鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
15県高校総体・空手第1日
個人形、徳之島勢が19年ぶりアベックV!
男子・嶺山はV2

150602空手形・嶺山_035
 2015年度鹿児島県高校総体空手第1日は6月2日、鹿児島市の県体育館で男女団体組手と個人形があった。
 個人形では男子・嶺山朋生=写真=、女子・酒匂百衣奈の徳之島勢がアベック優勝。嶺山は昨年に続く2連覇で徳之島勢のアベックVは19年ぶりだった。男子団体組手は鹿児島第一が2年連続3回目、女子は鹿児島城西が4年連続15回目の優勝だった。
 最終日は3日、同会場で男女個人組手がある。
「持っている力、出し切れた」
いざ、雪辱の舞台へ
嶺山(徳之島=奄美新聞掲載)

150602空手形・嶺山01_035
 嶺山朋生(徳之島)=写真=が前回覇者らしい堂々の演技で男子個人形V2を達成。「自分の持っている力を出し切れた」と納得の内容だった。
 決勝の形名「カンクウ小」は昨年と同じ。得点は昨年より0・25上積みした36・30だった。「身体の調子も良く、動けていた。気合も入っていた」と嶺山。止めるべきところは止め、速く動くところは速く、キレのある緩急自在の形をやり切ることができた。
 気合が入っているのは理由がある。昨年は鹿児島チャンピオンでインターハイの切符をつかみながら、その舞台に立つことができなかったからだ。
 千葉で開催された大会の前日、徳之島が台風に見舞われた。一縷の望みを託し、終日飛行場にいて出発を待ったが飛行機は欠航。試合当日に何とか会場入りするもエントリーに間に合わず、無念の棄権となってしまった。
 悔しさを胸に刻み、全国の舞台を目に焼き付けようと、その日は観客席から全国のライバルたちの演技を観戦した。
 「スピードがあって、迫力がある」。今まで経験したどの大会よりも、レベルは高いと思った。同時に「自分でもやれる」とも感じた。今年はその直感が正しかったことを証明する雪辱の舞台になる。目標は「ベスト16以上」だ。

優勝できて「ホッ」
12年ぶり女子V、19年ぶりのアベックV
酒匂(徳之島=奄美新聞掲載)

150602空手形・酒匂_035
 女子個人形は酒匂百衣奈(徳之島)=写真=が2位の藤江そら(大島)にわずか0・05差の35・65で優勝。「女子個人形の優勝がなかなかなかった。失敗したところがあって少し慌てたけど、優勝できて良かった」と目頭を潤ませた。記録をたどれば、徳之島の女子が個人形を制するのは03年の米原ももこ以来12年ぶり。男女アベックとなると96年の榮徳郎、宮内瞳以来19年ぶりとなる快挙だった。
 決勝進出者8人のうち最後に登場。決勝の形名は男子の嶺山と同じ「カンクウ小」だ。155センチの小柄ながら、持ち味のスピードを生かしたキレのある形を心掛けた。足を引くタイミングを1カ所間違えたことで慌ててしまったが、3年生で最後の県大会になる意気込みが僅差の勝負をものにした。
 高校生活最後にして最大の舞台となるインターハイでは「悔いが残らないよう、自分のベストを出し尽くす」ことを目標に掲げていた。

4人チームで3位
「気持ち一つに戦えた」
大島(奄美新聞掲載)

150602空手団体組手・大島01_035
 前回準優勝の大島は、女子団体組手を4人で戦い、3位と意地をみせた。藤江そら主将は「優勝できなかったことは悔しいけど、4人で気持ちを一つに戦えたことは良かった」と納得顔を振り返った。
 部員は3年生2人に2、1年生が1人ずつ。団体は通常5人で組むので、大島は常に1敗とマイナス8点からのスタートになる。ハンディーを背負っての戦いだが「3年生2人で引っ張って、4人の気持ちを一つに笑顔で戦う」(藤江主将)ことを心掛けた。
 決勝リーグ初戦の徳之島戦では先鋒の2年生・泉が終盤で上段蹴りの大技を決めて天差を広げて勝利。次鋒・清瀬が落とし、1年生の中堅・中が引き分けに持ち込んで、副将の藤江主将へ。8点差以上つけて勝たなければ勝利はない中で、見事8―0で勝利し、「同郷対決」を制した。
 第2戦の鹿児島城西戦は敗れたが、最終戦の鹿児島第一戦でも、先鋒の泉小春が上段蹴りを決めた=写真=。1ポイント先制され「時計を見たら残り2秒だったので思い切り足を上げたら決まった」と泉。小中学校では剣道をメーンでやっていたため、右足を前に出す「逆体」で構える。変則的な構えで相手が組みにくい上に、166センチの長身を生かした上段蹴りの大技でチームを勢いづかせる。鹿第一戦も持ち味を発揮して逆転勝ちし、2位での九州大会出場に望みをつなげたが、次鋒・清瀬が引き分け、中堅・中が破れ、副将・藤江も1―0の勝利だったため、2勝2敗1分の得点差で3位に甘んじた。
 3年生2人が抜けると、部員が2人になり団体戦が組めない。4年前に2連覇した実績もあり「伝統があって雰囲気の良いチームを後輩にも受け継いで欲しい」(藤江主将)想いは人一倍強い。泉は「自分はあまり人を引っ張るタイプではないけれど、どんどん前に出て、部員を集めてチームを存続させたい」と意気込みを話していた。

スポンサーサイト

テーマ:空手 - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/1513-8a462ef2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック