鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
第63回県下一周駅伝最終日(奄美新聞掲載)
大島、日間5位で締めくくる!
総合は9位

総合Vは鹿児島、5年ぶり

160217県下一周01_035
 第63回県下一周市郡対抗駅伝大会最終日は17日、根占中下から鹿児島市役所まで、11区間114・9キロで競われた。大島は6時間27分34秒の5位でこの5日間で最高順位だった。累計は33時間3分52秒で9位。6位の指宿に及ばず、Cクラス優勝は逃した。
 大島は1区で川口(鹿児島城西高)が2度目の区間賞と好発進。後続も粘りの走りをみせ6位より順位が下がることはなかった。総合優勝は、鹿児島が31時間50分38秒で5年ぶり17回目の栄冠に輝いた。以下、姶良、川辺と続き、Bクラスは曽於が、Cクラスは指宿が制した。


※成績の詳細は南日本新聞特設サイトを参照!

※フェイスブックで全チームのゴールシーンがお楽しみいただけます!
尻上がりに調子づく
「CクラスV」に現実味
大島

160217駅伝・大島_035
 目標に掲げるCクラス優勝は今年も達成できなかったが、大島は尻上がりに調子を上げ、最終日は今大会最高の5位で締めくり、総合9位と4年ぶりの1桁順位だった。川元英経監督は「選手たちが持っている力は十分出し切ってくれた」と感極まった。
 「初日よりも2日目、3日目と日に日にチームの雰囲気が良くなっていった」と5日間を締めくくるアンカー区間を走った神田隆宏(名瀬港運)は言う。序盤は初出場の選手らが思うような力を発揮できず、神田も8区を走って区間最下位と振るわなかった。だが「身体がしっかり動くようになった」3日目の4区では区間4位と名誉挽回の走りができた。最終日のアンカー区間も、途中で繰り上げスタートがあって正確な順位は分からなかったが「チームの目標のために絶対に気が抜けない」と気合が入っていた。監督車に乗る川元監督から「日間5位、狙えるぞ!」と掛け声に奮起し、役目を果たすことができた。
 雰囲気が良くなった一番の要因は「初出走の高校1、2年生が頑張ってくれたことが大きい」と岸田賢吾主将(奄美市役所)。与論高2年の石峯はサッカー部員で、本格的な駅伝経験はほとんどない。2日目の4区は区間11位と本来の走りができなかったが、4日目の8区は区間5位と健闘。そういった若い高校生の成長が刺激になり、9区を走った岸田主将は「自分よりも実績のある選手がたくさんいたけど、絶対に負けられない」と8人が繰り上げで一斉スタートだった区間で、4位と好走した。全国都道府県駅伝を走った川口、南の鹿児島城西高コンビを軸に「誰かに頼るのではなく、自分に与えられた役目を果たす」(川元監督)走りが日を追うごとにできるようになっていった。
 「Cクラス優勝は現実味を帯びてきた」と神田は言う。現時点で9位ということは単純に考えれば、来年のCクラスのチームでトップの成績を残したことになる。今大会のエースを担った川口、南の高校3年生は県外の大学に進学して抜ける。来年、目標を現実にするためには「今大会を経験した1、2年生がこの1年でどれだけ成長するか」を岸田主将はカギに挙げていた。

チームに「流れ」呼び込む
想いは「チームのために」
川口竜也(鹿児島城西高、朝日中卒)

160217駅伝・川口_035
 「チームに流れを呼び込んでくれた」と川元英経監督がいの一番に殊勲者に名を挙げた。2日目に続く2度目の区間賞で日間5位の原動力になった。
 想いは「チームのために」ただ一つ。Cクラス優勝、Bクラス入りというチームの掲げた目標にために自分の走りをすることだ。初日は区間4位、2日目は区間賞を取ったが「5段階評価で1」の走りだったと反省する。2日目の1区はトップではあったが、終盤まで首位争いをして、結局2位に4秒差しかつけられなかった。「後ろの選手にプレッシャーをかけてしまった」ことが悔やまれた。
 自分の仕事は区間賞を取るだけでなく、後続を引き離して、2区以降のチームメートを勢いづけること。2位の鹿児島との差は4秒だったが、3位以下とは36秒以上の差をつけた。「5段階評価で4の走りはできた」と納得の出来だった。
 朝日中時代は水泳部だったが、長距離が早くて県中学駅伝に出場した。苦しかったとき、タスキの裏にチームメート全員が書いた寄せ書きが目に留まり、くじけそうな心を奮い立たせて走れたことが思い出に残った。チームは県2位と好成績を残し、髙田敏寛監督の目に留まって鹿城西高に進学した。
 1、2年は故障もあって思うような結果は残せなかったが、3年になって頭角を現し、夏の県選手権ではジュニア5000㍍で優勝。都道府県駅伝のメンバーにも選ばれ、鹿児島代表で5区を走った。
 今大会は同じ鹿城西高の南と並んで、チームのエースとしての役割は存分に果たしたが「まだまだ自分のことだけを考えていて、チームのためになる走りができなかった」と反省する。卒業後は関東の名門・山梨学院大に進学する。「どんなコンディションでも、トラックでもロードでも通用する強い選手になりたい」と更なる飛躍を誓っていた。

スポンサーサイト

テーマ:陸上競技 - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/1729-947d92d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック