鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
第63回県下一周駅伝第3日(奄美新聞掲載)
大島、日間9位
総合は11位に後退


 第63回県下一周市郡対抗駅伝大会第3日は15日、野田支所から日当山まで11区間122・6キロで競われた。大島は6時間47分8秒で日間9位だった。
 2区で11位と出遅れた大島だったが、4区・神田(名瀬港運)、5区・南(鹿児島城西高)が区間4位の走りで盛り返し、8区の岸田主将(奄美市役所)は区間5位の力走で6位まで順位を戻した。その後、順位は落としたが、3日間で初めて1桁の日間順位を出した。
 3日間の累計は20時間29分26秒。この日、6位と好走した熊毛に29秒差の11位に後退した。第4日は16日、国分南中からリナシティーかのやまでの10区間109・1キロで競われる。


※成績の詳細は南日本新聞特設サイトで!
「流れ」はできている
大島


 大島は、日間9位で今大会初めて1桁順位に滑り込んだ。岸田賢吾主将(奄美市役所)は「流れはできている」と手ごたえをつかんだレースだった。
 今大会は2日目の1区で川口(鹿児島城西高)が1区で区間賞を取るなど、好成績を残す一方で、ブレーキになるところもあって、好不調区間の波が大きい。「初出場の選手がうまく力を出し切れないでいる」と岸田主将は分析する。
だが、そこからカバーし、盛り返す走りができつつある。この日も、序盤11位と出遅れたが、4区・神田、5区・南と主力選手が盛り返し、岸田主将で6位まで順位を上げた。一時は総合8位まで上がるほど、粘り強い走りができた。
 累計は11位に後退したが、10位・熊毛とは29秒差しかなく、Cクラスを争う6位・指宿との13分14秒差の間に6チームがひしめく混戦模様だ。「Bクラス入りしてもおかしくない力は持っている」と岸田主将は感じている。レースはあと2日。全選手が1度はレースを経験し、緊張も解けた。チームの雰囲気も良い。「川口、南らエースに頼るのではなく、自分がやるという強い気持ちで走ること」を残り2日間のポイントに挙げていた。
スポンサーサイト

テーマ:陸上競技 - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/1724-e97c8222
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック