鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
奄美春秋



※管理人が奄美新聞に書いたコラムです。

 鹿児島出身のメジャーリーガー・川崎宗則のトークショーを取材した。99年にダイエーホークスに4位指名された直後にロングインタビューをして以降、何度か直接会う機会があったが、会うたびに野球選手としても、人間としてのキャパシティーも大きくなっていることを感じる。
 「プロ野球選手になって一番良かったのは、一日中野球をやっていても叱られないこと」。ウイットに富んだ「ムネリン節」が笑いを誘い、聴衆の心をつかんだ。川崎の話を聞いていると「野球が大好き」という純粋な想いが言葉の端々から伝わってくる。メジャーで対戦した田中将大やダルビッシュの印象、日米野球事情の比較、小中学生の質問への受け答え…野球について語る時間を誰よりも楽しんでいるように思えた。
 粋でスマートな格好よさの裏に、人知れない挫折や並大抵でない努力を重ねたこともうかがえた。「人生にはストレスも大事。ストレスがない人生なんて糞くらえと思う」。トークショーの中で最も印象に残った言葉だ。高校時代は成績も優秀で、必要な資格などもきちんと取得した。勉強をしなければいけない、野球ができないストレスをためたことが野球に情熱を爆発させる力になったという。
 「ネギはストレスをかけると甘みが増す。人間もそれと同じですよ」。誇るべき「鹿児島産ネギ」の活躍が今後も楽しみだ。
スポンサーサイト

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/1381-b0775be8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック