鹿児島在住のスポーツ記者が発信するスポーツ情報サイト

ギャラリーショッピング
連載・「野球道」を究める・第1回
もっと野球がうまくなりたい!
「悔しさ」からの決意

160305野球道01
 もっと野球がうまくなりたい―。不惑を過ぎて、そんな気持ちが沸々とわいてきた。きっかけは15年10月17日に佐賀であったマスターズ高校野球の九州大会だ。鹿児島代表で出場した鶴丸高OBチームは、伝習館高OB(福岡)に6―7の1点差で惜敗し、初戦敗退。序盤の劣勢を盛り返し、追い上げながらの負けが悔しかったこともさることながら、私は試合に出られなかった。

 妻とまだお腹の中にいた息子をはるばる佐賀まで連れていきながら、「勇姿」を見せることができなかった。ベンチやコーチャーボックスで仲間を励まし、いつ、どんなタイミングで出番がきても自分のベストを出せる準備をしていたが、最後まで声がかからなかった。
 帰りの車の中で考えた。緊迫の展開の中で「お前に任せたぞ!」とチームメートから信頼される努力や実績を、今まで私は残してきただろうか。それがなかったのなら、出番がないのは当然だ。そう考えたら自分に無性に腹が立ってきた。チームの信頼を得るためには練習して、うまくなるしかない。
 20代後半から30代前半の頃は、「取材」と称していろんな学校の練習に参加し、汗をかくことを趣味にしていた時期があった。それをもう1回やってみよう。今回は守備、打撃、走塁などテーマを設ける。例えば「走塁がうまくなるために○○高校でこんなことをやっている」練習に参加させてもらう。その模様を記事にすれば、これは立派な「仕事」にもなる。テーマは「野球道を究める」だ。
 第1回目をどこにしようか思案していたら、24日から始まる九州高校大会に出場する大島が鹿児島に来ている。渡邉恵尋監督に電話して、練習に参加させて欲しい旨を伝えたら、快く承諾してくださった。開幕2日前の22日、鹿児島市の鹿児島南高グラウンドであった調整練習に足を運んだ。

160305野球道02_035
 鹿南高グラウンドは市内慈眼寺の山の中にある。高校時代、自転車をこいでここまで練習試合に来たことを懐かしく思い出す。練習は本番前の調整練習なので、ノックやフリー打撃など軽めのメニューだ。今回は特にテーマを設けず、一緒に練習に参加して汗をかくことにした。
160305野球道03_035
 ちょうど着いたころからフリー打撃が始まった。まずは「球拾い」からということで外野に走った。練習とはいえ、現役高校球児、それも九州大会に出場するチームの選手の打球は伸びがある。4番の上原勇人君、1年生ながら5番を打ち、元相撲取りの太月幸君、エースで打力もある渡秀太君…大きな放物線を描く打球、鋭いゴロやライナー、左打者が流してドライブを描く打球…外野から眺めていると、どの打球もひたすら美しい。それらをグラブに収める「快感」を味わえるのが外野手の特権だ。打球が鋭くて中々快感を味わうことはできなかったが、たまにグローブに収めるとこの上なく幸せな気持ちになる。そんな快感を1時間近く味わった。
160305野球道04_035
 ふと、苦い思い出となった佐賀で、たった一つ、心地良い記憶に残っているものを思い出した。
 試合前、外野ノックを受けた。緑の芝生に、雲一つない青空。外野から眺めが実に壮観だった。その絵を背景に白球が高々と舞い上がる姿の、何と清々しいことよ! ボールにもし乗ることができたらそこからの眺めは最高だろうなと想像した。
 外野手はその白球が後ろに行くのか、前に行くのか、右なのか、左なのか…打った瞬時に判断して、落下点に素早く移動することが基本。外野ノックを受けるのも久しぶりでてっきり捕れないだろうと思っていたが、定位置、前、後ろ、左、4本全部捕れた。特に後ろの打球を追いかけるのは難しいが、ダメもとで目を切って追いかけ、再び確認したら捕れる位置にいた。その白球を自分のグローブに収めた快感は、外野手をやったことのある人だけの特権かもしれない。
160305野球道05_035

 そんな経験ができただけでも、佐賀での九州大会は有意義なものに思えた。勝ち負けを超えた野球の魅力を再確認できた。悔しい思いをしたことで向上心が芽生えた。
160305野球道06_035
 大高ナインと一緒に汗をかいて、何より、野球は本当に楽しいものだと実感できた。野球がうまくなれば、その楽しさをもっと高いレベルで味わうことができるだろう。そんな体験談を今後つづっていくことにしよう。

スポンサーサイト

テーマ:野球 - ジャンル:スポーツ

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://spokago.blog68.fc2.com/tb.php/1740-99483bea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック