鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
レノヴァ、2部参入決定!
レノヴァ、2部参入決定
「身の引き締まる想い」
大山代表

150829レノヴァ2部参入決定_035
 来年10月から発足する日本プロバスケットボールリーグ(JPBL)の最終階層分け発表が8月29日にあり、レノヴァ鹿児島は2部参入が決まった。レノヴァを運営するスポーツフロンティア鹿児島の大山亮平代表は「当初の目標を達成できてホッとしている。身の引き締まる想いがする」と新リーグに向けての決意を新たにしていた。

 大山代表らは鹿児島市のレノヴァ後援会事務局で、午後1時から始まった発表をインターネット中継で固唾をのんで見守っていた。2部決定チームの最後に名前が呼ばれると、思わず諸手を挙げてガッツポーズして喜んだ。
 08年からプロリーグに参戦したレノヴァは、これまでJBL2、NBDLと「2部リーグ」を舞台にしており、今回の新リーグで3部に振り分けられれば「これまで2部で戦ってきたプライドがあり、降格したみたいで印象が良くない」(大山代表)と2部参入を至上命題に掲げていた。
150829レノヴァ2部参入決定06_035
 初年度JPBLに参入する45チームのうち、7月30日にあった1回目にレノヴァの発表はなかった。大山代表らは、この1カ月間、リーグが掲げる2部参入条件をクリアすべく、精力的に営業活動を続けた。県民の盛り上がりを証明すべく1万人を超える署名を集め、ホームタウンとなる鹿児島市の支援を取り付けた。昨年度約4000万円だった売り上げを、今年度は新規スポンサー獲得などで約7000万円が見込めるようになった。「リーグが掲げた条件をほぼクリアできた」ことを大山代表は参入の決め手になったとみている。
 1、2部はそれぞれ18チームとなり、東、中、西と3地区に分かれてリーグ戦を戦う。プレーオフや入れ替え戦なども実施される。レノヴァは2部西地区で、島根、広島、高松、熊本、愛媛・大分と戦う。いずれもbjやNBLと、レノヴァより上位のリーグに所属していた強豪ぞろいだ。「これまでは存続を第一に考えた運営しかできなかったが、今後はチームに投資して、より面白く、興行として多くのファンを引き付けるチーム作りを目指さなければならない」と大山代表は気持ちを引き締める。「強いチーム」であると同時に「安定して運営できるチーム」という難題へのチャレンジが、来季から始まることになる。

スポンサーサイト

テーマ:バスケットボール(日本) - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/1570-0c0089db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック