立たせたのは、伝令でやってきた真邉凌斗主将の言葉だった。
 「もう1回、打球が飛んでくるから、切り替えて次のプレーで取り返せ!」
 主将の言葉でリラックスできた井原は、ライナーの打球を落ち着いて処理できた。
 打線は、鹿城西投手陣のボールになる変化球を見極めきれずに中盤まで打ちあぐねていたが、後半は甘いボールを逃さなくなった。
141007-14神村5点目_035
 主砲・山本卓弥は八回まで3打席連続で凡退。厳しいコースを突かれて打ちにいこうとしてフォームを崩した。八回、3番・田中にタイムリーが出て、ようやく打線が活気づく。「もう1回、チャンスがあるぞ!」と小田監督の励ましに奮起した山本は詰まりながらも甘い球を逃さず、センター方向に特大の二塁打=写真=を放ってダメ押した。「ボールを引きつけることを意識した。今までできなかった試合中の修正ができて、自分の成長が感じられた」と胸を張った。
 リリーフの北庄司が最後の打者を三振に打ち取って優勝を決めても、歓喜の輪はできなかった。「優勝したから喜びたい」(新里)気持ちはある。だが「まだ甲子園を決めたわけじゃない」(山本)ことをナイン全員が共有していた。目標はあくまでセンバツであり、その先にある全国制覇。ナインの意識は優勝の喜びよりも、九州大会をどう戦うかにすでに向かっていた。

気持ちの「甘さ」痛感
鹿城西

141007-2鹿城西1点目_035
 鹿児島城西は、中盤まで同じ南薩のライバル・神村学園と互角に競り合っていたが、終盤突き放された。原田塁主将は「良いかたちで先制できたが、後半集中力が続かなかった」と悔しがった。
 初回に4番・石神の適時打で先制し、三回に逆転されたが、先発の上原から左腕・渡邊に素早くスイッチして後続を絶った。四回に7番・植囿のタイムリーで再び同点とするなど中盤までは一進一退の攻防を繰り広げた。
 悔やまれるのは1点を追いかける八回の場面だ。エラーと4番・石神の右前打で一三塁と一気に畳み掛けるチャンスを作りながら、代打・田畑(名瀬中卒)の打球は遊直。三走が中途半端に飛び出していたため戻れず併殺で、チャンスを逃した。その裏、逆に集中打を浴びて突き放された。
 無死、一死でライナーの場合、走者は帰塁が原則だが「徹底できなかった。日頃の生活面も含めて、取り組む気持ちの甘さが出てしまった」(原田主将)。
 今大会は粘り強い打撃とチームワークで5季ぶりに九州大会を勝ち取った。原田主将は「大会を通じて良いところも、悪いところも両方みつかった。九州大会までに悪かったところを一つでも修正してセンバツを勝ち取りたい」と九州への意気込みを話していた。

スポンサーサイト

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/1334-704cf641
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック