鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
球夏2015最終日
鹿実、5年ぶりの夏・甲子園へ
鹿城西の猛追、振り切る

150725鹿実優勝_035

 第97回全国高校野球選手権鹿児島大会最終日は7月25日、鹿児島市の県立鴨池球場で決勝があり、鹿児島実が鹿児島城西を7―5で下して、5年ぶり18回目の栄冠に輝いた。

詳細な観戦レポートと写真は「高校野球ドットコム・鹿児島版」に掲載!

最終日の結果報告はこの文字をクリック!
鹿実―鹿城西戦はこの文字をクリック!

※鹿実―鹿城西戦の熱戦フォトグラフはこの文字をクリック!
※優勝決定から閉会式のフォトグラフはこの文字をクリック!

◇決勝(県立鴨池)
鹿児島城西 002 000 102=5
鹿児島実  030 102 10×=7
(城)上原、有川、江口―新垣
(実)橋本―築地
・三塁打 有村(実) ・二塁打 上原(城)室屋(実) ・ボーク 城1 ・試合時間 2時間32分
・球審 松岡 ・塁審 ①落水田②平石③宇部
苦闘制し「節目の年」の甲子園へ
鹿実

150725-43_035
 土壇場から執念の粘りをみせた鹿児島城西を振り切り、高校野球誕生100年目の夏の鹿児島を、伝統校・鹿実が制した。「やっと勝てた。3年生が粘りをみせてくれた」と宮下正一監督は感無量の表情で喜びをかみ締めた。
150725鹿実先制打_035
 序盤で先手をとって試合を優位に進めた。二回二死満塁、1番・有村健太=写真=が走者一掃の中越え三塁打で3点を先取した。
 「お前と3番・室屋が打たないと決勝は厳しいぞ!」
 前夜のミーティングで有村は宮下監督に言われた。リードオフマンに起用されながら、中々打てず、貢献できなかった悔しさから「夜の9時から10時半までバットを振った」。カウント1ボール1ストライクから甘い球を逃さず振り抜くと、低く鋭い打球が二遊間、右中間を深々と抜けていった。「練習通りの打球が打てた。バットを振ったのが良かったのかも」(有村)。
150725-2_035
 相手のミスや四球を足がかりにそつなく得点し、終始リードしていたが、エース橋本拓実=写真=はマウンドで苦しんだ。連投、暑さもあって前日までのように直球で押す本来の投球ができず「変化球でかわす」弱気な投球が目立った。毎回のように走者を背負い、得点圏に進められた。「中盤からは自分の投球をしよう」と切り替え、強気の直球勝負で九回二死まで4点差。勝利は目前だったが、ここから鹿城西の猛追にあう。最後は2点差で辛うじて逃げ切れたが「きちんと締めくくれない自分の甘さが出てしまった。仲間に助けられた」と反省しきりだった。
 勝因の一つに「想いの強さ」を宮下監督は挙げる。攻撃で圧倒したわけでもなく、エースが力でねじ伏せたわけでもない。ミスもあった。それでも要所ではエラーなく踏ん張れたり、相手の良い打球が正面を突く「運があった」(宮下監督)のも、この1年間勝てなかった3年生が「夏こそは鹿実が!」の誓いを込めて野球に取り組んだ「想い」の強さが、引き寄せたのではないか。
150725-35_035
 「学校全体が力をくれました」と森口裕太主将=写真=は感謝する。2日連続の全校応援に加え、多くの「鹿実ファン」で埋め尽くした一塁側スタンドが間違いなくナインの背中を押した。高校野球100年の夏、学校創立100周年の野球部が鹿児島代表で甲子園に挑む。
150725-33_035

「奄美大島の意地をみせてこい!」
鹿児島城西・原田塁主将(小宿中卒・熱球譜、奄美新聞掲載)

150725熱球譜・鹿城西_035
 「奄美大島の意地をみせてこい!」
 9回表、二死一三塁。3点差に追い上げ、打席に向かう麻井一樹(名瀬中卒)のもとに、三塁コーチャーボックスから駆け寄り、背中を押した=写真=
 麻井はその期待に応え、左翼線に抜ける打球を放つ。
 「興奮した」。三走・石神が返り2点差。一走・辻に向かって、三塁を回るよう、右手をグルグル回す。だが、生還できないと判断し、三塁を回ったところで慌ててストップをかける。運の悪いことに、中継のボールが三塁手・綿屋のもとにあった。辻が一縷の望みをかけて、三本間で挟まるもタッチアウト。甲子園の夢はここで絶たれた。「自分の中途半端な判断でチームに迷惑をかけてしまい、申し訳ない」。後悔の気持ちが胸を突いた。
 「島の学校では甲子園に行けない。レベルの高い学校で自分を試す」意気込みで島を離れた。麻井を始め、福永(金久中卒)、新島(龍南中卒)、田畑(名瀬中卒)…同じ奄美の5人の同級生と気持ちを一つに切磋琢磨した2年4カ月だった。昨春、大島がセンバツに出場した時は、新聞の記事をベッドに張って「夏こそは、自分たちが甲子園に出て暴れまわってやる」と誓った。
 その夢をかなえるラストチャンス。あと一歩で及ばなかったが「楽しかった」と胸を張って言える。奄美の仲間だけでなく、チームメートは個性が強くても、明るく楽しい仲間だった。甲子園の夢はかなわなかったが、島を出た自分の選択は「間違いじゃなかった」と胸を張って言えるのは、この仲間がいたからだ。
 将来の夢は、教師になって指導者として甲子園を目指すこと。「きょう自分がミスしたことも教え子に伝えたい」。悔しい敗戦の日が、新たな夢を目指すスタートになった。

スポンサーサイト

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/07/27(月) 14:03:41 | | #[ 編集]
Re: タイトルなし
何を勘違いしたのか、大変失礼しました。ご指摘感謝いたします。
2015/07/28(火) 06:55:27 | URL | つかさ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/1556-5472bbe5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック