鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
プロトレーナーの特別授業
体力向上、集中力アップにプロトレーナーが特別授業
伊佐市

151110体力向上01_035
 子供の体力向上や集中力アップを目指し、伊佐市ではプロのスポーツトレーナーを招聘した特別授業を、市内の小中学校で今年の7月から実施している。
 講師は曽於市出身の木場克己さん=写真右端=。木場さんは「KOBA式」と呼ばれる独自の体幹トレーニング法を編み出し、Jリーグのチームトレーナーやアドバイザーを務め、長友佑都選手や大儀見優季選手らトップアスリートの専属トレーナーとしても活躍している。10日は同市の大口小と大口中央中で、木場さんによる特別授業があった。

 大口小の体育館であった授業には5、6年生の約140人が参加した。木場さんがまず子供たちにやらせたのは、片足で立つこと。簡単なようだが、片足で自分の体重を支えられる脚筋力や、バランス感覚がないとぐらついたり、倒れてしまう。これを両脚交互に入れ替えたり、手で抱えたり、足場が不安定なマットの上でやったり、前転してから立たせてみたりと、少しずつ難度を上げていく。できる、できないは様々だが「できなくてもいいから、続けることが大事」と木場さん。「スケートの浅田真央ちゃんや長友選手も同じ練習をしているよ」と言うと、子供たちも興味を持って真剣に取り組んだ。「楽しかった」「次来るときはもっとできるように頑張る」などと感想を話していた。
151110体力向上04_035
 最後に手押し車の姿勢で5秒キープをさせたが、他の動作に比べてできない子が多かった。「昔に比べると、体幹や身体の軸の感覚を持っている子が少なくなっている」と木場さん。伊佐市だけでなく、東京なども含めた全国的な傾向で、生活様式の変化などが原因で考えられるが「こういう簡単なトレーニングを継続することが大事。できるようになろうと集中することが学力の向上にもつながる」と話す。6年担任の矢野芳広教諭は「正しい動作を学ぶことの大切さが分かった。すぐに結果は出ないだろうが毎日続けることが大事。例えば帰りの会の前にやるとか、定期的に取り入れることを考えてみたい」と感想を話していた。

スポンサーサイト

テーマ:筋トレ - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/1643-68c8b00f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック