鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
離島航空路線協議会(奄美新聞掲載)
2年連続4路線に補助
奄美地域離島航空路線協議会

151218航空路線協議会_035
 県奄美地域離島航空路線協議会が12月18日、鹿児島市の県庁であった。県と奄美群島内の各首長、国交省、交通事業者が集まって年1回、運航費補助対象路線の選定など、奄美群島航空路線の安定的運行確保について話し合う。2016年度は、今年度と同じく奄美―喜界線など4路線に対して経費補助が出る見込みであることなどが確認された。

 運賃補助制度とは、恒常的に採算面で課題を抱えた路線に対して、国や県が補助することで運行事業者の費用負担を軽減し、路線の維持を図る。群島内の16路線のうち新年度の補助対象となるのは、今年度と同じ喜界―奄美、徳之島―奄美、沖永良部―与論、与論―奄美の4路線となった。いずれも14年度の実績をもとに今年度も損失が見込まれる路線で、4路線合計の補助見込額は約1億8000万円。費用は国と県が半額ずつ負担する。
 地元首長からは徳之島―伊丹、沖永良部―沖縄など新たな路線の就航、ダイヤ設定の変更などについての要望が航空事業者になされた。県の交通政策課の仲澤純課長は「離島航空路線は住民の大切な生活の足。奄振の運賃補助事業ともセットで、今後も島民や事業者の負担軽減を目指し、利便性の向上を目指していきたい」と話していた。

スポンサーサイト

テーマ:鹿児島 - ジャンル:地域情報

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/1675-2b6ef872
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック