鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
第64回男子・第28回女子県中学校駅伝大会(奄美新聞掲載)
男子・帖佐、女子・田崎、接戦制しV
奄美勢は男子・与論が3位と健闘

151106中学駅伝01_035

151106中学駅伝02_035
 第64回男子・第28回女子県中学校駅伝大会は11月6日、指宿市の市営陸上競技場を発着点とする男子6区間キロ、女子5区間12キロで健脚が競われた。男子は帖佐=写真下=、女子は田崎=写真上=が、どちらも終盤まで続いた首位争いを制して栄冠に輝いた。
 奄美勢は男子の与論が1時間4分53秒で堂々の3位入賞を勝ち取った。前回覇者の朝日も6位入賞と健闘した。喜界は20位、城ケ丘は23位だった。女子は亀津の11位が最高成績。赤木名は14位、犬田布は26位、金久は32位だった。
 男女とも優勝チームが全国大会(12月13日・山口)、2位までが九州大会(11月28日・熊本)に出場する。



男子の詳細成績はこの文字をクリック!

女子の詳細成績はこの文字をクリック!

※フェイスブックで熱戦フォトグラフがお楽しみいただけます!
3位でも悔し涙
「航汰のために」でチーム一丸
与論

151106中学駅伝・与論_035
 一昨年、昨年が23位だったことを考えても、与論の3位入賞は見事な成績だ。だがゴールした与論の選手たちに笑顔がない。涙さえ浮かべている選手たちもいる。「(垣内)航汰のためにもてっぺんをとる」(裾分啓生主将)と掲げた高い目標に届かなかった悔しさがあったからだ。
 裾分主将と垣内の3年生2人は「このチームの精神的な柱」(村永一人監督)だった。本来はサッカー部だが、一昨年の県大会に1年生ながら2人とも出場して以来、駅伝に魅せられた。「自分1人が良くてもチームがダメなら良い結果が出ない。チーム競技だけど、自分との戦いでもある」ことに裾分主将はサッカーとは違う魅力を感じた。「一昨年、昨年がパッとしない成績だったから、今年は頂点を狙う」(垣内)意気込みでサッカーが終わった夏休み以降、駅伝に目標を切り替えた。昨年、朝日が優勝したことも刺激になり「それよりも南に優勝旗を持って帰る」(裾分主将)がチームの合言葉になった。
 だが垣内が9月に左足を骨折。垣内と走るためには優勝して12月の全国大会か、2位以内に入って11月中中の九州大会を目指すしかない。走れない仲間の想いを背負って「航汰のために」とチーム一丸となって挑んだレースだった。1区で有村が3位と好発進。2区の裾分主将は前の2人を抜いて首位に立つも、別の2人に抜かされて3位。吉田、山野、喜友名も、後続の猛追をかわし3位をキープしながら、前を追ったが頂点には届かなかった。ゴールした2年生・小野寺佑太=写真=は「航汰さん、すいません」と思わず謝った。
 走れなくなって以来チームのサポートに徹してきた垣内には「みんな、粘り強く走って力を出し切ってくれた」と思えたレースだった。目標には届かなかったが、裾分主将は「楽しんで走れた」ことだけは胸を張って言えた。

昨年の雪辱、晴らす
亀津

151106中学駅伝・亀津_035
 奄美勢女子は亀津の11位が最高成績。昨年は台風で地区大会に出られなかったので、山下健浩監督は「昨年の先輩たちの悔しさを、今年のチームが晴らしてくれた」と選手たちの頑張りをたたえた。
 1区で春山聖が18位スタート。2区で24位まで後退したが、3区で1年生の春山華が区間5位の力走。7人抜きして17位まで順位を戻した。4区の2年生・北郷も2人を抜いて15位に浮上し、唯一の3年生・アンカー前田真京主将=写真=にタスキをつなぐ。「前に集団が見えていたので何としても抜きたかった」(前田主将)。5人を抜いて10位に上がったが、1人に抜き返されて11位。「目標が10位以内だったのに…」と前田主将は悔しがった。
 チームは控えの1人も含めて6人全員が女子バレーボール部員。今年は校舎の改修工事があってグラウンドが使えなかったが、夏場から近くの山道を走り込んで鍛えた。
 10月の地区大会の頃から「1人1人が目に見えて力をつけているのが分かった」と山下監督。地区大会は赤木名に次いで2位で県大会出場権を勝ち取り、県大会ではその赤木名に先着した。土曜日がちょうど校舎の落成記念があり、山下監督は「学校に良い報告ができる」と喜んでいた。

スポンサーサイト

テーマ:陸上競技 - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/1636-60bb6acb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック