鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
15年度学生野球表彰
「度胸、根性、精神力がついた」
学生野球表彰の森口選手(鹿実)

060208学生野球表彰04_035
 2015年度の日本学生野球表彰に選ばれた鹿児島実高3年の森口裕太選手の表彰式が2月8日、鹿児島市の鶴丸高校であった。
 同賞は日本学生野球協会に加盟する26大学連盟、47都道府県高校野球連盟に所属し、今年度顕著な活躍をした選手をそれぞれの連盟が推薦する。鹿児島から選ばれた森口選手は主将としてチームをけん引し、昨夏の5年ぶりとなる甲子園出場などに貢献した。
060208学生野球表彰01_035
 授賞式では、県高野連の豊島真臣会長から記念の盾が贈られた。森口選手は「鹿児島で1人しかもらえない賞をいただいてうれしい。この賞を励みに今後の人生を頑張りたい」とお礼を述べた。
 チームでは2桁背番号の控え選手だったが、抜群のリーダーシップを買われて主将を務めた。宮下正一監督は「5年ぶりの甲子園は彼のおかげ。この勢いが今度のセンバツにもつながった」と評価する。夏の甲子園では2回戦の中京大中京(愛知)戦で途中出場。好投手・上野からヒットを打ったが、その前の回の守備で失点につながるミスをしたことが思い出に残っているという。「甲子園は野球人生最高の喜びと悔しさの両方を味わった。後輩たちには甲子園に出るだけでなく、甲子園で自分のプレーをしっかりやることを目指して欲しい」とエールを送っていた。
 鹿実野球部での3年間で「どんなことにも立ち向かっていく度胸と、根性と、精神力がついた」。卒業後は東洋学園大に進学予定。野球は続けないが「学校が東京ドームのすぐ近くにあり『ドーム研究ゼミ』もある。ドームを生かしたビジネスなど、違った形で野球に関わりながら新しいことにチャレンジしていきたい」と抱負を語っていた。

スポンサーサイト

テーマ:高校野球 - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/1713-bcccc94b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック