鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
レノヴァ、OBメンバーらと練習試合
NBDLラストシーズンへ
準備、着々と
レノヴァ

151012レノヴァ練習試合01_035
 ナショナル・バスケットボールリーグ・下部育成リーグ(NBDL)2015―16は10月24日に開幕する。来季からNBLとbjリーグを統合したBリーグが発足するため、NBDLも今季がラストシーズンになる。昨季は9チーム中8位と低迷したレノヴァ鹿児島も、ラストシーズンに向けて、準備を着々と進めている。

 10月12日はいちき串木野市の総合体育館で、本番前最後の公開練習試合だった。相手は西堂、肥後(奄美市出身)、戸島、尾崎、淵上ら元レノヴァメンバーに国体選手候補の大学生らが加わったTEAM鹿児島。序盤からレノヴァが度々先行するも鹿児島が追いすがり、第3ピリオドでは一時逆転される場面もあったが、相手の足が止まった第4ピリオドで突き放し、90―73でレノヴァが勝利した。
151012レノヴァ練習試合03_035
 「よく走るチームになった」。かつてレノヴァの主力だった西堂雅彦は対戦した印象を語る。これまで代行だった鮫島俊秀氏が正式にヘッドコーチに就任し、20代前半の若い選手が多数加入した。選手を目まぐるしく入れ替えながら、スピードと豊富な運動量で攻守の切り替えを素早く、多彩な攻めを繰り広げるのが今季のチームスタイル。コート上の5人の共通理解ができている時間帯は、相手を翻ろうし、優位に試合を進められるが「それができていないとイージーなシュートを決められたりして、お互いのコミュニケーションがまだまだ不足していた」と福水優士主将は感じた。
151012レノヴァ練習試合06_035
 「ルーク以外の選手とは互角に勝負できた」と西堂。今季のレノヴァがリーグを戦っていく上では「ルーク以外の選手が伸びてくるかがカギ」と話す。若い選手が多く、鮫島ヘッドコーチは「リーグを戦っていく中で、どんどん良くなっていく伸びしろはたくさんある」と手応えを感じている。一方で、歯車がかみ合わなくなって、うまくいかない時間帯を抜け出せなくなるリスクも十分考えられる。現有戦力でアイシンAWや東京EXといった強豪とリーグ序盤戦で渡り合うために、鮫島コーチは「チームで戦う力を上げる。個々の力を上げる」ことを課題に挙げていた。
 レノヴァの開幕戦は24、25日にアイシンAWとアウエーで対戦する。ホーム開幕戦は10月31日、11月1日に指宿市総合体育館で東京EXと対戦する。

スポンサーサイト

テーマ:バスケットボール(日本) - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/1607-4bcf69a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック