鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
球秋2015第9日
れいめい、神村学園に逆転勝ち
150930-2れいめい太田_035
【4回戦・れいめい―神村学園】投打にわたる活躍で完投勝利したれいめい・太田=県立鴨池
150930-18鹿実3点目・綿屋2ラン_035
【4回戦・指宿―鹿児島実】3回裏鹿実一死一塁、4番・綿屋がライトポール直撃の2ランを放ち、3-0とする=県立鴨池

 第137回九州地区高校野球大会鹿児島県予選第9日は9月30日、鹿児島市の県立鴨池、鴨池市民、両球場で4回戦4試合があった。


詳細な観戦レポートと写真は「高校野球ドットコム・鹿児島版」に掲載!

第9日の結果報告はこの文字をクリック!
れいめい―神村戦はこの文字をクリック!
指宿―鹿実戦はこの文字をクリック!
薩南工―鹿城西戦はこの文字をクリック!
尚志館―指商戦はこの文字をクリック!

◇30日の結果
・4回戦(県立鴨池)
れいめい 4-2 神村学園
鹿児島実 10-0 指宿(5回コールド)
・4回戦(鴨池市民)
鹿児島城西 3-2 薩南工
尚志館 10-3 指宿商(7回コールド)

◇1日の試合
・4回戦(県立鴨池)
10:00 池田―出水中央
12:30 鹿屋中央―樟南
・4回戦(鴨池市民)
10:00 ラ・サール―鹿児島南
12:30 大島―鹿児島情報

直球生かす投球術
れいめい・太田

150930-12れいめい勝利_035
 188センチの長身右腕・太田龍=写真=の直球は最速140キロを超える。だが速さだけで強打の神村学園打線を抑えることは難しい。案の定、立ち上がりに痛打され、2点を先制された。
 「直球を生かす配球を考えろ!」
 初回の後、湯田太監督は太田、内之倉のバッテリーに指示する。初球をカーブから入ることで目先を変えてみると、140キロ直球との緩急差がついて、打ち込まれた初回が嘘のように抑えられるようになった。
 「(初回の)2点は全く気にしなかった。勝つことしか考えていなかった」と太田。五、六回とエラー絡みでピンチを招いたが、動じることなく追加点を許さなかった。最後は得意の直球で3球三振。「気持ちが良かった」と締めくくりの瞬間を振り返る。
 打撃でも六回に2点差を追いつく同点打、八回に貴重な追加点を自らのバットで叩き出している。いずれも変化球に全くタイミングが合わず空振りをした後で、同じ変化球を「勝ちたい気持ち」だけで外野に運んだ執念の適時打だった。
 本来ならエース番号を背負う力を持っているが、昨年腰椎分離症で冬場のトレーニングができず、春はベンチにも入れなかった。新チームのエース番号は成長著しい左腕・赤崎が背負ったが、湯田監督は「組み合わせ抽選会で4回戦は神村学園と決まった時から、先発は太田と決めていた」という。その期待に見事に応えた。
 終わってみれば会心の投球で大一番をものにしたが、太田の表情は冷静だ。「立ち上がりに打たれたので出来は70点。これからも一戦一戦を大事に勝ち上がっていくだけです」と早くも次の試合に照準は切り替わっていた。

スポンサーサイト

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/1597-f8e9a734
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック