鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
奄美春秋



※管理人が奄美新聞に書いたコラムです。
 男子プロバスケットチームのレノヴァ鹿児島が来秋から始まる新リーグに参入申請した。レノヴァが、そして日本のバスケット界全体が、今正念場を迎えている。
 今回の件は、日本バスケットボール協会が自らの「お家騒動」を解決できず、国際連盟からの「外圧」がかかり、サッカー界から人材を登用して、一気に改革を進めるというもの。その方法には賛否両論あるが、そのぐらいの「大ナタ」を振るわなければ、今のバスケット界の混乱は収拾できなかっただろう。いずれにしてもレノヴァは、これをチャンスととらえて、参入に向けて全力を尽くさなければならない。
 「今、時期尚早という人は100年経っても時期尚早という」。Jリーグを立ち上げた際に、当時の川淵三郎チェアマンはそう語った。様々な反対がある中、川淵チェアマンが件の名言を吐いて、一気にプロ化を進めた。Jリーグ発足から20年あまり。サッカー界がプロ化を一気に進めたことが、日本に新しいスポーツ文化を産み、日本代表の強化にもつながったことは間違いない。
 サッカーから遅れること20年。今のバスケット界も「黒船の来航」によって「維新」が求められている。レノヴァも、その名の由来となった「RENOVATION」=変革、維新を鹿児島から起こすぐらいの意気込みで、新リーグ参入を目指すことを期待している。
スポンサーサイト

テーマ:バスケットボール - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/1473-b70bab15
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック