鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
原(第一工大、喜界高卒)がヤクルト7巡目指名
持ち味は「長打力」
「頑張れば夢をつかめる」ことを示したい!
原(第一工大、喜界高卒)

141024ドラフト原1_035
 プロ野球のドラフト会議で東京ヤクルトスワローズに7巡目で指名された原泉(第一工大、喜界高卒)が10月24日、霧島市の同校で記者会見し、一夜明けた喜びと夢のプロの世界に飛び込む意気込みを語った。

 前夜の指名は大学の入試室で岡留浩紀監督らとインターネットで知ったという。「選ばれるかどうか不安だったが、監督さんを信じて待っていた。素直にうれしくて涙が出た」と当時の心境を語った。原の最大の持ち味は190センチ、98キロの巨体から放つ長打力で、目標とする選手は同じヤクルトのバレンティン。右の長距離砲でホームランの日本記録を作った大先輩に「いろいろ教わるのが楽しみ」と言う。喜界高からは高橋英樹(元広島)、美沢将(西武)に続く3人目のプロ野球選手誕生で「これまで支えてくれた方への恩返しのつもりで、小さな島でも、頑張れば夢をつかめるということを示したい」と意気込む。
 「不器用で、スカウトの眼から見れば、評価の分かれる選手」と岡留監督。県の大学リーグなどでは最優秀選手賞獲得などの実績はあるが、全国的には無名であり、プロが上位で競って指名するような華々しい実績はない。指名されるかどうかは最後まで当落線上だったが「足しげく通って、可能性を見出してくれたヤクルトの担当スカウトさんに感謝したい」と頭を下げる。
 岡留監督は、原の高校時代から注目しており、学生時代の4年間は最大の持ち味である長打力を活かすための身体作りや「1日5000スイング」などの反復練習を課した。「何かきっかけをつかんで大化けして欲しい」と期待する。
 高校時代の恩師・久保正樹さんは、指名の瞬間を原と立ち合った。高校時代の原は「『きょうの自分はどうですか?』といつも聞いてくるほど、向上心があって努力していた」という。投手と野手の両方をやらせていたが「高2の秋に左中間に打ったホームランは今まで見たことがないほどの飛距離があった」と光るものを見出し、将来を見据えて仕込んだことが今「プロ入り」という結果につながった。喜界高の床次隆志監督は「身近にプロに行った選手がいることは、島にいる子供たちの励みになる」と喜ぶ。
 「打球の飛距離がハンパないです」と岩下誠弥主将。原から主将を受け継いだ3年生は、ロングティーでも軽く柵越えしてしまう原の飛距離を語る。第一工大からは昨年の福倉健太郎(西武)に続いてのプロ入りで「自分たちにも励みになる。先輩たちが果たせなかった神宮を自分たちで達成したい」と張り切っていた。
141024ドラフト原2_035
 会場では父・一美さん、母・早苗さんらも立ち合った。上が4人の姉で「末っ子でようやく生まれた男の子には原家の遺伝子をたくさん残して欲しい」(一美さん)との願いを込めて泉と名付けた。「ここまで来られたのは、高校の久保監督、大学の岡留監督、指導者のおかげ」と2人。「これからは自分で目標を立ててそれを達成していって欲しい」(一美さん)「普段は優しい子だけどいざというときは勝負強さを発揮して」(早苗さん)と期待していた。

記者会見での一問一答は以下の通り。
141024ドラフト原3_035

 指名が分かった時の心境は?
 岡留監督さんたちと大学の入試課室にいて、インターネットで知った。不安の方が大きかったけど、決まった瞬間はうれしくて涙が出た。

 ヤクルトについての印象は?
 島にいるころから、巨人、ヤクルトなどは人気球団だった。僕みたいな選手を指名してくれて感謝の気持ちでいっぱいです。

 プロではどんなことをやりたいか?
 自分の持ち味の長打力をアピールしたい。目標とする選手は同じヤクルトのバレンティン選手。身近でいろいろなことを学ばせてもらって、少しでも追いつけるように頑張りたい。
 まずはこれまでやってきたことをコツコツ続けて、これまでの感謝の気持ちをプレーで返せる選手になりたい。

 喜界から3人目のプロ入りになる。
 小さな島だけどあきらめなければ、夢もつかめることを伝えたい。

 プロに行きたい気持ちはいつから持っていたのか?
 高校時代から思っていて、岡留監督にはその頃から目をかけてもらっていた。大学時代は一番怒られたけれど、信じてずっとついていった。指名されるまでは不安だったけれど、監督さんを信じて待つ心境だった。

 高校時代は線の細い印象があったが、今では見た目も随分変わった。大学時代一番鍛えた部分は?
 高校の頃からもそうだったが、まずは身体を大きく、太くということを意識してやってきた。ジムにも通って、部分、部分の筋肉を強く、太くしていった。
 高校時代は金属だったけど、木製バットに変わっても遠くに飛ばすことはずっと意識してやってきた。

 大学時代に行けなかった神宮球場に、プロとして行けることについては?
 素直にうれしく思っている。僕らが果たせなかった神宮は、後輩たちが必ず達成してくれると信じている。

 【プロフィール】はら・いずみ。1992年7月26日生まれ。喜界町出身。喜界第二中、喜界高から第一工大。大学時代は県大学野球リーグで最優秀選手賞2回、最優秀打者賞3回などを獲得。身長190センチ、体重98キロ。

スポンサーサイト

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/1338-fcd16865
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック