鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
第20回高校野球一年生大会第2日
「わずかの差」をいかに埋めるか?
大島(奄美新聞掲載記事)

141109-6大島アウト_035
 樟南とは秋の県大会でも対戦して、0―5で完封負けしている。この時のバッテリーも畠中―前川の1年生コンビだった。大島はリベンジマッチに挑んだが、本塁が遠かった。
 秋の県大会以上に「互角競り合えた」(渡邉恵尋監督)手応えはある。安打数は大島8、樟南9。得点圏まで走者を進め「あと1本出れば…」と思えるシーンも度々あった。序盤直球が走らなかったエース渡も、変化球でカウントをとりながら尻上がりに調子を上げて、同じ左腕の畠中とそん色ない投球はできていた。個々の実力差はわずかだろうが「その『わずか』を埋めるのが本当に難しいですよ」と渡邉監督は痛感する。
 例えば、渡も、畠中もファールで粘られる場面が何度かあった。投手にとっては我慢どころだが、ストライクが先行しており、投手優位で投げられる場面でもある。だが、初めての連投で細かい制球が利かなかった渡は、初回、六回と勝負球が高めのストライクゾーンに入って適時打を打たれた。一方の畠中は、ワンバウンドになるぐらいのボール球で三振や凡打に打ち取っている。
 攻撃でも、樟南が先頭打者を出した回をそつなく全てものにしたのに対して、大島はそれができなかった。五回、先頭の7番・上原勇人が三塁打を放って、一気に盛り返す絶好機だったが、「エンドランのサインと勘違いして」中途半端に飛び出してタッチアウト。集中力、的確な状況判断がまだまだ足りないことを物語るシーンだった。
 「この試合で何ができなかったか、それを1人1人が感じて、練習で詰めていこう」
 試合後のミーティングで塗木哲哉副部長が語った。「低めのボールをうまく制球できるようになること」をエース渡秀太は課題に挙げる。上原は「攻守の気持ちの切り替えができるようになること」だ。この一戦のあらゆるシーンに、大島が再び甲子園をつかむためのヒントが隠されている。

スポンサーサイト

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/1355-4b6f0f2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック