鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
本格焼酎鑑評会(奄美新聞掲載)
黒糖35点が出品
本格焼酎鑑評会


 2014酒造年度(14年7月―15年6月)に県内で製造された本格焼酎の出来ばえを評価する県本格焼酎鑑評会が1月20日、鹿児島市錦江町の県酒造会館であった。

 県酒造組合(本坊松美会長)が、県の特産品である本格焼酎の酒質向上を目指して毎年実施している。今年はさつまいも、黒糖、米、麦の原料別に105製造場から246点の出品があった。このうち奄美の黒糖焼酎は18製造場、35点だった。昨年の21製造場、41点からは少なくなっているが、ほぼ例年並みの出品数だった。
 鑑評会では、熊本国税局鑑定官室の戎智己室長を審査長に、県工業技術センター、鹿児島大から7人の審査委員が各焼酎の味や香りなどを審査した。審査結果の発表は2月10日、同市の城山観光ホテルであり、優秀な製造場、杜氏が表彰される。
スポンサーサイト

テーマ:お酒 - ジャンル:グルメ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/1384-b9983116
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック