鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
第21回高校野球選抜1年生大会第1日
あらゆる面で今一つ
大島(奄美新聞掲載)

151107-10大島4点目_035
【1回戦・大島―吹上】6回表大島二死二三塁、1番・吉見の内野安打で三走に続いて二走・柳田も好走塁で本塁を陥れ、4―1とリードする=県立鴨池


 大島は序盤優位に進めながら逆転負け。塗木哲哉監督は「あらゆる面で今一つ。勝たせてあげられなかったのが悔やまれる」と振り返った。
 立ち上がりから3回連続で先頭打者を出しながら得点ならず。四回に6番・有馬の三塁打で先制点を挙げ、中盤はようやくそつない攻めで得点を挙げることができたが、六回裏に2ランを浴びてから「流れを相手に持っていかれた」(塗木監督)。
 七回に守備が乱れて同点に追いつかれ、八回は2ランを浴びた3番打者に勝ち越し打を打たれ、スクイズでダメ押された。相手を上回る11安打を放ちながら、好機に畳み掛けられなかったのが響いた。
 「序盤は声もよく出ていて雰囲気も良かったけど、流れが悪くなってからは雰囲気が悪くなってしまった」と濱田雄一郎主将。本来ならば、流れの悪い時こそ、全員で声を出して盛り上げていかなければならないところが、徹底できていなかった。濱田主将は「自分たちの悪いところが出た。冬場はそれらをしっかり見つめ直して、春につなげたい」と冬場の課題を挙げていた。

スポンサーサイト

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/1639-99368a92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック