鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
奄美春秋



※管理人が奄美新聞に書いたコラムです。
 衆院選の夜はある候補の事務所に張り付いた。これまで何度か選挙取材をしたが、当落選に関わらず選挙事務所は支援者や取材陣でごった返し、取材スペースを確保するのに苦労した。今回訪れたところは支援者も報道陣の数も驚くほど少なかった。選挙取材をしている緊張感が持てず、盛り上がりのなさを象徴しているように思えた。
 結果は、与党が3分の2以上を獲得したが、投票率は52・66%と2年前の戦後最低を更に下回った。野党に力がなく、原発再稼働や、集団的自衛権の行使容認、憲法改正など、賛否が分かれる政策を避け、自らの名を冠した経済政策の信任に争点を絞った首相の選挙戦略が功を奏して、与党に勝利をもたらした。
 2年前と同じく、自公が熱狂的に支持されたというよりは、他に選択肢がなくて消極的に承認されたことを忘れてはならない。小泉進次郎氏の言うように「熱狂なき選挙、熱狂なき大勝」だった。
 個人的には結婚して初めての選挙だった。自分と妻の名前が記された選挙案内のハガキに「戸主」になった現実と、有権者である責任の重みを感じた。選挙は人民が長い歴史をかけて勝ち取った権利であり、責任でもある。有権者の半数近くが棄権するとは由々しき事態だ。政治家も有権者も重く受け止めなければならない。今のままでは普通選挙を勝ち取った先人に申し訳ない。
スポンサーサイト

テーマ:衆議院解散・総選挙 - ジャンル:政治・経済

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/1370-a4231236
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック